FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
「政治」は人気商売であってはいけない
 政治に関する色々な人の意見を目にしていて、一つ、気付いたことがあります。

 かなり多くの人が、「政党」だったり「政治家個人」だったりを「支持」するのかどうか、という視点でものを言い、判断している点です。

 例えば、こういうことを想定してみましょう。

 Aという政党に属するBという政治家が、Cという政策を支持する、と表明し。

 Dという別な(Aとは敵対する立場の)政党に属するEという政治家が、Fという政策を支持する、と表明し。

 これに対しての多くの人は、「A党だから政策はCがいい」「Bさんの支持していることだから政策はCがいい」という方向性で語るのです。もちろん、逆の「D党だから政策はFがいい」「Eさんの支持していることだから政策はFがいい」でも同じことです。いやいやいや…それって、根本的に間違ってるんじゃねぇの?
 
 政策とは何か。それは、社会の仕組みを運営する枠組みへの、具体的なアクションです。平たく言えば、政策の良し悪しによって、人の暮らしは良くもなりますし、悪くもなるのですよ。

 とどのつまり、政策を支持するか否かは、「その政策が自分(たち)の暮らしに対してプラスになるかマイナスになるか」で判断されるべきです。誰が言ってるか、どの政党が支持しているかではないのです。

 仮に。自分が支持する政党なり政治家なりが、もし自分の暮らしを脅かすようなことを政策として掲げたのであれば、自分はその政党なり政治家なりに対して、何らかの方法で「それじゃあ困る」と声を上げないとおかしいのですよ。あなたが言うなら何でもいいですーみたいな態度は、「あっそう。じゃあ何やってもいいのね」って思われるだけです。

 もう少し突っ込んで言うなら、政治のことに関してだけは、「人なんて信じちゃダメ」というのが私の持論です。この人なら大丈夫!なんて、誰が保証してくれますか。人間は誰だって間違います。政治家だって例外ではないはず。それを正せるのは、社会からたゆまず届けられる声だけなのです。

 全権委任なんてしないでください。私たちは、一人一人が、決して手放してはいけないものをいくつも持っています。先人たちがきちんとそれを行使し続けてくれたからこそ、豊かさが社会に積み上げられてきたんです。私たちも、めんどくさがらずに「貴重な権利」を行使し続けなければいけないと思います。誰が言ったって「ダメなもんはダメ」ですよ。思考停止に陥らないようにしなければ…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 流言飛語に振り回されるな (2018/09/08)
 危機的状況に立ち向かう人々に、エールを贈る人々。 (2011/03/15)
 本当のファンなら、落ち目の時にこそ応援しなくちゃ。 (2009/07/31)
 オレすげぇ!って思う時は。 (2018/11/21)
 「LZH」が消える日。 (2010/06/07)
 Yahoo!オークションの仕様変更 (2005/03/17)
 両方読んだらなお一層わからなくなることが多いけど (2019/12/17)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/7709-e34da8ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック