FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
フルメタル・パニック!TSR Scene13「つづく日々」
 
 
 
感 涙




 他にどう表現しろと!”絶賛”の二文字は今日この日のために存在したのだ!今こそ使徒としての務めを果たし、全身全霊をかけて賛美の声を高らかに上げようではないか!ガンホー!ガンホー!ガンh
 いやもうね、実際たまんないですわ。もちろん、あたしゃ今日はハナから「泣く気満々」で見てますから、これで泣いてるのは当たり前っちゃー当たり前なんですが、そうは言ってもね、その「泣く気」に水を差されることなんてフツーにあるわけでしょ?「あぅっ!せっかくのいいシーンなのに作画が、作画が!いかんいかん、脳内補完モードにチェンジ!ラムダドライバ発動!レベルMAX!」みたいな、さ。

 それが、ナンですかアレは!(←褒め言葉)文字通り一瞬たりとも作画の心配なんてしませんでしたよ!それどころか、良シナリオに徹底的に没入させてくれる好カットの数々、普通なら手の抜きどころと思われるところまで細かく積み上げられた素晴らしい動画、今までかぶりつきで追いかけてきたファンを唸らせる心憎い演出のオンパレード、ここぞというタイミングでバッチリと決めてくれる音響の素晴らしさ、通常の3倍の勢いで熱の入ったキャストの名演、OPとEDを削ったばかりかCMさえ極限まで削って捻出した極大の時間、しかもそこにおいてさえここまで濃密に書き上げられたストーリー、今最終話において文句のある場所なんざぁ1ミリたりとも存在せぬわ!

 ああ……満たされた……満たされたよ……この3ヶ月あまりの幸福な日々が走馬燈のように……もう思い残すことは…… って死ぬなよオイ!せめてレビューを書き終えるまでは死ぬな!オイてりぃ!てりぃぃぃぃぃ!!!!


 さて、本日は作中での「ソースキー・セガール」(ぇ)の復活劇をリスペクトする意味で、私も「壊れドライバ」発動中です。もう自分には使えないと思っておりましたが、先ほど難なく起動致しました。しかもレベルも最大。いつものような冷静なレビューなぞ書けるかバカもnという調子で参りますので、どうぞご容赦下さい。…ああ…AIR最終話直後のあの高揚感が蘇るね…。


【Welcome to the DARKSIDE...】
 最終回に対する不満ではないのですが、今日唯一アレっと思ったところが、結局ダークサイドにいったん落ちた宗介のことでした。これはScene11「彼の問題」で踏みとどまらせたのは結局あまり奏功しなかったのかね、という、全体を通してのシナリオ回し上の不満ですね。実在の人間としては、むしろ「行ったり来たり」は当たり前にある話ですし、そう思えば「非常にリアル」でもあるわけですが、物語を綺麗に流すという観点ではどうだったのかなという…。

 それさえ抜きにすれば、ガッツリと負の世界に囚われてしまい、とうとうあっち側に行ってしまった宗介の描写には鳥肌が立ちました。いつもならばスックと立ち上がるはずの宗介が、ふらつきながら辛うじて立つ(このさりげないけど質の高い動画が震える!)様にもグッときましたが、「千鳥…」「千鳥が…」「死んだ…」という、関智一の極上の演技がほとんど反則級です。そうして次第に失われていく瞳の輝き…。飛散したガラスの破片で切った彼の頬から、足下にただ落ちていく血の雫は、文字通り彼の「血の涙」ですよ。ほんの数時間前に、いったんこの「闇の縁」から救ってくれたかなめの声は、もう彼を引き戻してくれることはないのか!

 そんでもって、その後に駆け付けたヤン伍長とのやりとりで交わされた

 「単なる肉のかたまりだ、人間など」

 (不時着したアーバレストに対し)
 「無様だな…(略)…そのままそこで朽ち果てろ」


 というセリフが(泣) だってだって、これって周囲を冷笑しているようでいて、実は自分自身に投げかけられている言葉じゃないですか!そんな悲しい!あまりに悲しい!


【the GODDESS Strikes】
 そこですかさず暗闇から投げかけられる、聞き覚えのある声!いやそりゃーもーあいつしかいないと、当たり前にこっちはわかるわけですが、それを画面上ではあくまで「寸前までもたせる」、その演出がやっぱ一級品だと思うわけです!宗介の心境とイヤでもシンクロせざるを得ないっしょー?!最初はホントに聞き覚えのある「声」だけ。次に、足下だけ「女か?」とわかるだけの視界。そして、見覚えのある「学校の制服」。最後に、自分がよく知っている、今は決してあり得ないはずのあの「口元」を含む容姿…。この展開に合わせて、あっち側にいた宗介が1カットごとにこっち側に戻ってくる、その作画がまた泣かせどころですよ!あくまで芯の強い雪野五月の口調と、次第に呆けていく感じの関智一の口調との対比がさらに花を添えます。

 そして!感動の再会!と思いきや!

 いきなし膝蹴りキタ━━━(゚Д゚;)━━━ッ!

 いやー笑った!(笑)前回のレビューへ頂いたコメントで「そんなにかなめのハリセンが欲しいのか」みたいな話を読んでたんで、ハリセンの連打ぐらいは覚悟してましたが、まさかの全体重をかけた蹴りが顔面に炸裂とは!(爆笑)いや、これは普通なら死ぬぞ?あっち側からせっかく戻ってきても、すぐさま「三途の川の向こう岸」に旅立っちゃうよ?そこにフツーなら「殺す気かっ!」とか叫びそうなところを、「…な」とかいうしかないヘタレ風味の宗介がまた実にGood!百戦錬磨のはずのヤンとウーが、信じられないものを見るような顔で為す術もなく見守っているのが更にGood!しかもそこに留まらず、続いての三連撃、アッパーカット→ひじ鉄→回転ジャンプキック(きっとマニアックな名のある技でしょうね、これ)が、ウソっ?!て位の殺意のこもりよう!容赦ねぇな千鳥!その勢いがあれば、宗介のアイテムが無くてもユイランぐらい軽~くいなせたんではないのか?(笑)

 と・こ・ろ・が

 「つまり、私はあんたのことが………」って肝心なセリフを言おうとすると、顔を真っ赤にしてしまって口ごもっちゃうかなめが、かなめが……すいません先生!先週私、テッサに寝返ってもいいとかとんでもナイこと口走ってました!一生付いていきます!かなめ先生!!いや、これは萌えるだろ!フツーに萌えるだろ!朴念仁の宗介のどタマかち割って、今すぐ自分が替わりたいくらいだ!でも「がっ……学級委員だからよっ!!」って、全然話が繋がってませんよ先生!先生~!(笑)


【break of DAWN】
 アーバレストを思うように動かせないこと、かなめをおきざりにしてしまったことの辛さを吐露し、しかし力が出ない理由を問われてもわからないと答えるしかない宗介に、かなめが投げかけたのは「ダメ男。臆病者。ヘタレ。弱虫」…つまり、宗介の弱さを認める言葉でした。

 (悶絶タイム開始)

 ああー!そうなんだよ!お前は弱いんだって認めて欲しかったんだよ!強くなんかナイ!すごくなんかナイ!ちょっとしたことでも簡単につまずき、自分を見失っちゃう弱い人間なんだよ!ずっと、それだけのことがわからなくて、暗い夜道をさまよっていたんだよ!

 この心境に似たようなもの、自分にも覚えがあります。外から求められるであろう「何か」を自分に課して、その期待に応えなきゃと思って、それでもどうしても応えられなくて、だんだん自分がダメなヤツに思えて、でもそれがとんでもない罪悪に思えて…。自分は弱いんだ、身の丈で出来るだけをやればいいんだって、認めてしまうまでがものすごく辛いんですよ。そして、それを自分で認めるのはものすごく難しい。「いいんだよ、弱くても」って言ってもらうだけで、大粒の涙をこぼしたことも。

 そーんな経験がフラッシュバックする中でこーんなもん見せられて、泣かずにすむわけがあるか!しかもしかもしかもしかも

宗「オレが……ダメ男?」
か「だって……そうじゃん?」


 という会話に続き、かなめの満面の笑みと被って、次第に明けていく夜が!呪いが解けるように、かなめの背後から、奇跡のように世界に差していく日の光が!

だはおわあうあおあううぇうぇあうあうおあああ!!←第一次決壊

 こんな風に書いてる時って、ホントに泣いてるんだぞ?!今だって文章に倒そうと思って反芻して見直して、また為す術もなくだだ漏れてるよ!なんっ

 つーものを見せてくれるんだ!!見ろよ、宗介も力を取り戻したようじゃないか!これで彼も力強く立ちあgオイ!もっかい回し蹴りかい!(笑)


【Another-Side meeting with Death】
 宗介の「かなめとの再会」が夜明けをもたらしたのとは対照的に、ユイファンの「ユイランとの再会」は破滅をもたらしています。これが、恐らくは「こっち側」と「あっち側」の辿る末路の対比なのだと思います。また、死の間際に決して届かぬユイランへ手を伸ばすユイファンの描写がもたらす悲壮感は、Scene09でユイランの最期を見届けた視聴者ならその妙が一層引き立つことでしょう。

 ほとんど不可分の存在と言えるほどに引き合い続けたにも拘わらず、根本的に道を間違えてしまったために、最後は求めながらも決して届かない手をお互いに伸ばして息絶えた二人。TSR中ではやや地味ながらも、深みのあるサイドストーリーを与えてくれた双子に、冥福を。願わくば、地獄では二人で手を取り合って、違う世界への扉を探して欲しいものです。


【Ultimate Weapon comes here】
 そして!満を持してのお出まし!さりげなく頬に張られた絆創膏が、彼の「血の涙」が既に止まったことをアピール!そして一気に満ちていくゲージが燃える!

「ウルズ7より各位へ。
 待たせて済まなかった。
 後はオレに任せてくれ」


 カッコエエエエエエエエエエエエエエ!!!!そんでもってそんでもって、その後に続く「アル」との対話のトーンの、なんと頼もしいことよ!余力のある人は是非Scene10でのそれと比較してみて欲しい!宗介の口調もアルの口調も、信頼感に充ち満ちたものに変わっているのがわかるはず。しかも、アルの口調が異様に人間くさく染まっているのもグー!「ベノムが5機…普通だったら逃げるところだろうが」「いいえ、行けます軍曹どの」「そうだ、行くぞ!」「ラージャ」という会話のテンポも堪りません。

 ここまで復活の印を描いてこそ、そのあとの動きまくる戦闘シーンのカタルシスが何十倍にも高まるというものではないですか!ラムダドライバの効果が現れるシーンは爽快感満点!スピード感に溢れる戦闘シーンはどこをとっても動きの良さ・絵的な格好良さともに文句なし!また、これまでの話を想起させるカットがいくつもあって、これまた唸ります。ゲイツがアーバレストに斬りかかってラムダドライバ同士で押し負けてしまう部分はScene04での逆パターンのシーンの再現ですし、そのゲイツの驚愕の大きさも、その時になめきっていた彼の心境がわかれば尚更!最後にゲイツがベンを人質に取るシーンは、どことなくScene03冒頭の「アメージング蜘蛛同心」のシーンを思い起こさせますし。ああ…ここまで丹念に見続けてきたことが、今大きく報われようとしている…。

 しかもそこで「南風」か!!

 どこまでカッコいいんだよ!この曲の歌詞が示すシンクロ度の高さにはホントに参りましたが、この名乗りの雄叫びの時点で使われると、グゥの音も出ませんよ!OPで発動されるラムダドライバのシーンと、まるまる同じ場所じゃないですか!OPのこのシーンの宗介、最終話と同じくヘッドセット無し+襟付きの服だし!アーバレストのバック、おんなじ朝焼けのシーンだし!全部設計した上でOPを作り込んでいたな?!すんばらすぃ!

 他にも「(もみあげが)ちょっと短かったかな…」と言いながら逝くゲイツの真意がわからない人はScene04のAパートを穴が開くほど見直せ!宗介の「(解決したのは)オレの問題がだ」「考えることだ、相棒」という言葉に心震わせることが出来ない人はScene10のAパートを三百回繰り返して見れ!ピースが次々と所定の位置に納まっていくこの感動を、わからないというヤツは以下自粛!


【Twin curtain call】
 かなめの元へ「帰還」する宗介のことを、沈んだ顔で受け止めるテッサの表情にもグッと来ましたが、オンラインミーティングの後、宗介とテッサの対話が何とも…。帰ってきたこの平和に、涙せずにいられましょうか。むずがゆいような、表現しがたい控えめな言葉で謝意と宗介への思いを不器用に伝えるテッサは本当に可愛い。上司と部下の関係を越えて一歩踏み込んで、初めて彼女に等身大の言葉を語る宗介は本当にかっこいい。私があと20年若ければ、いやいや、それはまあいいんです(笑)。宗介の言葉に浮かれるテッサも実にいいですね。多分彼女は第一のヒロインにはならないのでしょうが、その悲しみはとりあえず脇に置いておきましょう。そう、まだ物語は続いていくのですから。

 余談ですがこのシーン、高笑いするマロリー卿、あまり心労を増やすなと宗介を諭すマデューカス中佐、あとで何か驕ってやるというカリーニン少佐など、もう親父連中の言葉がどれもこれも渋くて熱くて、たまんないっす!親父キャラ最高!最高ーー!!

 そして久々の陣代高校。美しいBGMのなかで繰り広げられるいつもの喧噪、と思いきや。「いっつもいっつも!」と叫んでいたかなめが次第にトーンダウンしていき、堰を切ったように流れ出してしまう涙…。香港では決して泣かなかった彼女が、日常が戻ってきたことをようやく実感して流した涙…。

 あぅあぅあぅあぅあ~~~←もう声にならないらしい

 そして最後の電車での、二人の下校シーン。彼らのバックに見える夕焼けの色に気付きましたか?Scene06、エッジオブヘブンの中盤の、歩道橋のシーンで見せたあの美しい夕焼けの色と、ピッタリ同じものをあえて使用していませんか?つまり、紆余曲折はありましたが、ようやくあの日の「日常」が二人に帰ってきたのです。そこで見せる触れ合いは、隣の彼の袖をちょっとつまむぐらいの「微々たる進歩」でしたけど、でもそれでいいのです。何気ない日々はまだ終わらず、ここで初めてインサートされたサブタイと同様に、まだ「続いていく」のですから…。




 ッブラーボーーー!!




 スタンディングオベーションですよ!拍手喝采ですよ!まるで劇場用作品じゃねーのかと思わせるほどの、濃密なこの最後の時間に最大の賛美を!視聴者にこれほどの高位の感動をもたらしてくれた、このTSRという作品を、今一度褒め称えようではないですか!今、ちょうど夜も明けてきた!この作品に携わった全ての人たちに感謝を!そしてまたこの先、更なる高みへ我らを導いて下さるよう、心からお願いして!とりあえず自分に対しては、今日はこれからフツーに仕事だから頑張ろうね? orz

※過去の記事はこちらからどうぞ。
 フルメタ特集~フルメタ記事リンク集
 (右サイド「クイックアクセスメニュー」からもアクセスできます)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 星の人/系譜 (2016/09/05)
 電脳コイル 第24話「メガネを捨てる子供たち」 (2007/11/18)
 2005/1記事Remix ~ プリキュア最終回 (2006/01/31)
 Kanon 第4話「休日の奇想曲~caprice」 (2006/10/27)
 サービス×サーバント最終回見終わった。 (2013/09/29)
 ヤマト2199、第五章前の復習完了。 (2013/04/13)
 宇宙戦艦ヤマト2199 第二十二話「向かうべき星」 (2013/09/08)

テーマ:フルメタル・パニック!TSR - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
スタンディングオベーションtoo!!
素晴らしい最終回、素晴らしいシリーズを堪能しましたね!!
そして、てりぃさんの楽しいレビューも楽しませてもらいました!!

っていうか、最後まで読んでびっくりしましたよ!!
仕事あるんじゃん!!
記事投稿時刻「06:23:49」て何よ!!(笑)
南風に乗って心ごと駆け出しちゃったんですね☆
仕事中に居眠りなんてしてたらハリセンチョップの刑よ!!(BY雪野五月)

また来ますね~~♪
2005/10/20(木) 16:28:18 | URL | だんち #hE4kmW4M[ 編集]
ガンホーと言う響に・・・
ガンホーと言う響に良いイメージが無い私は元R〇(一応伏字?)プレイヤー・・・関係無いけど・・・

TSR見たいなぁ・・・
流石京アニ、伝説に残る作品をまた、作り出したのですね・・・
映画かぁ・・・もしかして、次回フルメタは京アニが作る映画版かっ!?
踊るメリー・ベリー・クリスマスはTVアニメにするにはちょっと短いような気がするし、次のシリーズまで含めるとちょっと話が浮きそうだし・・・

・・・(妄想中)
・・・・・・・ぅん、凄く良い(ウットリ
2005/10/20(木) 18:39:58 | URL | 結城レイ #-[ 編集]
TBありがとうございます
はじめまして

TBありがとうございます。こちらからもTBさせていただきます。

フルメタの最終回最高でしたね。個人的には南風が流れてからの一連の映像の部分で体が痺れてしまいました。とにかく最高でした。
2005/10/20(木) 19:31:12 | URL | 創始 #-[ 編集]
久々に壊れちょる・・・
駄菓子菓子!!

  オラはもう騙されねぇだ・・・

自分の眼で確認するまで。(爆
2005/10/20(木) 21:12:02 | URL | ごす #ilk/GieM[ 編集]
いやもうナンと書いてよいやら
動いたり動かなかったり、つくづくいい加減な装置だ>壊れドライバ。

>だんちさん

どーもーお疲れ様でした!そちらも拝見いたしまして、「あーあー、だんちさんもオレとは違う方向で壊れてるよー」とか思って妙に嬉しかったり(笑)。

仕事は無事にこなしましたよ。もーね、走る南風に乗ってどこまでも駆け出して、お家に帰ってからがグダグダでした(笑)。AIR放映時にも似たようなことをやりましたが、まーやっぱあれを見せられたらこちらとしても全力でレビュー書かないと失礼じゃん、と思いましてねー。そういう気持ちにさせてくれるものに巡り会えた幸福に、感謝感激雨あられですよ。

>結城レイさん

京アニの作る劇場版、ですか。確かに自ら制作してはいないものの、ドラとかしんちゃんとかで関わった経験はあるはずですから、そのうちに何かで実現してもおかしくはないデスね。

京アニの作るTV作品て今のところどれも1クールじゃないですか。これに対する不満も、特に今回のTSRではいくつもお見かけしているのですが、私なりの想像では、「1クールだからこそこの非常に高いクオリティが維持できている」ということなんではないかと。とにかく工程管理に気を使う会社さんらしい、ということは今までのインタビュー記事等で何度も目にしてますし、工程的に無理があると思われる仕事は請けない、というこだわりすらあると言いますから、今の体制で作るのは「1クール作品が限界」ということなんではないかなと思うわけです。

もちろん、技術の進歩も続いていますし、「より良いものを作ろうとする意思」に関して京アニさんは特A級であると信じてますので、その自らの壁を乗り越える日が近い将来やってくるようにも思っています。その際、2クール作品が来るのか、何らかの劇場用作品が来るのかはわかりませんが、そのどちらが来ても「またやってくれましたよ!」とアツく追いかけて行きたいですね。

>創始さん

どうもはじめまして。TBのお返しとコメントを、どうもありがとうございます。

あそこで南風、というのは完全に予想外だったもんで、衝撃的でした。歌詞の上でのシンクロ率の高さは以前からわかっていましたが、中盤以降の鬱成分の高いこのアニメに何故あそこまで明るい曲調を持ってきたのかが最後までナゾだったんです。それが、まさかあそこでああして使うためだったとは!やられましたよ。脱帽ですよ。脱毛ですよ。ホント、いいものを見せてもらいました。

>ごすさん

いや、ナンと申し上げてよいやら(笑)。

評価は人それぞれで当然ですから、自分で見るまで過信しないというその姿勢は大事だと思います。100人中99人が絶賛するものでも、残りの一人が最悪と評することはよくありますし。

今回のTSRについては、中盤以降の鬱展開で飽きちゃった人が結構いたような感じですね。もっと戦闘シーンを、という声も多かったです。私は「戦闘シーンよりももっと描きたいものがあった、その当然の帰結」だったろうと思ってみてましたし、基本的に鬱展開望むところな人なモンですから、そういう意味ではオールオッケイ。ごすさんには色々とごすさんなりのこだわりがある、と思いますので、どうぞ現物で心行くまで確認してくださいな。(^^)
2005/10/21(金) 12:33:33 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
はじめまして、てきーらと申します。

すごいいまさらなんですが、トラバさせていただきました。

私も同じように号泣でしたので。
2007/05/08(火) 13:07:48 | URL | てきーら #yrTdUdco[ 編集]
おお、お仲間ですね(^^)
>てきーらさん

はじめまして、TBとコメントをありがとうございます。

嬉しいですね、京アニ作品の中では割と評判が低めと言われることが多い今作で、今でもこうして同好の方が訪ねて下さるなんて。

京アニ作品ではハルヒNextとClannadが世に待望される両巨頭ですが、私はそれに加えてフルメタシリーズの最新作も心待ちにしております。何年先かわかりませんが、ワクワクしながら行儀良く待っていたいですね。もしその日が来たなら、今度は是非リアルタイムで一緒に楽しみましょう!
2007/05/08(火) 18:35:37 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/598-21ec034b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
フルメタル・パニック オリジナルサウンドトラックアルバムTVサントラ 下川みくに ポニーキャニオン 2002-04-17売り上げランキング : 16,200おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools『つづく日々』脚本:賀東招二 / コンテ・演出:武本康弘 / 作画監督:堀内修...
2005/10/20(木) 12:57:49 | ライブ窓ぁ。
 いやぁ…終わってしまいましたね。  毎週毎週、TSRを見るために時間調整をして
2005/10/20(木) 16:16:20 | 妄想界の住人は生きている。
■『フルメタル・パニック! The Second Raid』 #13 「Scene13 つづく日々」 WOWOW無料枠脚本:賀東招二 絵コンテ・演出:武本康弘 演出補佐:坂本一也 作画監督:堀内修 メカ作監:北之原孝将 作監補佐:米田光良 門脇聡【コメント】今回は尺を稼ぐためOPもEDも....
2005/10/20(木) 18:53:26 | LOVE&PEACE ANIME DIARY
 ■ 最終回 『フルメタル・パニック TSR』(#13) ★★☆ 最後、宗介に「テッサ」と名前を呼ばれ、友人としての言葉をかけてもらえたテッサがきゃいきゃい喜んでるところもまあカワイイのですが、ボクはその前の
2005/10/20(木) 18:54:13 | 猫ようかん出張所
やってしまった・・・書いたやつ全部消えてしまいました(泣)もう簡単にいきます。
2005/10/20(木) 19:01:51 | いろんなこと
フルメタル・パニック!The Second Raid 第13話 「つづく日々」ガウルン、あの宿敵だけが俺のすべてを見抜いていた。
2005/10/20(木) 19:07:44 | Yotch Chronicle
今回はフルメタル・パニック The Second Raid 第13話 (最終話) 「つづく日々」の感想を書きます。内心きちんと終わるのか心配だったからきちんと綺麗に終わって良かった。って
2005/10/20(木) 19:08:35 | 萌えと燃えの日記。
前回、因縁の相手であるガウルンをとうとう完璧に後腐れなく葬った署。しかし、その心はぼろぼろです。そんなところから始まる最終話。一体どういうラストを飾るのでしょうか?
2005/10/20(木) 19:29:02 | 流星、闇を切り裂いて
さて、最終回ですよ!あーやっぱりOPはナシですか。宗介が魂が抜けたような状態に・・・。そりゃかなめが死んだって聞かされたらね、しょうがないか。ヤンはなんか変な役回りだな。撃つのか、ヤン?って、かなめキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!けっ
2005/10/20(木) 19:29:16 | あ~あ、やっちゃった。
[TVアニメ視聴 フルメタル・パニック!TSR #13:つづく日々 最終回]”千鳥が死んだ”ガウルンにそう聞かされた宗介は茫然自失。全てを投げ出し、立ち去ろうとする。”まず自分を偽り、次に周囲を恨み、最後は世界の全てを冷笑するようになる。”
2005/10/20(木) 20:08:34 | 王様の耳はロバの耳
(公式サイト)終わっちゃった・・・WOWOWだからできる時間枠を一杯一杯使っての13話。サブタイトルの「つづく日々」っぽくいい締め方だとは思うけど、アマルガム関連は投げっぱなしだしちょい消化不良。これが確か「つづくオン・マイ・オウン」に続くんだよな・・・。...
2005/10/20(木) 20:14:19 | 布達の橋
フルメタル・パニック! The Second Raid Act3,Scene04+05 (初回限定版)
2005/10/20(木) 20:26:43 | アニメ・アニソンならおまかせ!!
最強!!!<あらすじ>かなめを殺したと告げたガウルンを殺した宗介。ミスリルからアーバレストが届けられたが、激しい絶望に落ちた宗介は、それを受け入れようとしない。そんな宗介の元へ、死んだはずのかなめが急に現れる。いいから早く片付けて来いとかなめに気合を
2005/10/20(木) 20:29:54 | ~腐女子とアニヲタの間を取り持つブログ~
フルメタル・パニック! The Second Raid Scene01 +α 初回限定版フルメタル・パニック! The Second Raid Act3,Scene02+03 (初回限定版)【つづく日々】「オレは陣代高校二年四組。出席番号四十一番。ゴミ係兼傘係の相良宗介だ!!」OPナシではじまり、最終回なんだ....
2005/10/20(木) 21:05:05 | Cosi Cosi
「残り1話で全てを上手く消化できるのか?」その不安が京アニにかかれば全て杞憂に終わった結果に。イヤッホーウ、京アニ最高ー!(このセリフをTSRで何度言ったことか)OPムービーはカットされすぐに本編へ。その狙いは時間を少しでも取りたいのと別にもう...
2005/10/20(木) 21:21:44 | 気分屋のアニメBlog
フルメタTSRもついに終わってしまいました。綺麗な終わり方をした、良い最終回だったと思います。また作画がまったく崩れなかったところには賞賛に意を表しますよwwフルメタル・パニック! The Second Raid Scene01 +α 初回限定版賀東招二 武本康弘 関智一 ハピネッ....
2005/10/20(木) 21:45:51 | ぷらすまいなす研究所 ~in the azure~
尺が足りないよママン!ということで本編をバックにOP。宗介「千鳥、、、千鳥が死んだ、、、?」かなめに殴られ足りない宗介は呆然としてしまいます。宗介「未来など元からなかった、、、」宗介の元にアーバレストが射出されて来ますが鬱状態の宗介に乗る意志は全....
2005/10/20(木) 21:53:19 | 雑文書庫
京都アニメーション本領発揮っ!!ギャグ、シリアス、バトル、泣き、15禁、全ての要素が上手くまとまってますなぁ。
2005/10/20(木) 22:06:28 | 万聞は一見に足るやも
千鳥が死んだ・・・・・・ついに最終回、感動・・
2005/10/20(木) 22:25:52 | When the cicada cries-せみがなる場合-
神アニメもいよいよ最終回。作品の良さも存分にアピールできたと思いますが、京アニの凄さも同じくらいアピールできたのではないでしょうか。もう少しAS同士の戦いを見ていたかったけれど、アーバレストの強さを表すにはこれしかなかったんでしょう。あっさりと....
2005/10/20(木) 22:47:41 | スーペル・ゾーン
ついにフルメタルパニックTSR終わってしまいました。いやはや、「彼の問題」とかで充電した分を最終回におもっくそ注ぎ込んだという感じです。とにかく動く動く。とんでもねぇクオリティで動く。光と影の演出も相変わらず素晴らしい。Airでは最終回、Aパート4分という大胆な
2005/10/20(木) 22:55:57 | Battlefield2-戦場の記録-
Scene 13賀東社長さま。これは、「つづく」とゆーことで理解してよろしいですね。そして、これからが“どんな日々”か、は解らないけど、いろんな意味で“つづく”んですよね? そーかってに思ってもいーんですよね!!:ただいま精神安定剤服用中:きょうの感想。はっきり言
2005/10/20(木) 23:15:04 | Moondiary
 ガウルンの術中に堕ち、全てを軽視、侮蔑する宗介にの暗黒はーとに効いたのは鉛球ではなく、かなめの真空飛び膝蹴り!☆凄腕傭兵のヤン達がビビるのも無理ないほどの、見事な攻撃ですな!気持ちよく宗介ボコボコにし、宗介が闇の底に封じ込めた本来の姿を強制解放!ぐっじ
2005/10/20(木) 23:22:12 | 月の砂漠のあしあと
 「千鳥…。千鳥が、死んだ」 泣いても笑っても最終回です。 ちょっと長いので、気になる方は続きへどうぞ~。
2005/10/21(金) 01:00:39 | ボーダーライン
リンクWOWOW ONLINEアニメ・パプリカとうとう終ってしまいました…。でも最後まで見ても、どこぞの6時代にやってる作品よりR指定じゃないと思ったのは私だけでしょうか??先週でガウルンが死んでしまったので、今回は見応え無い最終回なのかなぁと思ったんで....
2005/10/21(金) 01:08:20 | パプリカのアニメ鑑賞よた話
うー、終わっちゃいましたね>< でも結構満足でしたよ かなめを失ったことに対する絶望 やはり宗助の中でかなめは大事な位置にあるようですね かなめの登場はすごいインパクトが強かったw パンチにエルボーにドロップキックやらいろいろとw 呆然と見ながら「お化け・・
2005/10/21(金) 19:49:50 | 真正ラピスBlog(仮)
フルメタル・パニック!TSR 第13話「燃える香港」。いやー残り1話でひろげた風呂敷きちんとたためるのか心配でしたけど、そんな心配は全然無用でしたねー。まあ前回かなめの姿がチラリと見えた時点で彼女との出会いが宗介復活の切っ掛けになるであろうことは想像できて...
2005/10/21(金) 19:56:02 | 深夜アニメ館
 自分は有能なソルジャーである。融通こそきかないが腕が立ち、かなめを護ってやる立場にいる。  しかしこの体たらくは何だ。ソルジャーとしての鋭さは消え去り、ミスリルや学校生活でふぬけた人間になってしまった。  「弱者は強者と群れるのだ。弱い奴らと群れるのは
2005/10/21(金) 21:35:42 | バラックあにめ日記
<つづく日々> OPがないと、本当に最終回なんだな~という気がします(^_^;) かなめが死んでしまったと思っている署、飛んできたガラスが頬を掠めても微動だにせず。 ヤンとウーが来ても、やる気なし。仲間に銃を向けられても、反応無し。 そこに生きていたかなめ登場
2005/10/21(金) 22:03:22 | 月夜に日記
フルメタル・パニック!The Second Raid 最終話「つづく日々」良かった。・
2005/10/21(金) 22:19:24 | 触れるモノ
最終回を見て、私は「筆舌尽くし難し」の意味が解りました。フルメタTSRはまさにそれなんだ、と思いました。つまりものすっっっごく良かったということです。あと、腎臓売ってでもDVDを買おうと心に決めました。では、あらすじを書きましょう。今回はOPなしでスタート!宗介
2005/10/21(金) 23:10:27 | フルメタTSR ふもいのあらすじ
10/19 WOWOW(191ch) 24:15-予想通りといっても良いほどに、かなめ登場そしてカツを入れてくれました告白を前日に決意したらしかったが、1日たったおかげで冷めちゃったらしい かなめと言えどもその勇気はなかったか…かなめがくれた勇気のおかげで、ラムダ...
2005/10/22(土) 05:17:05 | Mugi_Sta 2
最終話でもまだヘタレていた宗介の前に死んだ筈のかなめが憤怒を露にズンズンとやって来た。 そこから空気は一変する。 かなめは宗介に喝を入れ始め(?)、あれよあれよという間に、宗介は戦線に復帰した。かなめって凄い。 宗介を飼いならしているのね。
2005/10/22(土) 06:17:45 | 線香花火
という事で長いようで短かった1クール、フルメタルパニック・ザ・セカンドレイドも今話で最終回。人型ロボットが出てきて云々というアニメで最近最終回を迎えたものといえば、まぁ種運命 という事になりますが、あちらとは違って。OPが本編化してます、ねぇ切羽詰った構成
2005/10/22(土) 08:59:35 | 厚樹のつれづれなるままに
第13話 「つづく日々」(最終回)OP無しで始まったなんか、最終回みたい(^^;エヘかなめが死んだと思っている宗介は自暴自棄にもう何もかもが、どうでも良い感じだまあ、それも仕方のない事だろうが、最後までこの重い展開が続くのかっと思っていたらか...
2005/10/23(日) 05:51:24 | あにめ@ぱらだいす
OPEDを削っての27分フル活用 やはり原作者賀東招二監修はダテじゃない 疑念や
2005/11/01(火) 12:34:41 | MY FOOLISH DAYS
 先週からの流れでは、正直まとめきらないんじゃないか、と危惧していたのですが、いやぁ、お見事でした。 クオリティは言うに及ばず、かなめの登場で一気に空気が変わるストーリー、そしてそれに続くアクションシーンは絶品! 笑いと緊張の調和といい、各キャ....
2005/11/14(月) 21:40:00 | あしたもまたひがのぼる!
 2006年に入ってからのエントリアップをお許し下さい。  SD(標準放送)でLB(レタボックス)ながら、迫力の5.1chサラウンドステレオ放送で自分を愉しませ
2006/01/03(火) 21:36:07 | 『遍在 -omnipresence-』
これはアニメDSで再現するとこんな感じ スパロボWの影響で「フルメタル・パニック!」に短期ではまった。最近は、ラノベ、ってちょっと陳腐に見えて読む気なかったんだけど、これは別格。アニメだけでなく、原作追いもはじめた。いや、熱いねー。しかも泣ける。...
2007/05/08(火) 13:05:01 | 新・ランタオ島へようこそ