FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
仮面ライダーW 最終話 Eにさよなら/この街に正義の花束を
 
 大団円!


 大団円じゃねぇか!!良かったよハッピーエンドで!!「この街には涙は似合わない」もんな!!でもさ!!でもでも途中までは一体どうなるのか、もうすんげぇ心配で!!


 子ども番組的に、主人公が死んで終わるのはあんまりだろうと、だから翔太郎が死んじゃうことはなかろうと、そう思ってはいたけどさ…でも!でもあの「背中に攻撃を受けて倒れる姿」って、ビギンズナイトのおやっさんと瓜二つじゃないのよ!!そっち方向の伏線もバリバリに生きてるんだもの、心配すんなって方がムリだろぉ!!


 …たった一話の中だけでも、いい意味でミスリードを誘う仕掛けを随所に凝らしつつ。堂々の完結でございました!素晴らしい!
 
 物語的にも、この1エピソードに課せられたテーマはしっかりと息づいていて、「ただの後日談」や「まとめ回」になっていなかったところはさすがですなぁ。

 「やせ我慢してでも、一人で頑張らなきゃいけない時がある」

 という、今回は翔太郎と晶(あきら)の二人を流れる、前回から続く「男の在り様」を考えるエピソード。「姉さんを助けたい」という晶の依頼が、かつてのフィリップの願いと微妙にシンクロしているのがまたニクい。小さな相棒候補?とのやり取りなんですよね。だから、ラスト近くの「僕たちの仲間になれるかも」って言葉が生きてくる。

 そしてもう一つ。

 「かけがえの無い人がいるのは、やっぱりいいものなんだ」

 という、フィリップ帰還に向けて流れるパーツの数々。「一人で頑張れる」から「家族や仲間は要らない」ってことにはならないんですよね。むしろ、かけがえの無い人を想うことで、一人でも頑張ることができる。そして…一人でも頑張る人だから、かけがえの無い人も手を差し伸べてくれる、そして自分のそばにいてくれる…そういう意味合いを持った、もう一つの重要なテーマだったんだろうと思います。

 これら二つのテーマは…本来の視聴者である小さな子どもたちへのメッセージなんだろうと思います。「翔太郎みたいに一人でも頑張るんだぞ」という、そして、「フィリップみたいな友だちを大切にしろよ」という。自立心と友情を温める心、その二つがラストシーンで「再びの仮面ライダーW」に結実しているのだと思うと、実に感慨深いです…。


~~~


 先週流れた予告映像の「凶弾に倒れる翔太郎」を見た私は、ひょっとしたらこんなシーンが来るのかも、という妄想を抱いていました。死の淵に立たされた翔太郎が、星の本棚のような意識界で、おやっさんとフィリップに再会し、「まだお前にはやることがあるだろ?」と送り返されて生還を果たす、という感じの。

 そのシーンは実際には来ませんでしたが…フィリップサイドでまさかの実現となりました。フィリップをこの世に返そうとして自分の力を使う若菜、その最後のお別れにと、その場に参集する園崎家の家族たち。Eien(永遠)にさよなら、Earth(地球・ガイア)にさよなら。そして先の「かけがえの無い人」というところに、園崎家の皆も最後はぴったりとはまるんですよね。色々あったし、決して褒められないこともやらかした人たちではあるけれど、最後にここに参集することができたこと、家族としてフィリップを送り出す気持ちが残っていたことは美しいと思いますね。善人なおもて往生す、まして悪人においてをや。だから人は皆、自分の罪を数えつつそれを贖っていくのです。

 悪事のために再起動をするんじゃないかというミスリードを終始誘いつつ、あの場ではフィリップに対して笑いかける若菜、別れを悲しんで泣きじゃくる若菜も。

 憎しみしか抱いていなかったように言われていたのに、今はその若菜をよしよしと抱きとめてみせる冴子も。

 毅然としてフィリップが「こちら」に来るのを止め、最後は「父親としての笑顔」を見せた琉兵衛も。

 最後まで顔は包帯で覆われたままだったけど、若菜にあっさりと情報を渡せる位に憎しみから解放されていたシュラウド=文音も。

 皆が皆、「家族」としてそこに立っていたことが、とても美しい締めだったと思います。全然こっち方面は予想外だったものだから、ちょろっと泣かされてしまいましたよ、ええ。



 そしてやはり翔太郎!!あれぁ泣くわよ!一発目は、一年も前に書かれたフィリップの最後の筆跡「CHARMING RAVEN」を消さずに取ってあるところが!ほろっと来ちゃうだろ、これ!先週の推理でも言われた通り、「G RAVE」の部分が「墓」ってのも、今週こうして使われると妙に意味深だし!ここにこうして持ってくるために、この言葉をあえて選んだんじゃないのか?!

 でも、その直前のフリは~実は帰ってきてるんじゃないのかと翔太郎に誤解させてしまう辺りは、「帰ってきたドラえもん」に繋がるモチーフなんですよ。先週が「さようならドラえもん」と緩く繋がっていたのと、実によく響き合ってます。この時点で、ああ、ハッピーエンドなんだなこれは、と、ちょっと予感はしたわけですよ。

 だからって!だからってあの叫びはねぇよ!一連の説明をフィリップが終えて、それでもまだ動き出せなかった翔太郎が、ついに全身を震わすような声で「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」って!!わかってても泣いちゃうだろあれは!イヤでも泣いちゃうだろあれは!!

 もう無いとお互いに思っていた一年ぶりの変身。メモリを構えての、どちらが言うのでもなく同時に顔を見合わせてしまうシーンとか、もう良すぎて困りますなこの番組は!!


 「さあ、お前の罪を数えろ!」


 ビシッとラストも決まり、平成ライダーとしては電王以来の極上ラストエピソードだったと思います。私は、この作品に対して「蛇足」を加えてしまうこと、自分の気持ちが上滑りしてしまうことがイヤで、ほとんどレビューは書かなかったんですけど…年間を通してこんなに不満無く入り込んで見続けられたシリーズは珍しいですよ。「傑作」と言って差し支えないでしょう!今回も含めて、もう全てが素晴らしかった!この一年間、頑張ってこられた全ての人に感謝しつつ!!本当にありがとうございました!!冬の劇場版も見ますよ!!
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 日常特集~日常記事リンク集 (2011/05/04)
 あとがきのまえがき (2009/04/02)
 氷菓 第十七話「クドリャフカの順番」 (2012/08/20)
 オーズ 第29話「姉と博士とアンクの真実」 (2011/04/17)
 リトバス 第3話「可愛いものは好きだよ、私は」 (2012/10/21)
 フルメタル・パニック!IV 第1話「ゼロアワー」 (2018/04/16)
 けいおん!! #1 高3! (2010/04/21)

テーマ:仮面ライダーW(ダブル) - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/3482-5bbe0f9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダーW(ダブル)』、最終話(第49話)「Eにさよなら/この街に正義の花束を」の感想です!! サンタちゃん、ペットショップの店長に(笑)。
2010/08/30(月) 11:39:55 | まぜこぜてみよ~う。by青いパン
Eにさよなら・仮面ライダーW、最終回 風都は相変わらず、 街を泣かせるダメ人間が溢れてますねぇ。 風都の仮面ライダーが休める日は来...
2010/08/31(火) 00:32:36 | ぎあ魂なblog(たぶん別館)
「E」――永遠(Eternal)、終わり(End)、みんな(Everybody)、エナジー(Energy)、――にさよなら。 地球(Earth)の記憶を使って戦う平成ライ...
2010/08/31(火) 21:08:17 | 『真・南海大決戦』
さて、少し遅くなってしまったのですが今更ながら仮面ライダーWの総括的感想を書きたいと思いますこんなにキッチリみた仮面ライダーはとっても久しぶりだったんですけど1年間見て...
2010/09/02(木) 12:17:01 | にき☆ろぐ