FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
オーズ 第43話「ハゲタカと対立とアンクリターンズ」
 すみません、こちらも縮小営業で。…今の自分の状況だと、週二つのレビュー(しかも放映タイミングが同じ日曜日)ってのはムリなのかな…。いつもって訳じゃないんですが、やっぱし精神的にダメージ負ってると顕在化しちゃいますね、普段のムリが。

 「精神的ダメージ」と言えば…やっとの思いで助けたばかりのアンクに、激しく裏切られっぱなしの映司に比奈も、精神的ダメージは相当のもんじゃないかと思われます。

 この展開に入っての、サブタイトルの「アンクリターンズ」という言葉が、必ずしも肯定的な意味になっていないのがなかなかシブいです。ようやく帰ってきたアンク。しかしそれは、出会った頃の凶悪なアンクなのかもしれない。「あの頃のアンクが帰ってきた」ってことなのかもしれない。助けたかったのは、心が通じたと思っていたあのアンクなのに、アンクはもうあの頃に「戻ってしまった」のかもしれない…。さあ、いい意味にも悪い意味にも、どちらにでも読めそうなこの言葉、あなたは一体どちらの意味に受け取りますかね?
 
 今のところ、アンクの本意を匂わせてくれそうな部分は、ほとんど見えていません。グリード陣営にしても、映司たちにしても、鴻上会長のところにしても、半信半疑、いや、皆目わからんというのが正直なところでしょう。見ている我々だってそうです。わからんよね、これは。

 なのに。

 たった一人、確信を持っているかのような言葉をちらっとだけ吐いて見せた人物が。

比奈…。
…心配するな…大丈夫だ…。
お前は、お前にできることを…。


 そう。

 信吾、比奈の兄にしてアンクの宿主ですよ。

 この言葉は、「オレは大丈夫だから」という意味に聞こえます。もちろん、そういう意味も含まれているでしょう。でも、もし「オレは大丈夫」という意味のみだと仮定しても、何故彼は、大丈夫だ、って言えたんです?とりあえず比奈を安心させるため?そうかもしれませんね、そうかもしれませんが…信吾は何かを知っているんじゃないんですかね?そうだ、と言える証拠は何もありませんが、そうじゃない、と言える根拠も今のところ見あたらないんですよ。

 アンクを通して、外界の出来事をある程度知ることができていた、という信吾。ならば、アンクの考えていること、思っていること、感じていることを、信吾が知るチャンスは無かったでしょうか。アンクの方だって、「これ(アイス)が冷たくて旨いものだってことはわかる」と言っていたんですよ?本来グリードが感じることのできない、豊かな感覚を、アンクは信吾と共有できていたんです。アンクと信吾は…実は周りが思っているよりもずっと、リンクの度合いや範囲が広いんじゃないか?

 もし、本当に信吾がアンクの考えを知ることができていたら、あの「大丈夫だ」の重みは格段に跳ね上がります。そしてそれは、自分自身のことのみならず、アンクの行動や真意についても太鼓判を押している、という伏線にすらなりうるのです。

 表面上、今のアンクからは、それをうかがい知るきっかけは掴めません。だけど、OPの映像が示すように、映司と比奈とアンクの、三人の物語なんですよね、このオーズという物語は。そこを、中途半端なままにしておいたり、裏切られたままの辛い展開で終わらせてほしくはない…そういう思いで、何かが起こることを願って、残りの話数を見ていきたいと思っています。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 夜バナナ見て帰る (2019/01/01)
 キルラキル 第10話「あなたを・もっと・知りたくて」 (2013/12/08)
 らき☆すた 第6話「夏の定番」 (2007/05/15)
 何故「今」なのか? (2006/06/21)
 電脳コイル 第25話「金沢市はざま交差点」 (2007/11/25)
 ミニパト見た (2004/11/27)
 とりあえず、駆け抜け終わって (2009/07/07)

テーマ:仮面ライダーオーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/3815-09a64595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック