FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
響け!ユーフォニアム 第三回「はじめてアンサンブル」
 見たのは一カ月ほど前になりますか…。

 レビューを書けないでいたのには、それなりの理由があります。

 …痛すぎて。あまりに痛すぎて。

 私がリアル高校二年生の合唱部員だった時にも、あったんですよぅ。同期の部員の大量離脱劇が。

 この話の久美子たちにとっては「一年上の先輩たちの大量離脱劇」ですけど、私の実体験は、「高校二年生に上がる際の、自分の同期の大量離脱劇」です。いやもう、そんなの、冷静に見られるわけないじゃん。

 あと、な。顧問に不満をぶつける部員たちが、あんまりすぎて、ね。お前ら、基本的な曲もロクに合わないような実力のクセによくもまあ、つーか、部長も副部長も、そんなに部員側に迎合してどうするよ!顧問の言ってることぁすごく真っ当じゃんかよー!…てなことを考えてしまう私は、やっぱうるさいんだろうなー。指揮者でしたしねー、私。
 
 ただ、ですな。

 私の学生指揮者成生活の前半は、ぜんっぜん褒められたもんじゃあありませんで。

 オンガクというものも、皆で奏でることの意義も、全然わかっていませんでした。で、よくわかってないなりに、責任感っぽいものだけは中途半端にあったり、このぐらいまでやればいいんだろうという変な見切りみたいなものもあったりで、それが私のイタさに拍車をかけていたと思います。あれで、知ってるつもりだったんだよね、一通りのことを。

 秋ぐらいでしたか、急に何かに目覚めて、急に自分に足りないものをめきめきと補い始めて、「よくわかっていない高校二年生の若僧」が、「全然わかっていないとまでは言えない、発展途上の若僧」にクラスチェンジしたんですよ。その時のことは今でも結構よく覚えていて、よくもまあこんなこともわかってなくて指揮なんか振ってたなーと少し前の自分にあきれながら、でも次々に開いていく自分の目の前の扉たちにワクワクしながら、文字通り「世界が変わっていく」体験を目の当たりにしたのです。

 ……まあ、そこまででやっぱり「ある程度のことを知っている気になっちゃう」辺りが、そうは言ってもまだまだ未熟ではあったのですけれど。

 あ、自分語りのための記事じゃなかったですね。レビューに戻りましょう。


~~~


 ここで出てくる高校生たちは、私の実体験上にもあったような、何もかも未熟な状況が、赤裸々に描かれている、と思います。娯楽作品には似つかわしくないくらいに。

 私個人は、「こうあった方が良い」という揺らぎないものを、今ではそれなりに手にしていますけれど、高校生当時はと思えば、そりゃもう揺らぎまくりでした。こうした方がいいのに、と思うことはあっても、そうではない、違う方向のものを「この方がいい」と提示してくる仲間との間に、かなりの軋轢を生じましたし、その度に、自己主張のぶつかり合いに苦しんだものです。

 久美子が、どう思うかを尋ねられて顔を背けながら答えを濁すシーンとか、もうね、すんごくよくわかったりするわけですよ。久美子自身にも、漠然とした「こうしたい」「こういう方向に進みたい」というものがあるはずですが、それを自己主張として出すことに、そしてその結果が周りとの軋轢を生むことに対して、すごく消極的です。同時に、その消極的な自分を「それがベスト」と思っていないらしいのも、すんごくよくわかる。

 そういうものを経ての、麗奈のあのトランペットソロと、あの叫びがねぇ…。

 何がどうだとか、一切言わない。ただ、その悶々とした行き場の無い思いだけを、音の調べに乗せて、声の限りに乗せて、世界へと放つ…。

 ズルいですよ。こんなん、共感しないわけがないじゃないか。


~~~


 この作品が、自分のかつてのリアルにもあったような痛さを引き続き描いてくるだろうということが、私を視聴から微妙に遠ざけていました。

 でも、その中で、何かの救いを必ず書いてくるだろうことも、何となくはわかっています。

 どの道、「見ない」という選択肢は無いですから…今からでも、追い付いていこうと思います。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 らき☆すた 第18話「十人十色」 (2007/08/07)
 仮面ライダー響鬼 三十七之巻 「甦る雷」 (2005/10/23)
 大笑い海水浴場、じゃなくて。 (2012/10/18)
 今こそ立てよナユキスト諸君!! (2009/08/07)
 かんなぎのDVDが予約可能に。 (2008/09/19)
 重い重いと嘆くよりも… (2008/07/07)
 プリキュア#47話「最強戦士登場!っても~ありえない!!」 (2005/01/16)
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ!
AIRの頃から京アニ作品のレビューといえば、てりぃさん!と言うことで毎回楽しみにしてるのですが・・・・

ユーフォニアムも回を重ねる毎にギアがガンガンに入ってすんごいことになってますよ!
遅れてでもまとめてでもいいので、てりぃさんのレビュー楽しみにしておりまーす!
2015/06/26(金) 06:59:44 | URL | 通りすがりの関西人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/5542-25e2e50f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック