FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
制作者へ要望メールを書くには
 決してスパムもどきやDDosまがいの行為を奨励するのではありません。ですが、ことここに至れば、やはり自分の声を制作者に届けたいという人は増えてしかるべきと思うのですね。でも、毎日記事を上げてるようなブロガーならいざ知らず、普段は仕事(勉強)でも私生活でも文章を書き下す機会が稀な方には、メール一通出す、そのこと自体が大変な難行になると思うのです。

 本日は、制作者に少しでもこの苦しい胸の内をわかってもらいたい、でも文章を書くのは苦手という人のために、言いたいことが真摯に伝わるメールの書き方を考えてみましょう。って、お前は書けるのか>オレ (^^;
 以下は「私が自分でそうしたメールを書く時に気をつけている点」を参考に書いた一例に過ぎず、万人に役立つかと言われれば否、でしょうね。大事なのはやはり「自分の言葉で書く」ということだと思います。その前提で、参考にして頂ける点がわずかでもあるなら幸いです。


【結論を絞る】
 言いたいことを全部言おうとすると、大概は文章が発散してしまって、読んだ後に「結局ナニが言いたいんだ、この人は」ということになりがちです。それを避けるために、結論となる主張は一つ、多くても二つに絞りましょう。

 また、結論を決めたらまず最初に「締めの言葉」とするつもりで書き下してみると、自分の気持ちがよりはっきりします。私自身もブログの記事書きで時々やりますが、先に書きたい結論の言葉を思いついた時には、先にそれを書いてしまうんですね。それを見ながら中段で書く内容を選び、最後の結論に繋がるように書き方を工夫したりすることで、すんなり流れるように読める文章が出来ると思います。


【「感想」と「主張」を混同しない】
 論旨をはっきりさせるためには、「感想」は「感想」、「主張」は「主張」で文章を分けるのが効果的です。このため、「感想」を述べる段落が1つ、「主張」を述べる段落が1つの、2段落構成が最も単純な構造の要望メールとなります。

 他にも、まず主張を短い文でバァーンとぶつけ、続いて感想を細かく書いて、最後にもう一度主張を繰り返すような「アクロバティックなやり方」もありますけれど、普段からそういうのを書き慣れてないと失敗する公算が高いです。不慣れを自認する方は、単純な構造を目指した方が良いものが書けると思います。


【自分の感想をしっかり伝える】
 「感想」部分では、短い言葉でいいので、自分の感じた気持ちを正確に表す言葉を選ぶことが大事です。感情を表す言葉一つにしても「喜び」「笑い」「悲しみ」「怒り」「諦め」など色々なものがありますが、これもいい、あれも入れようというのは逆に感心できません。「怒り」なら「怒り」一本で言った方が、間違いなくストレートに伝わるものです。

 もう一つ大事なのは、「なぜそう感じたのか」をはっきりと書くことです。「この人はどうやら怒っているけど、どうにもこの怒りは筋違いだよね」って読み手が感じては何にもなりません。「ああ、この人はこの点が気に食わなかったのか」という理由を、これも2~3点に絞って明示すると、全体の説得力が増すと思います。

 また、「怒りを基調に書こうとする時、本当に怒りながら書くと逆に大事なことが伝わらない」ことも付け加えておきましょう。理路整然と筋道が通るような、一定の冷静さは持っておいた方が無難です。


【出来上がった文章は何度か読み直すこと】
 「神降臨!」と自覚できるような余程の状態でない限り、極端な話、文章というものはいつまでも完成することがありません。何回読み直しても違和感を覚える部分は次々に出てきますし、一箇所直したことで他に不整合が出てくることもしばしば。

 これはそういうものだと割り切って、意識して何回か読み直すしかありません。よく「第三者が読むつもりで読み直せ」とも言いますが、これは正論ですが意識してやっても難しいので、とりあえず頭の片隅に引っかけておくだけでいいです。大事なのはとにかく「何度か読み直すこと」。これです。


 以下、上記に則った「例文」を一つ作ってみましたので、参考にして下さい。このまんまコピペして送んなよ?(笑)

~~~~~~~~
 この何週かの放映を見て、心底がっかりしています。これまで私が好きだった俳優さんの演技が、今は以前と違う妙なお話のせいで上滑りしているように感じるからです。性急すぎる展開にも違和感がつのります。言外に心が伝わるような良いシナリオに、ぴったりとマッチしていた俳優さん達の演技…そんな日曜朝の素敵なひとときは、8月一杯で終わってしまいました。私の横で食い入るように見ていた子どもも、今は気もそぞろの様子です。

 聞けば製作体制の変更や、番組の路線変更があったとのこと。私は裏の事情は存じ上げませんが、視聴者の気持ちを無視してまでの路線変更にどんな意味がありましょうか。何をどうして欲しいとは言えませんが、以前は作れたものであれば今でもできるはずでしょう。親子ともどもとりこにしていた、以前の雰囲気を返して下さい。お願い致します。

~~~~~~~~~

 …自分っぽくならないように書くのは難しいですね~。いや、これは自分にとってもいい勉強になりました(笑)。お目汚しでしたが、何かの参考になれば幸いです。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 「平等」考 (2005/06/08)
 高速回線への誘い (2005/10/28)
 VIPSTAR公開停止だそうで (2005/12/31)
 ワクテカで全裸タイ○ですよ!! (2009/04/23)
 やめてぇからやめるんだろうが。 (2019/08/15)
 真相は、闇の中。 (2008/09/08)
 天羅地網 (2019/12/25)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/583-18a1ba28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック