FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
境界の彼方 第9話「銀竹」
 「銀竹」は、「つらら」を表す言葉、だそうです。

 作中でどの部分が「つらら」に当たるのか、明示はされませんが…色々と思いを巡らせられる幅はちゃんとありますね。例えば、「氷のように冷たい」「鋭角に尖った」なんて辺りは、藤真や泉の抱く悪意に通ずるものがありますし。この二人の描写については、前回のレビューでも触れたんですが…更にそのベクトルが突き抜けてきていて、い~い感じの悪役加減をバンバン振り撒いてくれます。

 京アニ作品って、悪意あるレギュラー陣の登場回数は、決して多くはありません。パッと思いつけるのは、フルメタルパニック!The Second Raidにおけるアマルガム陣営と、MUNTO様シリーズにおけるジジイ連中くらい、かな。どちらも、この10年の京アニ作品群の中では、割と古い方になりますね(MUNTO様は始めてから完結までが長いのですけれど)。

 それらに比べると、今作におけるこの二人の「厭らしさ」は、一線を隔すものがあるように感じられます。より微細な表情づけがなされていて、憎らしいほどに「人間的」。生々しさ、と言い換えてもいいでしょう。見ていて、うっわー、殴りてぇ!と思っちゃうような何かが、この二人の描写には感じられます。単に行動がアレなだけでは、この感情は呼び起こされないと思うので、やはりこれは「描写力の勝利」なのだろうなと。いやー、ホント、殴りてぇ。
 
 閑話休題。

 「つらら」についてもう一つ、可能と思われる解釈は、「栗山未来の心情」として読み解く方向のものです。

 「つらら」には、先に挙げた「氷のように冷たい」「鋭角に尖った」という特性の他に、「熱により融ける」という側面があるんですよね。これが、今話で垣間見える「栗山未来の心の揺れ」という部分にピッタリはまるなぁと。

博臣「アッキーを、殺すんだな」
未来「…はい」
博臣「最初から、それが目的だったんだな!」
未来「…はい」


 これは今話終盤での対話ですが…この「最初から」という言葉、微妙に何を指してるのかがわかりづらいですね。しかしそれは順当に考えれば、学校で始めて秋人と会う前から、ということになるでしょうか。

 出会い頭に、いきなり秋人を血の刀で刺した。

 その後も秋人をつけ狙い、隙あらば倒そうとしていた。

 この辺の、今まで微妙に「真意がよくわからない」ように思われていた未来の行動が、「のちに神原秋人だとわかるこの妖夢を、栗山未来は最初から殺すつもりでこの学校に来た」という前提で振り返ると、実によくわかるようになるんですね。

 慣れ合うつもりは、なかったのでしょう。

 ただ、無視できなくなってきたんです、未来は。自分の中に育っていく、神原秋人というヒトの存在を。

 自分と同じように、異(い)なる者としての苦しみを抱えて生きる、神原秋人というヒトが目の前にいることを。そしてそのヒトが、自分の苦しみを理解してくれることを、共有してくれることを、自分との間で様々な関わりを豊かに広げてくれることを。

知らなきゃよかった…。


 凍てつく氷の刃だったかもしれない彼女の心は、秋人に触れて、ちょっと融け始めていたのだと思います。秋人のヒトとしての部分、その熱によって少しずつ、しかし確実に、未来の心は緩やかに融けていきました。恐らくは、そのままでもいいかもしれない、と、未来は思っていたでしょう。

 なのに、また、「秋人を殺す」という当初の目的に、未来は向き合わざるを得なくなってしまった。もう彼を、ただの妖夢として見ることはできなくなっているのに。禍々しい姿で力を振るう最中でさえ、彼の「ヒトとしての顔」が自分には見えてしまうのに。


 その迷いを断ち切るように。


 涙も思い出も、見えなくしようとするように。


 未来はメガネを外します。


 緩やかに融け始めていた自分を、今一度「銀竹」に戻そうとする、その悲壮な決意よ…。


 絶叫とともに、「妖夢」へと駆け出す未来。その血の切っ先が突き立てられる、運命の一瞬へと向かって、微分された時間が収束していって…!



 ラストカットに至る一連のシークエンスは、「さすが」の一言でした。ED曲のイントロが始まった時点で、もう終わりってことはわかってるのに、いや、わかってるからなおのこと、あの最後の一瞬に向けてのボルテージの高まりは、見る者を激しく悶えさせます。

 死んじゃうのかなぁ、秋人。でも、7巻までの発売が確定しているこのシリーズ、仮に番外編が予定されているとしても、少なくとも3話から最大5話くらいまでは先があるはずなんですよね…。

 どのように「二人の物語」を紡いでいくのか。目が離せません。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 劇場版CLANNADに臨むにあたり (2007/09/15)
 フルメタTSRはサイコーだよね、というお話。 (2009/09/06)
 けいおん!!(二期)のメディアの予約が始まってますな… (2010/04/10)
 フルメタル・パニック!IV 第6話「腐敗のまどろみ」 (2018/05/30)
 SAO WoU 第7話「失格者の烙印」 (2019/11/26)
 ツルネ第2話を見て。 (2018/10/30)
 Kanon 第11話「光と影の間奏曲~intermezzo~」 (2006/12/15)

テーマ:境界の彼方 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/4987-b3985791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
境界の彼方 9話「銀竹」 の感想を 知ることで人は強く賢くなれると、誰かが言っていた気がする 知識は人の人生を豊かにするし、磨いた技はどんな時でも人を裏切らない でも弱くなってしまう事も、あるかもしれない 『 境界の彼方 』のオフィシャルサイトはここから
2013/12/02(月) 05:15:59 | おもしろくて何が悪い
秋人の中に、境界の彼方が… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311280001/ 【送料無料】別冊spoon.(vol.43)価格:1,290円(税込、送料込)
2013/12/02(月) 05:59:33 | 日々“是”精進! ver.F
境界の彼方 第9話 「銀竹」です。 「知らなきゃ良かった---」 うちのブログは
2013/12/02(月) 07:01:25 | 藍麦のああなんだかなぁ
彩華(CV:進藤尚美)と藤真(CV:松風雅也)が対峙しているところに、泉(CV:川澄綾子)が現れて藤真とやり合います。 一方、意識のない秋人(CV:KENN)は、どんどん妖夢化して行って・・・ 凪が来ていて妖夢の力は弱まっているはずなのに、どうして? 一緒にいた愛ちゃん(CV:山岡ゆり)は・・・ 心配になった未来(CV:種田梨沙)が駆け付けた時には、秋人は妖夢化してい...
2013/12/02(月) 07:24:35 | ぷち丸くんの日常日記
第9話「知らないぬくもり」 夏なのに地上に降る雪。 特に異常気象だと騒ぐ様子がない。この世界では夏の雪は異常事態ではないのか? お船引きの話は物別れに終わったが、自分たちだけでもやり遂げようと盛り上がる中学生達。 対して海ではうろこ様を囲んでなにやら深刻な話し合いの場が持たれる・・・ おじょし様を乗せる船は紡のおじいさんが貸してくれることになり、みんなでお船引...
2013/12/02(月) 07:39:32 | いま、お茶いれますね
『銀竹』
2013/12/02(月) 08:17:51 | ぐ~たらにっき
「栗山さん、秋人くんを発見次第殺しなさい」 妖夢の力が弱まるという「凪」がきた。 半妖の秋人も例外ではなかったようだが、 なぜか人間の部分まで弱まり、眠りについてしまう。 人間の部分が弱まってしまったのは、泉が何かしたからなのだろうか?
2013/12/02(月) 09:29:42 | ジャスタウェイの日記☆
「銀竹」 栗山さん、秋人くんを発見次第 殺しなさい…
2013/12/02(月) 11:17:05 | 日影補完計画
アッキーの中には◯◯◯◯◯が隠されていたんだよ( ゚д゚ )クワッ!! \な、なんだって〜!/回でした。 妖夢化した時の強さを考えれば妥当な気もしますが、流石にこの設定だと半妖だからといってアッキーを討伐せずにいるのはマズいようにも感じられるので如何なものか?というのが...
2013/12/02(月) 11:35:37 | gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
境界の彼方とは何なのかが、明らかになってくるお話でした。眠っていた秋人は、妖夢として覚醒してしまいました。凪の影響で妖夢の部分が弱っていた秋人ですが、それ以上に
2013/12/02(月) 17:07:46 | 日々の記録
「それでいい。信じるな、疑え。」 貝木かっけえな! グラサン+アロハも似合ってたけど、スーツ姿も渋くて素敵だw 撫子の心の裏側を一度の家庭訪問と会話で捕らえるとかパネェ。人の心や立ち居地を的確に捉えて自分の思うように会話で導くか・・・人心掌握に長けててwktkしちゃう。まぁ、その力の使い方が詐欺なんですけどね(;´∀`) 宗教とか出来ちゃいそう。
2013/12/02(月) 20:13:31 | 猫が唸る感想日記
あらすじ・・・未来が写真館へと急ぐと、そこには凪の影響を受けた秋人がいた。 未来や美月、そして博臣は秋人のことを心配しながらも、不安を感じていた。 そして泉は未 ...
2013/12/02(月) 22:45:24 | 続・真面目に働くアニオタ日記
境界の彼方 第09話 『銀竹』の感想。素晴らしいヌルヌル戦闘の連続でした!と言いつつ、太ももを追いかけた感想です。 走る未来ちゃん アッキーの元へ走る未来ちゃん。スレンダーな未来ちゃんらしい良い太ももです!(*´Д`)ハァハァ 部屋に到着すると・・・ 事後っぽく横たわる愛ちゃんと妖夢化してヤリ逃げする寸前のアッキーがいました。どうでもいいことですが、愛ちゃんは事におよぶときは、本来のお姿に戻...
2013/12/03(火) 09:24:46 | 日々是深夜アニメ
【銀竹】 境界の彼方 (1) [Blu-ray]出演:種田梨沙ポニーキャニオン(2014-01-08)販売元:Amazon.co.jp 先輩の事、知らなきゃ良かった・・・ 
2013/12/03(火) 12:26:16 | 桜詩〜SAKURAUTA〜
ぬくみ雪って結局なんなのだろうかね~ 地上にぬくみ雪が降った。 これは事件の前兆? というか、ぬくみ雪は、海の人が降らせた? 凪のあすから 第2巻 (イベント応募台紙付き 初回限定版) [Blu-ray](2014/01/29)不明商品詳細を見る
2013/12/04(水) 13:05:45 | キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記