FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
仮面ライダーウィザード放映終了に寄せて
 すいません、ウィザードはちゃんと全部見てはいないんです。昨年12月上旬辺りまでは視聴済みですが、それ以降は録画してはあるものの「積ん視」状態という有り様で。

 理由としては、私自身の生活の上で見る余裕がなくなったというのもありますが、初回放映を見た時から、何となく自分には合わないパターンのライダーだな、とは感じていたんです。何週か続けて見ても、結局その辺のモチベが湧いてこなかったのが大きかったのかな、と思っています。一応、その後の録画も残してはあるんで、そのうち見てみるかもしれませんが…。

 ただ、ラスト2週が番外としてディケイド編になる、と聞いたので、これはフォローしておくべきだろうなと思い、先週と今週だけ、ほぼリアルタイムで視聴してみました。実に良かったです。仮面ライダーが総じて悪の力の源と同じもので変身する存在である、という部分をピックアップし、それは正義ではないかもしれないが人々の自由のために戦うのだということへ繋げて、最終的に「ウィザードが絶望を希望に変えるライダーであること」に帰結させたのは、素晴らしい展開だったと思います。あと、CM前の必殺技ラッシュは、単純にそれだけで燃えましたなー。CM後の巨大CGラッシュや、ラストの最強フォームラッシュよりも、通常フォームでの必殺技ラッシュの方が燃えたのはどうしてなのか、自分ではよくわからないんですけどね。

 あと、「仮面ライダーが総じて悪の力の源と同じもので変身する存在」という点について、響鬼は異を唱えられることが多いと思うんですが、これについて一言。
 
 響鬼は他のライダーと違って、「敵の出自」というものがかなり曖昧です。魔化魍という存在は最初から出てきますが、それを生み出しているものが何なのか、最終回に至っても「示されないまま終わった!」と感じた方は多かったようで、多少なりとも読み解きが必要です。また、変身するために何を使っているかも、同様に曖昧なんですよね、「鍛える」って、それだけかよ!と。

 実はストーリーの中で、「悪意はどこにでも存在する」という言及が何度かなされているんですな。魔化魍は、自然の中の穢れみたいなものが凝り固まって生まれる怪物なのですが、これもまた「どこにでも存在する悪意」の一つなのですよ。人間もまた、悪意とは無縁ではいられません。しかしその悪意を抑えて、前を向いて進めるように「自分を鍛える」ことで、鬼たちは力を手にしているわけです。「人間を含む自然そのもの、そのどこにでもある悪意」というのがキーワードになるかなと、そういう感じですね。

 こじつけっぽく聞こえるかもしれませんし、元々響鬼は「仮面ライダーをやめて変身忍者嵐にしよう」という企画からスタートしているなど、仮面ライダーとしてのつながりは平成シリーズ中で最も小さい、ということもあります。ただ、その辺を補完するサイドエピソードもいくつか世に出ているので、ご紹介しておきましょう。

 一つは、仮面ライダーディケイドにおける、いわゆる響鬼編である第18話・第19話。ここでは、力が暴走して制御しきれなくなった結果、自らが魔化魍と化してしまう鬼が登場します。それが誰なのかは、見ていただくことにして。鬼の力が魔化魍の力と同種のものであることを、しっかり明示しているエピソードです。

 もう一つは、今年に入って順次発売された平成ライダー小説版の響鬼編。ここでは、響鬼の当初プロットであった変身忍者嵐とのコラボが実現されているんですが、その中で「悪の存在である化身忍者たちは、鬼の力の秘密を転用して生み出された」という展開が用意されています。また、その研究の中から人為的に魔化魍を生み出すことも可能になっていて、鬼の力と魔化魍の大元が同じところから来ている、ということの理解を助けてくれますね。なお、この小説版は、テレビで放映されたヒビキさんも劇場版で出てきた大昔のヒビキさんも出てこず、江戸時代の吉野にいた若者のヒビキが主人公です。若くて、朗らかで、でも悩んだ上に自分の結論を掴む、そういうヒビキです。これはこれで実に燃えます。テレビのヒビキさんもそういう「乗り越える過程」を経て、あの強さを手にしたのかなぁ、とかね。

 …全然ウィザードの話をせずに、響鬼の話ばっかりになっちゃいましたけど、ウィザードのシリーズ構成・メイン脚本のきだつよしさんが、この響鬼の小説版を書いておられるので、きださんつながりということでご容赦いただければ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 仮面ライダー響鬼 六之巻 「叩く魂」 (2005/03/07)
 ウルトラマンメビウス 最終三部作 II 「絶望の暗雲」 (2007/03/26)
 涼宮ハルヒの消失・封切りに向けて (2010/01/31)
 使徒はどこまでも続いていく (2006/07/21)
 ハルヒちゃん十七わ・十八わ&ちゅるやさんそのきゅうっ (2009/04/11)
 今週の火曜日は。 (2010/07/25)
 日常の第10話 (2011/06/06)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/4868-75f91ced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック