fc2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
うる星やつら第11話見た。
 視聴自体は昨年のうちにやっているんですが、記事の方は年をまたいでしまいました…。第2クール開始直前に、短めでも滑り込んでおこうと思います。

 前半「面堂兄妹!!」も後半「面倒邸新年怪」も原作単行本12巻収録のエピソードで、第1クール内では第5話前半「愛と闘魂のグローブ」(単行本21巻収録)、第4話「口づけと共に契らん!!」(同14巻収録)に次いで後の方のお話になります。しかし、実は「面倒邸新年怪」(通算114話)は面堂の妹・了子が登場する「面堂兄妹!!」(通算121話)よりも前のお話で、原作ではあの数々のギミックに了子は全く関わっていません。これは上手く再構成しましたねぇ。了子があれらを仕組んだと言われれば確かに全く違和感ないですし、更には原作では登場してこない弁天やおユキ、レイも登場させていて、第1クールのラストのふさわしいようなオールスター的なエピソードへと昇華させています。やるなぁ。こういうプチ・お祭り感のあるドタバタ劇って、原作の大きな持ち味の一つなんですよね。その辺を集大成的に見せてくるあたり、よくわかっておられるなぁと感心しきりでした。
 
 さて、順序が逆になってしまいましたが、前半にも触れておきます。「面堂兄妹!!」は、原作ではその1・その2の2話構成なのですが、今回のアニメではその1相当部分のみを扱っています。その2がどういう話なのかというと、面堂邸に乗り込んだあたるが、面堂家の私設軍隊の妨害に阻まれながらもとある塔にいるジュリエット扮装の了子を目指す、という…アレ?何か既視感あるなと思ったら、これって旧アニメシリーズで押井守が関わったラストエピソードである第129話「死闘! あたるVS面堂軍団!!」の原案(その2相当部分もアニメ化されているので再引用?)になっているのか?38年を経て初めて気づいたわ!

 まあそれはいいんですが。

 しかし、了子が持ってきたお重の中身の色は…アレはダメでしょう(笑)。とんでもない匂いまで香ってきそうで、よくまああたるはアレを口にしようとするなぁと、変なところで感心してしまいました。原作でも旧アニメ版でも感じたことのない感情ですな(笑)。これだけでもリメイクの価値があったというのは言い過ぎかしら?(言い過ぎ)

 前回、心の距離に微妙に変化があったように思われたあたるとラムの仲については、これまた原作と同様に完全に棚上げ。まあまたどこかで印象的なエピソードを挟んでくるのは間違いないと思いますので、しばらくは彼らの日常を巡る非日常的なドタバタを楽しみつつ、大人しくいい子にして待ちましょう。ボク、いい子や(笑)。さあ、次週からは小憎らしい幼児のジャリテンがいよいよ登場しますが、CVが悠木碧さん???すげぇな、何でもできる人ですねぇ…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 第十一話に心から懺悔ー (2005/03/18)
 仮面ライダーディケイド 第10話「ファイズ学園の怪盗」 (2009/04/04)
 公開初日! (2019/09/06)
 キルラキル 第23話「イミテイションゴールド」 (2014/03/30)
 書き始めてはいますが…。 (2013/03/27)
 リズと青い鳥先行上映会 (2018/03/30)
 境界の彼方 第10話「白の世界」 (2013/12/09)

テーマ:うる星やつら - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/9554-a2b8e90a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック