FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
宇宙戦艦ヤマト2199コミック版第7巻
 読みましたか、皆さん。コミカライズ2199の7巻。

 今回も素晴らしかったですね。いやもう、今更私が語れるようなことなんてないんですが。

 第6巻で中心を占めた第十四話「魔女はささやく」の展開に続く形で、アニメとは時系列が逆転している第十三話「異次元の狼」のくだりに始まり、シームレスに第十五話「帰還限界点」の展開へとつなげるこのスピード感には、もう存分に打ち震えてよし!という感じです。その一方では、命令違反を犯した古代・私情を山崎にぶつけてしまう島という「若さゆえの過ちに惑う二人」を、ずっとモチーフとして引っ張ったまま緊張感を保ち続け、巻のラスト近くでキレイにまとめて見せるこの構成力には、もう何度絶賛しても足りないくらいの感動を覚えます。

 つーかね、徳川のおやっさんのあの「愛の拳(こぶし)」にはね、もう落涙しかないですよ。いや、個人的には、暴力反対、とも思いますし、鉄拳制裁がいいと言ってるわけじゃないんですが…「子を持つ親として」のセリフの重みがね、もうどうにもたまんなくて。

 あと、アニメとは異なる事情で撤収を余儀なくされるドメル艦隊の描き方にも感心しましたし、その展開の後にデウスーラ爆破を持ってきて見せて、何の違和感もなく先に進めるというこの凄さを、一体何と表現したらいいんでしょう?唯一不満があるとしたら、「また数か月待たないと次が読めない!!」という点のみ。いや、それさえも、ここまで美しい再構築のためと思えば、甘んじて受け入れようじゃないですか!!

 というわけで、大絶賛しつつ、期待にあふれて次巻を待つ私なのです。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 「更新圧」低下中&ドラえもん最終話 (2006/01/20)
 ワンパンマン(ほぼ)一気読み (2016/03/09)
 赤塚不二夫先生、お亡くなりに… (2008/08/03)
 ポチってもうた…。 (2012/01/14)
 神奈とか神奈とか神奈とか (2005/07/04)
 Kanon Visual memories!! (2007/06/29)
 もののけ◇しぇありんぐ (2017/10/18)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/5626-7a6ebcb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック