FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
三つ目がとおる(オリジナル版)大全集刊行開始
 手塚作品数あれど、私にとっての一番となると…どうやらそれは、「三つ目がとおる」らしいです。「火の鳥」も夢中で読みましたし、「ブラックジャック」にも捨てがたい魅力がありますが、「三つ目がとおる」は私の中では別格。それらの更に上をいく何かがあるようで。

 あ!!ひょっとして和登サンか!!和登サンだな?!そうだ、きっとそうに違いない(爆)。

 この度。雑誌掲載時のエディションに限りなく近い形での、「オリジナル版」と銘打たれての全集の刊行が始まりました。告知があったのは数か月前。その頃の私はと言えば、だいぶ前から予定されていたデスマーチの真っ最中で、恐らくフラフラだったんだと思いますが、この告知を見た瞬間、検討も何もなく即ポチりに行っていました。火の鳥のオリジナル版全集や、ブラックジャックのオリジナル版全集が出た時には、眉一本動かさなかったのに、です。そのくらい、私の中では別格なのでしょう。

 これまでにも本作は数多くの版が世に出ていますが、色々と整理がついていないことが嫌だったのか、私はほぼ手を付けていません。三年前に出た、「週刊少年マガジン完全復刻版 三つ目がとおる イースター島航海」はゲットしてますが、我が家にあるのはこれ一冊のみ。何だよ、言うほど好きじゃなかったんじゃねぇの、と言われると辛いですが、なぁに、今日この日のためにこそそうしてきたに違いない、とか、テキトーなことを言ってお茶を濁しておきます。
 
 さて。

 今回刊行されたのは、全8巻を予定している中の第1巻。今後、2ヶ月に一冊のペースで刊行していき、来年の十月下旬を以て全巻が刊行し終わることになります。長丁場だな…。

 三つ目がとおる 《オリジナル版》 大全集 1

 リンク先を見てお分かりの通り、発売は今週末です。ですが、復刊ドットコムで予約した人には一足先に、先週末頃には既に届いている、という状況。いやもうね、幸せの一言ですわ。鈍器の代わりに人を殴り殺せそうな(ぉぃ)重量感!雑誌掲載時に合わせて豊富に再現されたカラーページ!B5判フルサイズという「これ以上ない迫力」で読めることの感激!しかも、手塚先生が後年に切り貼りしてしまった原稿群・単行本化の際に未収録としてしまった原稿群からデジタルスキャンした上で、可能な限り掲載時当時のレイアウトに組み替えることで、「掲載時そのままに可能な限り近づけた構成」+「手塚先生の生原稿の筆致を最大限残した画質」を両立しようとしての、頭の下がる精緻な作業が施されているんですから、これはもう決定版の名を冠するにふさわしい逸品となっているわけですよ!!もうね、どこまでも美しいです!!パーフェクツです、パーフェクツ!!いや、流石に生原稿が存在しないごくごく一部のパーツは、雑誌の現物からスキャンせざるを得ず、にじみ等が残ってしまってる部分があるんですが、それはもうどうしようもないじゃない?大多数はホントに、「連載時から現在までを通じて最高の品質」と言って差し支えない、至高の出来栄えなのですよ!!

 今まで一度も単行本に収録されていないページが、大量に含まれているのも見逃せません!!今巻の後半では、二人がコンビを組む誓いを立てるくだりが描かれるんですが、そこには、「ママが欲しい」という写楽の願いを叶えてあげるため、和登サンが一緒にお風呂に入ってあげて、あたかも母親のように写楽を胸に抱きしめてあげるシーンが描かれるんです。エロ?エロいの?いやまあ、エロと言えばエロかも知れないんですけれど、何かね、何か違うんですよ、そういうのとは。あとがきの言葉を借りると、そこには「清潔なエロティシズム」があります。二人の「絆」のシーンなんだよね、これ。すごく大事なんじゃないの、何でこれ今まで収録されてこなかったのか…。

 今巻、すごくいいところで「次巻に続く」となってしまっているのが、残念と言えば残念です。また、オカルト色の強い部分については、今になって冷静に読むと「いやいや」と言ってしまいたくなる部分も相当にあります。でもね、そういうことはさておいて!!人間の二面性を体現するちっさなダークヒーロー写楽と、自立心にあふれて彼と世界とをけん引していく和登サンの二人のコンビが、文字通り地球全てを舞台に駆け回る、壮大なスケールの冒険譚!!こんなにもワクワクするジュブナイルなんて、そうそう読めるもんじゃあないでしょう!!

 もうね、即ポチで悔いなし!!我が人生に一片の悔いなしですよ!!いやいや、死んじゃダメだろ、これを全て読み切る前に倒れるわけにはいきません!!「早く次の巻を送ってくれええええええ!!!」と叫びたい心の内をグッとこらえ!!恐らくは次の刊行に向けて今も作業中のスタッフの皆様に感謝を込めたエールを送りつつ!!正座して待ちたいと思います!!


 …時に、矢も盾もたまらなくなって、比較するために既存のKindle版にまで手を出してしまっている私はおかしいんですかね?
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 コミック版氷菓の7巻も買いました。 (2014/07/29)
 夢幻紳士 新・怪奇篇 (2013/09/21)
 コミック版「CLANNAD ~tomoyo dearest~」 (2008/12/31)
 ヒビキのマホウ3巻発売なの?! (2013/09/30)
 コミック版「智代アフター」 (2008/01/01)
 でもちよちゃんやったら頭の浮きがばしゅって (2009/07/22)
 Windows PCでKindle書籍が読める! (2014/10/02)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/6462-d9009f0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック