FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
ヘタレ考
 「ヘタレ」という言葉が、近年特によく聞かれるような気がしますが、元々の語源とか、意味とかは、あまり考えたことがありませんでした。少なくとも辞書には「へたれ」「へたれる」という言葉は載ってません。似たような言葉で見つかるのは「へたる」~尻餅をつく、疲れて弱る~と、「へこたれる」~気力がなくなって動けなくなる、へたばる~という二つぐらいです。

 図書館などで気合いを入れて調べるほどの気力が無い「ヘタレ」なので(笑)、ネットでお手軽に検索してみたところ、説明したページがいくつかヒットしました。
 まずは「はてなダイアリー」の中に記載が。

 はてなダイアリー~ヘタレ

 これによると、上記の「へたる」が名詞化した関西方言が元である、とのこと。はーそうなのかーとは思いますが、これだけではもう一つしっくりと来ません。そこでもう一声、と思い、あちこちをヘタレなりに一生懸命に検索してみると、「夢を見る 夢を見る 不思議な夜の旅に出る」というブログさんで実によくわかる表現を見つけました。

 へたれ(2005/8/10)

 こちらの記事によりますと、「へたる」が尻餅をつく、という意味を指すことから、高座を掛け持ちせず一つの寄席に一日中へたっている「前座」を指す言葉として関西で「へたれ」が使われるようになり、それが「下っ端」的な意味合いに発展していったものだろうということです。

 何せ私自身が資料を探ったものでないため自信を持って断言することはできませんが、非常に頷ける、面白い話ですね。前述のはてなダイアリーの話ともちゃんと符合しますし。


 さて、以上のことが正しいと仮定して念頭に置き、昨今の「ヘタレ」という言葉の使い方を振り返ってみますと、微妙に変質、或いは意味が拡散している匂いが嗅ぎ取れます。既に「下っ端」という意味からは離れ、「情けないさま」を示す言葉として広く「ヘタレ」と言っているようですね。

 例えば、仮面ライダー響鬼に出てくる「明日夢」というキャラクターが「ヘタレキング」呼ばわりされた時期がありましたが、そのときの印象としては「うじうじしている」「ここぞと言う時に決められない」というイメージがありました。また、同作品で負け続けの「裁鬼(サバキ)」という鬼については、端的に「弱い」ことが情けなさに繋がっていたようです。フルメタル・パニック!シリーズの相良宗介は「はっきりしない」「自分の進むべき道を自分で決められない」辺りがヘタレ呼ばわりの理由なのかなと思いますし、君望(やったことないけど)の主人公・孝之とかスクデイの主人公・誠は「フラフラしていて自分の女をばしっと決められない」のがその所以でしょう。私が自分自身を「ヘタレ」という場合にも、何らかの情けなさをこの言葉にかぶせて自分を見下していることが多いような気がします。

 現状では、「ヘタレ」=「情けないヤツ」という置き換えで、十分説明できそうです。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 15年越しRemix~成人の日 (2020/01/13)
 VIPSTAR公開停止だそうで (2005/12/31)
 不倫の遺伝的要素? (2004/11/27)
 Powerpointとアニメ商戦 (2006/12/12)
 13兆円と、6850億円。 (2011/05/04)
 つまらんスパム事情 (2007/06/25)
 さぁ、投票に行こう。 (2012/12/15)
コメント
この記事へのコメント
あわわ
普通に「屁たれ」だと思っていましたヨ。でも最近の使われ方は「屁たれ」的な気も。て言うか、自分が誰か・何かに対してヘタレって言う場合は「屁たれ」ってイメージしていってしまっているしー^^;
2005/09/29(木) 22:22:48 | URL | ふひ #-[ 編集]
ヘタレは近世上方語の「へげたれ」が語源だと聞いたことがありますが。

・十返合一九『道中膝栗毛』
「乗るならはやうのらんせ。いっきに出すさかい。コレコレわらぢといてのらんせ。えらいへげたれぢゃな」

・式亭三馬『浮世風呂』
「敵めもえらいへげたれめぢゃ」
2005/09/29(木) 22:27:19 | URL | あると屋 #-[ 編集]
語源探索の面白さ
うかつなことを断言すると「ガセビア」になってしまう恐怖と隣り合わせの記事でしたが(笑)、コメントありがとうございます。

>ふひさん

「屁垂れ」=屁を垂れるヤシ
「屁タレ」=屁を芸にするタレント

の2つは、既に「ガセ」として扱われていることが多いようなので、どうぞご注意下さいまし。まあ、印象として残りやすいですし、みんながそう思えばそれが新しい真実になっちゃうのかもしれませんけどね。

>あると屋さん

これは面白いですな。早速、両方の載っているページを検索してみました。

全国大阪弁普及協会
http://www.interq.or.jp/osaka/inside/osakaben/bunpou.html

ものすごくたくさんの語句が載っていますので、ページを開いたら「へたれ」で検索して下さい。「へげたれ」もそのすぐ下にあります。これによりますと、折れたり潰れたりする意味の「へげる」の派生語として「へげたれ」という言葉が生まれたようです。併記してみますと

「へたる」→「へたれ」
「へげる」→「へげたれ」→「へたれ」

となりますので、「へげ~」説の方が変遷の過程が長いことがわかりますね。

現状で私が調べられたのはここまでです。言葉は生き物ですから、いくつかの意味を取り込みながら言葉そのものが変わっていく、ということも少なからずありますし、「へげたれ起源説」も捨てられない感じが致しました。

何か新しいことがわかりましたら、またツッコミよろしくお願いします。
2005/10/01(土) 10:52:38 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/563-4c70fd42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック