FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
「特撮ゼロ」創刊準備号!
 かなり前のことですので、最近の来訪者の方はご存じないかもしれませんが…以前私は、「Next Hibiki Project」という、仮面ライダー響鬼の続編を願う活動に参加していました。そこでご一緒していたのが、有名な特撮ファンブログ「特撮ヒーロー作戦!」の管理人のツバサさん。そのきっかけとなった響鬼の路線変更と言えばほぼ9年前。思えば遠くへ来たもんだ、でありますが、それはさておき。

 そのツバサさんがこのたび企画で主体的に関わって、新たな「特撮応援雑誌」が創刊されました。その名も「特撮ゼロ」。全国の書店で8月1日から、創刊準備号たるVol.00が発売されているそうです。

 私は、近所の書店に並ぶか自信が無かったのと(なんせ北海道ですしおすし…)、こういう会社の立ち上げ時ってスタートの資金繰りが大きな懸念事項の一つなんだよなぁ、ってのとで、こちらの告知サイトから年間購読で申し込ませていただきました。そしたらあっさりと、ツバサさんに個人特定された模様で…そりゃあ、北海道からの年間購読申込みってなりゃあ、これはてりぃだな、と思われる可能性は高いですが…もう悪いことぁできねぇな(ナニ)。

 その創刊準備号が、土曜日、我が家に到着しました。暑さにやられてすっかりバテていたため、実際開いて読み始めたのは日曜日になってからですが…いやぁ、濃いこと濃いこと。まだ半分しか読めていませんが、実に濃いです。
 
 何が濃いかって、この雑誌の制作に関わっておられる皆様の、「特撮が好き」って気持ちが、すごく濃いままの形で盛り込まれているんです。

 特撮に限りませんが、アニメ雑誌にしろアイドル雑誌にしろ、そこにはやっぱり「宣伝」としてのコンテンツがどうしたって入ってくるんです。しがらみ上で入れなきゃいかんもの、しがらみはないけれど制作の資金を集めるためには入れなきゃいかんもの、まあ色々とありますが、明示的・暗示的を問わず、世に売られている雑誌には必ず宣伝の要素が付きまといます。

 ところが、この「特撮ゼロ」には、そういう「宣伝」から感じる空気がほとんどナイ。無いんですよ、全然。どこを読んでも、そこから感じ取れるのは「対象となっている作品への、熱い思い」だけです。あれ、そう言えばこの雑誌、CMページもCMコーナーも、全く見当たらないよ?!どういうことなの?!

 その熱量は、特撮ものから現在は足が遠のいている私の心にも、何だか熱いものがこみあげてくるほどなんです。今回特集が組まれているのは、まさに日本での新作公開のタイミングであるゴジラと、これも二期放映が始まったばかりのウルトラマンギンガについてなのですが…申し訳ないことに、私はどちらもほとんど体験がありません。にもかかわらず!この雑誌の記事を読んでいると、「やべぇ、面白そうじゃん…見てみようかな」って思っちゃうんですよ!そのぐらい、ここに投入された思いはアツいんです。

 当初、この本の購入はするけれど、このブログでの紹介記事は書かない予定でした。今の自分のような中途半端な立ち位置では、多分、内容を上手くご紹介できないだろうと、そう思っていたもので。

 ですが、やはりここは書かざるを得ません。

 それは、ツバサさんにはかつて散々お世話になったからとか、そういうことではなくてですね…とにかくすげぇ雑誌なんですよ、これ!内容を知ってるか知らないかなんて関係ない、それでも伝わるものがたくさんあるんですから!「特撮ファンの、特撮ファンによる、特撮ファンのための雑誌」ですよ!ここまで純粋な「好き」を貫いた雑誌がかつてあっただろうか、いや無い!(反語)

 紙面の両脇のスペースに、Twitterで集めた「自分の好きな怪獣」がまとめられてるところとか、読者で作るコーナーを含む昔ながらの雑誌の要素が盛り込まれているところなども含め、自分のようなものにはすごくよく手に馴染み、ページをめくるのが楽しくなる、そんな雑誌です。ビジュアル重視で宣伝要素の勝つ一般的な雑誌とは、何もかもが違います。文章から途方もない熱量を感じつつ、自分と共通するものを見つけて喜びたい人にはうってつけの本ですよ。

 創刊号となるVol.01は少し遅く、12月発売を予定しているそうです。本格始動に向けて、制作陣の皆様は忙しい日々が続くのだと思いますが…是非とも頑張っていただきたい!微力ながら、私も応援し続けたいと思います。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 memorialの特製ケース、届いた。 (2010/01/25)
 絶妙の間合いを楽しませてくれる文が読みたい (2014/01/25)
 「クドリャフカの順番」から「ワイルドファイア」までを読了 (2012/11/27)
 図南の翼を再読した。 (2019/05/16)
 水滸伝 / 横山光輝 (2005/08/02)
 「背すじをピン!と」がものすごく面白い (2016/12/03)
 雪風を読み進めてみたり。 (2013/04/09)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/5315-d986672e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック