FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
オーズ 第18話「破壊と理由とウナギムチ」
 短く行きます。

 剣道少女エピソード解決編。そして、空気が読めて自分に肯定的なニューヒーローの伊達さん株急上昇!ってところなんですが…。ちょっとした違和感があるんですよね。

 その一番のところは、「他人の手は借りない」という課題を自分に課しているはずの伊達が、ヤミーを倒すのにオーズによる時間稼ぎを必要としていたところなんですよ。守れてないんだよなぁ、彼。自覚してるのかしてないのか、ちょっと微妙なところなんだけど。

 彼が、映司と対照するためのキャラクターであることは間違いないと思います。ただ、「映司が間違っていて伊達が正しい」のかと言えばさにあらず。いや、どっちが正しいとかではないんでしょう、きっと。映司には映司の問題があり、伊達にも伊達の問題がある。今回までのところでは、その「伊達の問題」らしきところは、まだ出てきていないってところでしょう。彼が1億円を求めるその理由が徐々に出てくるのでしょうから、それ待ちですかね。
 
 正しい生き方、ってのは、存在しないんですよね。もちろん、間違った生き方、というものも存在しません。ただし、その時の状況に応じて、「より適切な選択」「不適切な選択」はあります。

 今回の、道場で少女の問題と対峙した時の伊達の行動は、少女の「適切な選択」に繋がったんだと思いますね。彼は、少女の「壊したい」という欲望自体を否定しませんでした。その上で、「人の手は借りない」「自分を泣かせない」という彼なりの縛りを話すことで、少女に自主的な気付きを促しています。

 思い返してみると、過去に映司も似た様な立ち位置で、本人の意図と必ずしも関わりなく、人の自主的な気付きを促すようなことをしています。それは本当にたまたま、という感じの。この「たまたま」感がね、私は好きですね。それに比べると今回の伊達の行動の方がダイレクトなんだけど、「伊達が言ったこと」と「少女が自分で気付けたこと」との関わりを考えると、やはりそこには「たまたま」感があります。あの言葉を受けて、殺意の波動に目覚めてしまい、式場に竹刀でぶち壊しに行く少女がいてもいいじゃない?自分の手で、自分を泣かせないために。合ってるよ、なぁ?

 伊達は、今回はいい方向で少女の問題にハマリました。次回も?その次も?さぁ、どこまでこのまま行けますか…伊達が行き詰まるその時っていうのも、この先に一つの山場として用意されている気がしてなりません。Nobody's Perfectだもんねぇ、前ライダーのモチーフでスマンけどさ。何がどう転んで、良く/悪くなるのやら、本当に生きるってことは一筋縄では行きません。この掴みどころの無さは、まるでウナギのようですよ。ねぇ。はっ?!だから「ウナギ」なのか!そんでもって朴念仁な映司が恋愛に「無知」で、「ウナギ」+「ムチ」?!

 ………いやいやいや(汗)。

 と。今回のモチーフの一つとリンクしたところで。そろそろ手仕舞いますか。

 今回はあまりイイ見せどころのなかった映司ですが…彼の「とりあえず目の前の問題に立ち向かう」という方法論だって、「気持ち悪い」と単純に切り捨てられるだけのものではないはず。引き続き、注意深く見ていきたいと思います。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 仮面ライダー響鬼 一之巻「響く鬼」 (2005/01/30)
 クウガ特集~クウガ記事リンク集 (2005/11/11)
 劇場版AIR 30分無料視聴 (2005/06/03)
 というわけで9回目。 (2014/05/10)
 けっ、けいおん劇場版だとぉ?! (2010/09/29)
 京アニ制作「やおいちゃんアニメ化」が見送りに?! (2008/08/28)
 …無理なので。 (2010/07/28)

テーマ:仮面ライダーオーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/3622-4c8b6fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック