FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
やめてぇからやめるんだろうが。
 もう一本くらい書いてみますかね。つーても、趣味の話になかなかならないんで申し訳なかったりもしますが。

 退職代行「大人気」、20~30代に広がる「コスパ意識」の恐ろしさ

 うん。いや、あのね?

 文章そのものを注意深く読むとこの記事のライターが必ずしもそういうことを言っていないのは判るんだけど、何なの、その見出し…コスパ意識の高さで軽ぅくやめちゃう若者オソロシイ、的な誘導はいかがなものなのさ…。

 彼らが「やめたくなった理由」が、恐らくはこの文章中に書かれている「礼儀やマナーは大事だ」というビジネスそのものから見た時のその企業の目的の本末転倒ぶりだとか、「まだまだタテ社会の文化を残している」というやり辛さだとかに、かなり影響されていることはもう明白なんじゃないの?個人的な意見ですが、退職代行に頼んでやめちゃうという行動に対しては「いいぞもっとやれ」以外の感想が出てこないんですが?つーか、やめちゃう若者を引き留めようとしてるロートルなオッサンは、礼儀だとかマナーだとかタテ社会だとかによって若者に仕事をさせ続けて、それで10年後、20年後の明るい未来がつかめると本気でお思いなわけですかね?そりゃあオレでもやめたくなっちゃうなぁ、そんなクソみたいな会社。
 
 イヤになったらやめていいんです、仕事なんて。それがやめる本人にとって吉と出るか凶と出るか、或いはその企業にとって吉と出るか凶と出るかは、後についてくるたまたまの結果でしかないですよ。右肩上がりの人口増も経済拡大も所詮望めないんだから、昭和時代に期待されてたような滅私奉公はもうどう考えてもムリでしょ。そこは個人も企業も、合理的に判断すべきです。

 もっとはっきり言えば、「若者が自主的にポンポン抜けていくような会社は、とっとと潰れてくれた方が世界のためなんじゃないか」って思うんですがどうですかね?え、そりゃああんまり?いやいや、それがゲンジツですよ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 未完の大作を完成できると思う傲慢に (2020/02/07)
 こだわり続けることと、こだわりを捨てることとの狭間で (2005/11/21)
 赤信号 みんなで渡れば みんな死ぬってば。 (2018/11/14)
 続・アダルトゲームの話 (2011/10/06)
 あの素晴らしい愛をもう一度。 (2009/10/03)
 「笑い」というもの (2008/01/28)
 信頼 (2005/11/21)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/7594-1906056c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック