FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
めぞん一刻 / 高橋留美子
 Kindleのコミックスが30%オフセールをやっていて。

 他に手を出せる娯楽の類が少ないこともあり、前から入手したかった「めぞん一刻」を怒涛の勢いでクリックしつつ、すごい勢いで読み進めています。

 いやー、やっぱいいわー、これ。

 響子さんは、女神ではありません。女神ではない、と思います。女神と呼ぶには、人間的に過ぎるんですよ。酔った五代君に無理やり抱えられて部屋に連れ込まれた時には、危機におびえながらも自分の中に何かがあったことを思い、「女だな……だめだわ…女ってだめだ」とか悩んじゃうんですもの。

 で、そんな響子さんの「人間的な描写」が、すごく好きなんです。

 他にも、こずえちゃんと五代君の仲に嫉妬して叫んだり、三鷹にも五代にも愛想を尽かしてわがままこいたり、両親に管理人をやめさせられそうになって意固地に刃向かったり、今改めて見ると、結構アレな響子さんがあちこちに描かれています。見ようによっては、相当身勝手な女性、とも映ると思います。だが、やっぱりそれがいい。…いや、違うな。そういう姿が描かれてこそ、それでもなお「自分がどうあろうとするか」に悩んだり揺れたりする響子さんの行動に、ぐっと来ちゃうんですよ。

 そこに、フィクションの中に再構築された、リアルな女性の要素が香るからなんですね。

 僕ぁやっぱし、「都合の良い虚構の女性」ではなく、「自分の意のままになるわけではないけれど、そのままの素の女性」が好きなんだと思います。突き詰めると、「俺の嫁は宇宙一スイイイイイイイイング!!」ってことなんですけどね。(ぇー
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 コミック版「智代アフター」 (2008/01/01)
 「時の娘」、読了。 (2009/10/17)
 とりあえずあ~るの10巻を読んだ。 (2018/08/28)
 エヴァンゲリオン第11巻 (2007/06/20)
 planetarian特典小説、一般発売へ (2008/10/01)
 「中二病でも恋がしたい!」を読んで (2012/10/04)
 氷菓 限定版 第9巻に、文庫未収録のあの話が! (2013/02/26)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/5161-3b165164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック