FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
Opera導入してみた
 あたしゃ普段は火狐=Firefox使いなんでやんすが、IEじゃないと表示が崩れちゃうページとかもまだまだあるんで、IEも併用してます。自分のブログのデザインを変える時も、最低でもこの2種のブラウザで表示が大きく崩れないように、というのを気にしているわけですが。

 この度ちょっと気が向いたので、少し前に無料化されたOperaを導入してみました。第三のブラウザというわけですね。まだ使い込んだわけではないんですが、IEよりは好印象。スクロールのなめらかさはFirefoxよりもいい感じです。
 自分のブログのデザインは、Operaでも概ね問題なし。ただ、アクセス解析のバナーが時間限定とは言えヘンな場所に出るのと、期間限定で張ってるツールとは言えBS-i版アンケート投票のテキストボックスが右にはみ出ているのが問題として見つかりました。致命的な問題でもなく、直すのもめどいので、とりあえずこのまま放置させて頂きます。(^^;;;;

 アクセシビリティ、っていうんですか、こういう問題。よくIEの独自仕様を責める声も聞きますが、コトはそう単純ではないですな。一応オーソライズされた規格があるものの、これ自体に色々と経緯があって、過去存在した仕様を全部捨て去るわけにもいかないというところが大問題です。少なくとも、使えそうなタグが現存していて、使用してみたら多くの人が使うブラウザではちゃんと思い通りの表示が実現できる以上、それがオーソライズされたタグでなくても使う人が出てくるのを止めることは出来ないと思うのですね。

 これは私の勝手な想像ですが、ネットワークの黎明期には「ユーザーに対して権限に応じた『自由』が確実に与えられること」が世界に求められると同時に、「世界を定義する『きまりごと』から大きく逸脱しないよう、ユーザーはスキルアップを自力で図ること」がユーザーに求められていたような印象があります。「ネチケット」なんていう造語が多用されていた時期もありますが、それ以前から「自己責任」の原則はネットでは当たり前だったように思われるのです。

 今や「自己責任」は、責任を逃れるための言葉として使われるようになりました。ネットワークも、ユーザー自身にスキルアップを促すという側面は身を潜め、どれだけ手軽にネットに入れるか、快適に利用できるか、そしてそれをどうやってアピールするかにメーカーもプロバイダも血道を上げています。手軽に使えることを優先して間違ったタグや冗長なタグを大量に吐き出すHTMLソフトが主流となってしまえば、ユーザーの善意で「きまりごと」を守ることは相当難しくなりますよね。

 まあ、そんなことを思いながら、私自身はどちらでもない宙ぶらりんです。手軽なソフトに安住もしてませんが、美しい定義に可能な限り沿うための努力もしてません。全ての人に対して技術的な理解と向上心を促すことの難しさが、ちょっとはわかっているもので。少なくとも、どんなにグダグダになってしまっても「自由」だけは守られるべきなのだろうな…というところでしょうかね。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 恋すれば見えず、恋せざればまた見えず (2008/02/26)
 JREのサポートが有償化するハナシ (2018/10/30)
 中坊じゃあるまいし (2013/03/09)
 おわりのはじまり、はじまりのおわり (2006/03/10)
 VIPSTAR公開停止だそうで (2005/12/31)
 衰えに向き合うのはいいが、エクスキューズにはしたくない。 (2015/01/01)
 「政治」は人気商売であってはいけない (2019/11/06)
コメント
この記事へのコメント
うーん・・・(;一_一)
Operaは、かなり前からありますねぇ。ブラクラにも早くから対応してたし、セキュリティの面からもI.Eよりも上で、乗り換えたユーザーも多かったように記憶してます。
俺は、元々Macユーザーなので、I.Eよりもネスケ派だったんですけどねb
オンラインゲーム始めてから、窓を使う(まぁそれまで仕事でのみの窓使いだったんですが・・・)ようになったのですが、もちろんオンラインゲームもそうですが、WEBデザインとかその他いろいろな面で窓の優遇化(まぁ単にユーザーの数が多いからそうなっているだけかもしれないが・・・)を感じずにはいられなかったりします。
WEBデザインのことでいうと、HPビルダーで使われているタグの中には、Macユーザーを完璧に無視してるものがあります。特にJavaScriptを使った特殊効果などは、Macでは全く動作しません。
ブラウザだけではなくね、OSによっても差別化はあるわけですよ。
でも、そういうことは、あまり公にはなっていないのです。
もちろんJavaScript関係のサイトをあされば、Macでも同じ効果を得られるものを見つけることはできます。
しかし、知らない以上、そこまで努力してサイト作る人もいないですよね?
WEBデザインを習いに行けば別ですが、買ったPCにたまたまハンドルされているソフトでHP作ろうとしている人には、簡単にできることだけがアピールされているような気がします。
また、現在、発売されているソフトは、一番新しいブラウザには対応してますが、古いものは全く無視だったりするのですよ。
技術は、進化しているのだから、それは当然なのかもしれないですが、現実は新しいPCを使っている人ばかりじゃないんですよね。中には、買ったままの状態でアップデートもせずに使っている人もいるわけで、そういう人たちは置き去りです・・・。
ユーザー自体も、もちろん勉強は必要でしょう。でも、インターネットの普及に伴い、無責任に知識のない人たちの背中を押したメーカー側にももう少し配慮は欲しいかなぁという気もします。
まぁ、偉そうなことは書いてみましたが、WEBデザインを習ったとき、上記のような不満を感じたにも関わらず、自分のブログは、あんま他のブラウザで確認してなかったりするので、偉そうなこと言えない状況だったり・・・(;一_一)
2005/11/01(火) 10:17:05 | URL | ルシファ #r1y2oiqA[ 編集]
私も偉そうなことは言えませんっす
自分もしっかり勉強したとはとても言えず、HTMLのタグも目の前にあるのをとりあえず使ってみているだけで、全然偉そうなことは言えないっす。

ただ、何か問題が起きた時に、わからない時には自分で調べようというクセだけは付いてますね。大元は10年前にニフティに加入した際、最初に「ネチケット」から学んだのがそれでした。まず、自分がナニでつまずいているのかを考え、わかる範囲で問題の原因を探り、関係ありそうなところを当たっていく。その結果、どうしても先に進めない「コア」となるものが見えて、自分の知識だけでは太刀打ちできそうにない、とわかった時には、先人に教えを請う。でも、その時も「答え」だけ聞くのじゃダメで、「考え方」とか、場合によっては「ヒント」をもらったり。そうして、また自分で歩いていく。そうすることで、実際に解決できた時にはかなり勉強になるわけですし、類似の問題が起きた時にはもう少し賢く考えられるようになるわけで、得るものはとても大きいのですよ。

そういう、ネットから自力でナニかを掘り当てて自分の糧にしていくような過程が、お気楽設定でどん!とか入って来ちゃうとなかなか得られないのですよね。自力でパーフェクトに勉強しろ!というわけでなくとも(そんなの私だってムリっす)、何かあった時に自力でつかみ取ってやろうという気概だけは持っていて欲しいなぁと、甘えん坊の万年初心者とかを見るとよく思いますです。ああ、話がずれちゃいました(苦笑)。
2005/11/01(火) 20:00:05 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/614-c63efd8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック