FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
アリシア・YがKindleに出てる?!
 残業して帰宅してソファでうたた寝後に再起動してこの時間、こんな生活してたら体ボロボロになるぞという話はさておき。

 すぐに眠れそうには無かったので、PCを起動してあれやこれやと眺めておりましたら…後藤寿庵氏のアリシア・YがKindleに?!迷わずポチりましたよ、ええ。氏の初期作品の中でゲットできないでいた一冊なんですよ。中古もずっとウォッチしてたんですが、値段が高いか安いか以前の問題で、品薄過ぎてほとんど売りに出てるのを見かけないという有り様で。

 氏の初期作品でしか読めないような独特のギャグセンスを交えた作風は、大学時代にぞっこんハマったものですが、でもその後、そういう作品は全然無くなっちゃって、18禁のものばかりのエロ一辺倒になってしまったのが、個人的にはすごく残念でございました。シャーリー・ホームズ辺りが転換期の最後の作品だったのですかね。あれは18禁要素もあったけど、呼吸をするような寿庵ギャグが堪能できてうれしかったのですけれど。

 アリシア・Yは、多分当時としてはまだ「その筋の人しか突っ込んでいかない」ような、クトゥルフ神話などのモチーフを使った、半シリアスものだったと思います。今や、クトゥルフという単語は知らなくても「ニャル子さん」はみんな知ってたりするんで、まあ、時代は変わったなぁと遠い目になってしまいますが…。私自身もクトゥルフはほとんど知らないんですけどね、でも弟が高校ぐらいの時からすんごいハマってたのを横で見ていましたから…とっとっと、話が逸れました。アリシア・Yはそういう時代の作品ということで、「スタンダードの枠に収まっていない」ような、作者の突出した部分が色々と垣間見える位置付けの作品ということも出来ましょう。まあ、多分、そういうアレコレを脇に置いておいても、久々に読む「あの頃の寿庵作品」は、私を変わらずワクワクさせてくれるはずです。いや、さすがに今日これから読んだりはしませんて。すごく今夜は冷えますし、もう寝ますわ。うー寒いすねぇ部長。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/5467-fda7d5ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック