FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
planetarian パッケージ版プレイ中
 初回特典の小説にぞっこんやられまして、居ても立ってもいられずに昨夜インストール、即プレイ開始してます。一年半前のダウンロード版プレイの際に、「キネティックノベル」という形態と「AVG」というゲームとの落差は吸収済みですし、あらすじも大方頭に入ってますので、今回は細部を楽しみながらプレイ、というスタイルで通すつもり。ああ、この辺が小説のあそこに絡むんだなぁとか、そんな発見もあったりで、リプレイならではの幸せなひとときです。

 ダウンロード版と大きく違うところは、「ほしのゆめみ」の声が付いていること。KANON、AIRがそうだったように、声付きとなった時点で破壊力が何倍にも増す、というシーンにはまだ出くわしておりませんが…この先の保証はないよね?
 一つ、声付きで「おお」と思ったところは、人間味溢れるセリフとロボットらしいくだりとをきちんと演じ分けていること。「業務上の重要事項として登録しました」なんてセリフは本当に淡々と、ロボットに語らせたらこうだろうというそのまんまのトーンでしゃべってくれます。一方で、普通のセリフはもう無垢な少女そのままの感じで話すものですから、こちらまで「ロボットなのに人間ぽい」という感じがしてきてしまいます。

 このことが、「相手がロボットであるにも拘わらず、人間くささを感じてしまう主人公」の心境をリアルなものとする一方で、プレイヤーに対して「目の前のゲームがフィクションであるにも拘わらず、得も言われぬリアリティを感じる自分」をもたらすという、実に巧妙な仕掛けとなって機能しているように思えます。ある意味、「メタ(自己言及)」的な仕掛けでもあり、フィクションをただの作り話で終わらせないための仕組みでもあり。この辺が、意図したものなのかどうかは何とも言えないところですが、受け手にとっては作品の深みを感じさせてもらえる、とても良い結果を生んでいると思うのです。

 昨夜は「上映の終了」までプレイ。予想したこともない光景が主人公の眼前に広がる瞬間の感動は健在。上映後の「星空の下で眠るのが人間にとって一番の贅沢」とかね、堪りませんわ、ホントに。本来なら今晩辺り、この先の正念場を一気に進めてしまいたいところですが…今日はプレイする余裕、ないかもなぁ。明日~明後日はGWらしく行楽地にお泊まりに行く予定ですし、帰ってきてからは疲れ切っていそうだし。ま、この気持ちが薄れすぎないうちに最後までプレイしたいとは思っております。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 planetarianへの評価は (2004/12/12)
 ロマサガRSの進捗なんかを書いてみたり (2018/12/28)
 CROSS×BEATSの昨夜のメンテナンスは長期化 (2014/01/22)
 今朝はアルベルトSSを引いた。 (2019/02/27)
 だらだらと6月 (2016/06/05)
 jubeat(ユビート) (2008/08/01)
 今だからAIR ~ 最終シナリオ・道半ば (2005/02/15)
コメント
この記事へのコメント
らしいってだけ・・・
どうも、智アフの可南子と鷹文とほしのゆめみの声の人は一緒らしい・・・
2006/05/17(水) 20:56:09 | URL | セトラ #QBs7AdsI[ 編集]
ほほー
それは何とも多彩ですなー。あ。planetarian、結局プレイできてないよ…(汗)。
2006/05/18(木) 02:01:40 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/916-6d6973c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック