FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
BS-i版AIRアンケート・静的分析その2公開
 長らくお待たせいたしました。前回その1を公開してから早10日。色々と事情もあるとは言え、完全に10日周期が定着してしまったようで大変申し訳ありません。ですが、今回は少しでも内容を濃くしようと頑張りましたので、どうぞご覧くださいませ。

 BS-i版AIRアンケート・静的分析その2
 まー2時近くまで忘年会で飲んでいた(しぶしぶよ、しぶしぶ。あーしんど)後に、こんなうpをしている辺り、自分でもビョーキだなーとは思いますが。コメントやTBもたくさん頂戴しておりますが、全部明日に回させて下さい…すいません。

~~~~~~

 さて、劇場版の時もそうでしたが、分析作業をしている間にはなるべく個人の感情を取っ払って、数字から読み取れることをなるべく客観的に説明するスタンスとなるように心がけております。そうすると、私がここの記事を書く時の心境とは全く異なる、ナンとも微妙な状態になるわけでして。

 分析ページを書き上げた後で使徒の自分に戻り、改めて読み直してみると「なななななななナンと失礼なことを!」とか思うこともしばしばです。ですが、それが分析者の宿命なのでしょうね。数字を離れて自分の心のままに解釈を進めていってしまえば、そんなものは分析でも何でも無くなってしまいますから。

 なお、そもそも母集団が偏っている、というご指摘を受けたことがありまして、これは一面正しいとも思っております。実際、BS-i版に対する評価は、劇場版アンケートの時に比べて今回の方が段違いに良い方寄りになってますから。ただ、母集団の偏りを意識しながら注意深く分析を進めれば、ちゃんと大事なところは読み取れるものだとも思うのですよ。静的分析その2では、データの内容が確定した時には予想もしていなかったような、ある傾向が見えて小躍りいたしました。私自身がすごく偏った結果だなぁと思っていたデータからそれを導き出せたことに、喜びを隠し切れません。真摯に数字に向き合えば、結果は自ずとついてくるのだなぁということを再確認した次第であります。

 そうそう、偏っていると言えば、劇場版のアンケートの母集団も十分に偏っていたことが判明して、安堵しておりますよ。ちょっと考えればわかりますが、やっぱり自分の好きな作品に対するアンケートに答える方が多いんですよね。BS-i版アンケートではBS-i版に好意的な感想の投票が多いですし、劇場版アンケートでは劇場版に好意的な意見の比率が高いです。でも、そんな偏りを乗り越えてある程度の結果が出せたと劇場版の時には思いましたし、今回もそういう結果が出せるよう、頑張って参りたいと思います。


 …でも、次回は年明けになっちゃうかも知れません。許してね。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 このブログはいわゆる脳死状態なのではあるまいか (2018/12/03)
 響鬼・キャラクター人気投票まもなく終了! (2007/09/25)
 パンドラの箱開けた… (2005/11/19)
 お礼とお詫びと、やっちゃった感じと (2007/03/18)
 ……するどっ!!(「鋭」、ね) (2009/09/14)
 当ブログの運営ポリシーについて (2007/01/04)
 いろいろ疲れたっす…… (2010/10/01)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/719-bac67cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック