FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
ダリフラ 第12話「ガーデン/始まりの庭」
 ダーリン・イン・ザ・フランキスの第12話を鑑賞しました。またも滑り込みで、簡易レビュー。

 いやもう、今話はレビューぶん投げようかとマヂで思ったりもしました。一言でいうと、「もう気持ち悪くて見返す気にならない」という。

 ただ、今期は折角、この簡易レビューも含めて二作品は全話書いてみようと思っていたので、先ほど、勇気を振り絞ってもう一度鑑賞。自分の気持ち悪さの大本を探しました。

 そしてようやく、それを特定。要すればですね、ゼロツーの「キミはボクのエサなんだからさあ!」に、耐えられなかった模様です。
 

 皆さんがリアル越しに、或いはこのブログ越しに、私という人間をどのように捉えておられるのかはわかりませんが…私個人もご多分に漏れず、自我の芽生えと世界とのギャップに悶え苦しみ、その過程でどうにかこうにか「ギスギスした自分と勝手に回る世界との妥協点」というヤツを見出すことができて、辛うじて「自己肯定のカケラ」を手に細々と生きている人間です。だから、ヒロみたいにね、ものすごく脆弱な自己肯定の地盤の上に立っている人間が、ああいう罵倒を浴びせられるのを見るとですね、もう死にたくなるんですよ。いやホントにマヂで。

 ただ、作中のヒロは、見ていた私ほどの深刻なダメージにまでは至っていないようで…こちらが思っていたよりもずっと芯の強い男なのか、それともゼロツーにかける思いの強さがそうさせるのか…今のゼロツーは、私の目ではそこまで魅力的には映らないんですけどね。今の彼女、自分しか見えてないし。この辺は、私が物凄くモヤっていた第6話の時と相似形の問題がある気がしています。一歩引いて見ると、ゼロツーその人も、ものすごく自己肯定感に乏しい存在なんですけどね。

 はっ?!まさか、6話周期でオレがモヤる回が来る?(いやいやいや)

 サブタイトルは、ガーデンがヒロたちの始まりの地であると同時に、あの樹の下=庭(ガーデン)がヒロとゼロツーとの邂逅の場所でもある、という辺りでFinal Answerでしょうか。もう少し深掘りできるものの方が好みですが、まあ、そんなことを言っても始まらないので。いずれにせよ、解決編になるのかどうか、第13話を見てみないと何とも…ですかね。

 簡易レビューにしては長めでしたが、本日はこの辺で。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 鋭意悶絶中ではありますが。 (2012/07/07)
 どういう事情なのかは存じ上げませんし (2008/08/30)
 仮面ライダー電王 第5話「僕に釣られてみる?」 (2007/02/26)
 アニメ「日常」の北海道放映確定。 (2011/02/25)
 Clannad After Story 第20回「汐風の戯れ」 (2009/03/20)
 それでもまだ苦難は続く。 (2012/01/18)
 劇場版CLANNAD公式ページオープン (2007/03/13)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/6768-c36ca332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック