FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
危機的状況に立ち向かう人々に、エールを贈る人々。
 福島原発の状況は、決して予断を許さない状態が継続している模様です。

 その、思うに任せぬ進行に苛立ちを隠せず、負のボルテージを口から吐いてしまう人も決して少なくありません。

 でも、ネット上を見る限りですが、そうではない声=プラスの方向の声も相当多く聞かれますね。自らの生命を危険に晒しつつ、この危機滴状況に立ち向かっている現場の方々、今そこに声援を贈らずしてどうするのか…そんな人々がまだまだ多くいることに、喜びと安堵を禁じ得ません。

 …思い出すんですよね。名作・ウルトラマンメビウスの最終三部作のI、「皇帝の降臨」のワンシーンを。絶対的な絶望とも言えるエンペラ星人の来襲、その圧倒的な力の誇示の後、人類の手でメビウスを差し出すように要求があって…でも、人々はその悪魔の提言に「No」を返し、逆にこの危機に立ち向かうメビウスに対して声援を贈るんですよ。世界中の人々が、電話で、FAXで、口々に、「頑張れ」「負けるな」って。

 あの物語は、何度も訪れる難局を超えて、人々と異星人たちとウルトラマンとの強い絆の中で、大きなハッピーエンドを迎えて終わりました。ならば、今、私たちが直面しているこの問題が、ハッピーエンドで終わらない理由がないじゃないですか。人々が『辛くても、苦しくても、その中でやはり「信じるべきだ」という強い覚悟を示せた時。』…きっと、今がその時です。頑張れー!負けるなー!
 
~~~

 以下、ツイッター上を流れている多くの名つぶやきの中で、特に私が「これは!」と思った関連のものをいくつか転載しておきます。名のある方もおられますが、あえて言葉だけで。

RT 夜、福島原発作業員の友人からメールが来たんだが、『俺たちが死んでも、メルトダウンは絶対に起こさせない』とだけ。大号泣した。 文句を言っている人に伝えてください。みんな頑張っています。
3月15日


父が明日、福島原発の応援に派遣されます。半年後定年を迎える父が自ら志願したと聞き、涙が出そうになりました。「今の対応次第で原発の未来が変わる。使命感を持っていく。」家では頼りなく感じる父ですが、私は今日程誇りに思ったことはありません。無事の帰宅を祈ります。
3月14日


想像以上の壮絶な現場なんだ…あなたたちは真のヒーローです。生きて帰って!→被曝の恐怖、余震…真っ暗な建屋で決死の作業 http://bit.ly/etx0CH
3月15日


日本中が今「誰かのために」と考えている。これは素晴らしいことだと思う。長い戦いになる。一つになって歯を食いしばってそれぞれの責任をいつも以上に果たしていこう!!!
3月15日
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 大喜利的なアレ (2017/09/07)
 叩かなければ生き残れない!! (2016/02/25)
 Thatness and Thereness (2007/04/14)
 アレ荒レ不ユカイ (2006/05/10)
 罪と恥 (2006/09/06)
 あ×○る捏造隊 (2007/02/07)
 アイツはアイツは大変そう~~~! (2010/10/24)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/3678-cd037db2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック