FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
レールガン最終話見終わりました。
 大団円でございましたね。

 最終話としては、前半がかなり詰め込んだ感じがあり、駆け足という印象が否めませんでしたが、見せ方としては「あり」だと思います。終盤にかけての、全てを収束させていこうというあの構成のためと思えば、全然オッケー。オールスターを交えながら、御坂美琴が辿り着いた執着地点へと導いていくこの流れの、何と美しいことか…。あと、ロボット変形のシーンと、超上空向けて打ち上げるシーンは、どうやら私の深奥にある何かにダイレクトヒットしたようで、両眼からダバダバと滝が…。

 シリーズ通して振り返って、単体で言うならば、やはり14話の「約束」が突出していたかなと思います。あのひっくり返しの落差と、細部にわたる演出の冴えには、すっかり持っていかれてしまいました。今見直してもダダ漏れる自信があるくらいです。で、確かに14話は突出していましたけど、それ以外の話もいいところいっぱいありました。

 21話のAパートラストとかも、震えが来たくらい素晴らしかったですわ。この話は美琴がまた闇に立ち向かわなきゃならん、というのを提示する話でもあるのですが、それ以上に「一人ではなく友人たちとともに」ってことを決心する回でもあります。で、そういう話にわざわざ「闇」ってサブタイトル付けておいて、ですよ。Aパートラストでは、友人たちに真実を告げて、でも危険があるkら無理をしないでって言いかけるのに、当の友人たちは当然のように「どうやってフェブリを助けるか」を相談し始めてるんですね。それを見て美琴がふっと笑った直後に、アイキャッチで「闇」のサブタイトルをスパッと出してくるんですからもうもうもう…。

 挙げだすとキリがないんですが、ホント、この2クールの間、楽しませていただきました。スタッフの皆様、お疲れ様でした&どうもありがとうございました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/4866-a9055875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック