FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
ヱヴァQのBlu-rayを見た。
 昨夜遅くから見始めて、午前3時半ぐらいに見終わりました。そのスケジュールがそもそもアレですねそうですね。

 …まあ、滅入る作品ですね、色々と。TV版第弐拾四話と比較しちゃうと、自分の中では明暗がはっきり分かれます。

 今作にもベートーヴェンの交響曲第九番第四楽章が使われているわけですが、私個人の感想としては、上手く第九を使えてる方という点でも、TV版第弐拾四話の方に軍配が上がりますかね。僕の気持ちを裏切ったんだ!(でも憎み切れない)というジレンマが、「おお友よ、このような音ではない!」と歌い始める歌詞によって、更なる深みを与えられていた気がします。まあ、今作のも、「(僕ら二人は)こんなことを願ったのではない!」という意味では正しく使われている、とも思えるわけですが、やっぱ、ね、あの「ねじ切れてしまうんじゃないかと思えるほどのジレンマ」がね、好きだったもんですからね。

 ただ、「使徒だったのだから仕方が無い、でも自分で手を下したことに変わりはない」というTV版よりも、「友の制止を聞かずに自ら引き金を引いた挙句、その得難い友を死なせてしまった」という今回の展開の方が、シンジの抱える苦しみはずっと大きいのかな、とも思います。それがそのまま、見ている観客に迫ってくるものだから、そりゃあ滅入るよ。それを描こうとしたのであれば、目的は十分に果たしているんじゃないですかね。それが受けるか否かは、また別の問題になるんですがね。

 やっぱし、最終作の展開次第かなぁ。旧劇場版も相当滅入って、でもその中から光るものを自分なりに見つけ出そうとした(そして何か見つかった気はした)覚えがありますが、同じことを今やると、かなりしんどいことになりそうな予感。歳を取るとね、こういうのはなかなかキツいんですよね…。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 「あの花」をようやく最後まで見た。 (2016/01/08)
 消失の進捗・その2 (2010/02/10)
 7回目っ! (2010/02/27)
 今晩から氷菓放映開始。 (2012/04/22)
 AIR 第十話 ひかり -light- (2005/03/11)
 今週末って、SWの廉価版BOXの発売じゃないか。 (2015/11/11)
 仮面ライダーディケイド 第14話「超・電王ビギニング」 (2009/04/26)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/4638-fc88ce47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック