FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
トップをねらえ!コミック4巻
 今までも何度か記事に書きたいと願ったことはあったんですが、なかなか思いをぶつけるタイミングが合わなくて、そのままになっていました…。以前にもあったような、元祖トップのその後を描くものやサイドストーリー、スピンオフ的なものではなく、元祖トップのオリジナルそのもののコミカライズ作品です。

 好きです、これ。大好きですと言ってもいいです。

 もちろん、私もアニメの原典は大好きですし、あれにとって代わることがそう簡単にできるとは思ってません。アニメと等価のものがこのコミック版にあるとも言いません。

 だけど、あえて言いましょう。このコミック版には、アニメの原典を知っていればこそ、読むべきところが数多くあります。それを味わわずに済ませるなんて、ヒジョーに勿体ないと思うんですよ。

 OVAの30分6話で編まれた原典は、その限られた枠の中で、いわゆる「お約束」や「定型句」を上手に使いながら、怒涛のように走り抜けるというスタイルで書き上げられています。だから、例えばノリコとキミコの間の友情・絆の深さは、非常に短い時間で最低限しか描かれていません。このコミック版は、そういう「隙間の部分」を取り上げ、独自の解釈で補完し掘り下げて、全体を再構成する手腕がグンバツに上手いんです。結果として、そこに表現されるグルーヴは、アニメのそれとはだいぶ異なるものになっていますが…表現手法の全く異なる媒体上で、しかも神格化された作品を改めてコミカライズするにあたっては、この手法は大アリだと思うんです。
 
 そして、そんなさ中にですね、作者のかぼちゃさんはいくつか爆弾を仕込むんですよ。この破壊力が、実にハンパない。洒落にならんのですよ、原典を知っている者としては。

 未読の人のために一部白字で書きますが(ネタばれを読んで構わないって方は選択反転でお読みください)…例えば1巻(OVA第1話に相当する)においては、こんな展開が描かれるんです。ノリコがカシハラに勝った後、ノリコが自分の傍からいなくなってしまうことを悲しむキミコが、学校に来なくなるんですよ。でも、ノリコと話をして立ち直ったキミコは、出発の日に改めてノリコをきちんと送り出そうとするんですよ。その時に、ノリコに一つのプレゼントを渡すのですが…それは「懐中時計」。時計ですよ?先行きに「時間」が関わってくるこのトップにおいて、それがどんな意味を持つか!しかも、その蓋を開けると、裏には文字が彫られていて…そこに書かれているのは…



「大切な時をずっとノリコと共有できますように キミコ」



 どぐはあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!

 なんつーことを!なんつーことをするかなぁ!他にも、OVAのラストを知ってたらたまんないネタとかも仕込んであって、ほとんどハメ技に近いようなシロモノなんですよ!

 2巻(OVA第2話相当)にも、どエラいネタが入ってました。家族がいなかったら、間違いなく声上げて号泣してたと思います。3巻(OVA第3話~第4話の終わり近くまで)は、展開もやや早めでちょっとおとなしかったかなと思いますが(戦闘部分がアニメほど映えないのは、やむないところもあるとは言え、ちょっと残念かな)、今回発売になった4巻(OVA第4話終盤~第5話相当)でまた、いくつか個人的にとんでもないと感じた爆弾がいくつかあって…。

 半年後ぐらいに出る5巻で完結の模様です。あの神展開に、かぼちゃさんは一体どう挑むのか。今から非常に楽しみにしております。愛あるリメイクにこうして触れられるのは、実に幸せなものですね。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 コミック版「智代アフター」 (2008/01/01)
 名雪さんmemorialが!!!!! (2009/03/21)
 Kiss × sisの15巻を読みましたが。 (2015/11/11)
 よつばと!13巻、無事にゲッチューしてます (2015/12/02)
 時が新しかったころ/ロバート・F・ヤング (2009/10/17)
 金捨てロイド・ブルース (2005/12/27)
 コミック版GR~バベルの籠城~4巻が (2013/04/22)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/4390-e6186e55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック