FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
オーズ 第32話「新グリードと空白と無敵のコンボ」
 「新グリードと空白と無敵」のコンボ……じゃない、よなぁ。(´・ω・`)

 …あっ。いや、手抜きじゃないですよ。手抜きじゃないって。たまたま、前回と同じような書き出しなだけなんだからねっ。

 結局、「ギル」なるグリードはパラレル世界の劇場版のみの存在、という扱いで終わりそうですね。「新グリード」は、紫のメダルを取り込んだドクター真木、ということで。前回微妙に保留気味だった「たくらみ」も、ドクター真木 with カザリの、「真木を新グリードとする」ことで決まりっぽいです。ただし、「紫のメダルを取り込んだ人間が新グリード」ということなのだとすると、映司も新グリード、ということになるんですよね。控えめに言っても、ドクター真木と同列の存在、ということになります。表面的な違いは、ヤミーを作るか作らないかということくらい。それを言うなら、アナザーアンクと右腕アンクにだってその違いがありますから、その違いはグリードかどうかということには何ら影響しない、ということになるわけです。

 表面的でない違い、を言うのなら。

 ドクター真木は「全てを無に帰すこと」を望んでいるのに対して、映司は「自分の中の欲望の部分が無になっている」わけで、それぞれ「無」というものに関連していながら、その表れ方がまるで異なっているのが興味深いです。そこにそれぞれ収まる、「既に存在しない生物=無となった生物」のメダル。これがなかなか味わい深いです。取り込まれたはずのメダルがスキャンで映らないってのも「無」に繋がる感じで面白いですしね。

 …あ。

 成立してんじゃん。「新グリードと空白と無敵」のコンボ。全部、「無」というキーワードで繋がる3つのワード「新グリード」「空白」「無敵」。成立してるよ、あははー、やりー。
 

~~~


 さて、前回はアンクの謎絡みなどを含めて「色々とリセットされた」ように感じていたんですが、リセットどころか、一本も二歩も先に踏み込んできましたね。アゲハ蝶ヤミーが早々に退場したのに合わせ、ゲストキャラである坂田も今回の頭でストーリーの中からさっくりいなくなり、映司が何故欲望を無くした状況になっているのかが語られていきます。彼の中にあったのは空白。坂田に言った、「人を助けることが望みだったのに、たまたま、到底自分が望まないような方向に物事が流れてしまうことがある」という話は…映司の過去に大きく絡む話だったわけで。それで自分の欲望を無くして渇いてしまったのが映司だとされています。

 ただ。この話、作中で比奈には理解し難い様子に描かれていますし、それを見た伊達ちんにも「いいのいいの、理解しなくて」って言われている通り、非常に難しい話だと思います。自分の望みが、自分の意志とは全く関係の無いところで叶わなくなってしまったり、それどころか正反対の結果まで生んでしまって、途方も無い無力感に囚われる、自分の望みを無くしてしまう。…え?なんで?って思う人、いそうだよなぁ。

 私は…自分の欲望に渇いた映司とは異なるんですが…似た様な経験が無いわけではなくて、「わからなくはない」というところでしょうか。仕事に壊されてしまいそうな人生の道から離れるために北海道へUターン就職して、でもその後に「自分の生きたい道」を見失いかけてた時期があるんですよ。望みを叶えるために戻ってきたはずが、叶えるべき望みが無くなったように思えていたんでしょう。その後、主なところ、仕事と私生活に関してはバランスを取り戻すことに成功してるんだけど、一部は未だに引きずっています。

 それは、東京にいた頃に充実した活動をやっていて、こっちでも是非やりたかった合唱の方面。自分が未熟なのがいけなかったんだけど、最後は「やりたいけど諦めざるを得ない」って形になってしまって、未だにそれを引きずってるんだよね、オレ。今も本番ギリギリの状況になるまで歌う気が起こらないのは、そのせいなんだよ、うん。わかってんだ自分でも、そこが一種の渇き・空白なんだってことは。割り切るべきなんだよ、そこは。でも…どうにもならないんだよなぁ。「いつまでもこだわることじゃないでしょ」って映司が言ってる通りなんだけど、頭でわかってるからって収まるもんじゃないのよ、この渇きと、そこから生まれる空白は。自動的にシャッターが閉まる感じで、燃えないんだ、どうしても。

 だから、辛うじてだけど、何となくわかります。映司が置かれている状況の辛さは。もちろん、それは「自分の命さえ賭けていない」ことの重さがわかっている、ということではないんだけど。空白を心の中に抱えていることの辛さ、それはわかる。そういう人間は、やっぱしどっか悲しく見えますしね。表面上、どんなに明るくても。

 そういう、周囲の欲望の渦の中で自分の望みを無くしてしまった映司にかける、アンクの一言が秀逸です。「…大丈夫なのか」って。体のことを気遣っているだけじゃないよね、これは。欲望を失ってしまったその状態で、お前は大丈夫なのかって意味も、十二分にかかっている。いやそれ以前に、アンクが映司を気遣って、って!

 失っている部分。欠けている部分。アンクも映司も、それを取り戻す戦いなんですよ。だから、二人には、一緒に戦う理由がある。ただの「呉越同舟」じゃないんだよね。


~~~


 映司の空白の部分に収まっている、「無」への欲望を司る紫のメダル。


 だけど、「無」ってのは、あまり望ましい状態じゃないよね。


 怖かったもの、今回のヤミー。黒い霧に触れたら消えちゃって、でもヤミーを倒した後も、彼らは戻ってくるわけじゃなく、消えたまんま。あれが「無に帰す」ってことですよ。おっかないよね。目の前で人が死ぬのだっていやだけど、あんな風に「跡形もなく消える」ってのも、すごくイヤです。

 如何に強力と言えど、あの「無の力」に囚われていいわけがない。

 だから。比奈は手を伸ばします。「映司くんが辛い時は、私が映司くんの手をつかむ」って。

 ちょうど数日前、「武装錬金」を久々に一気読みしたんですが、連載時最終話のあるシーンがここと重なりました。主人公のカズキが選択に迷って嘆くんですよ。

オレがみんなを守るから
誰かオレを守ってくれ…


 そうだよね。人は辛い時に、そうやって手を伸ばしあうから、生きて行けるんだ。

 カズキには、斗貴子さんがいました。映司にも、比奈だっているし、アンクもいます。他にも何人もの、彼を心配してくれる人がいます。ただ、カズキの心は、望みは、映司のように空白ではなかった。「無」で埋まっているだけの映司の心の空白が、これからどうなっていくのか。引き続き見守っていきたいと思います。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 仮面ライダーカブト・36 (2006/10/08)
 仮面ライダー電王 第26話「神の路線へのチケット」 (2007/07/29)
 5000。 (2020/09/14)
 ご注文の発送 (2008/05/18)
 まずは方針だけ決めた。 (2011/12/31)
 リトバス 第15話「ムヒョッス、最高だぜ」 (2013/01/20)
 ドルアーガの塔 SOU 第五話「影の国」 (2009/02/12)

テーマ:仮面ライダーオーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/3721-a400e168
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック