FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
良くも悪くも、世界は一つ。
 数日間のご無沙汰でございます。え?いや、生きてますよ、一応。まあ、けちょんけちょんに絞られた上で仕事が延期=延長になったので、苦しみは緩く長く引き伸ばされることになりましたが。orz

 さて。

 2ちゃんねるの情報流出で人生オワタな状態に陥っておられる方が、少なからずいらっしゃるようです。

 それを耳にして、良くも悪くも、世界は一つなんだよな…てなことを思ったりしています。

 私は、「現実」「ネット」の間にある境界線を、それほど強固なものと思っていません。それが「内輪」「外界」であっても、「二次元」「三次元」であっても同じことです。いや、それらを混同しているってことではなくて、ね…「ネット」の上で生じていることと「現実」の上で生じていることとは、それぞれ微妙に影響し合うんですよね。完全に分離できる、なんてことはあり得ないのです。もちろん、緩いレベルの境界線はありますから、即時に双方が同期されるってこともないんですが…こうして情報流出によって、「誰が何を書き込んだのか白日の下に」なんてのは、ああ、そうだよね、あっても不思議じゃないよねと、そう思ってしまうのです。

 だから、「記名の下でなど到底できないことは、匿名の下でもやっちゃいけない」とか、「バレたらマヂで困ることは誰も見てないと思ってもやらない」というようなことは、最低限のリテラシーとして持たなきゃダメだろうと、そう思ってきたのですよね。もちろん、感情に走ってしまってその一線を越え、人から諌められるに至ってものすごく後悔した若き日の過ちなんてのも持っていますが…。

 こんだけ鬱屈することが多い世の中だから、バカやって発散したいとか、匿名でグチを垂れ流してすっきりしたいとか、それはわからなくもありません。また、あまり同意はできないけれど、顔の見えないところで第三者を攻撃して憂さを晴らしたい、という衝動に駆られることも、まあ、あり得る話でしょう。ただ、それを現実にやっていいかどうか、ってとこの、自分の中での線引きの話なんだよね。私自身は、後でバレてしっぺ返しを食らうのもイヤだし、それ以前に「自分が自己嫌悪に陥りそうなこと」は避けて通る傾向がありますので、今のところは平穏無事です。

 いずれにしましても…自分が、現実の自分と完全に切り離された状態で存在できる「別世界」のようなものは、良くも悪くも、ここには存在しません。どれも「私」ですよ、一定の責任と権利が、「私」の名の下に必ずついて回ってきます。そのことを嘆いても始まりませんし、その前提で生きていくしかないんですよね。そのことに改めて意を強くしつつ、一連の事案が収束した後の世界がもう少し良くありますように、なんてことを思う今日この頃です。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 クリスマス・イブなわけだが。 (2010/12/24)
 「○○に、大きく発展する可能性があるとしたら」 (2012/12/11)
 ReplayGain (2016/06/29)
 自分で付加価値を加える (2018/09/04)
 さぁ、投票に行こう。 (2012/12/15)
 残業問題。 (2017/12/07)
 言ってない、言ってないよ?! (2005/06/29)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/4814-14c09141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック