FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
ディケイド 31話「世界の破壊者」
 Final Attack Ride!!


 な、な、な、なんですとー!!


 …「続きはWebで!」ならぬ「続きは12月の劇場版で!」、かよ……開いたクチが塞がらねぇ…どうしろって言うんだ…。


 …あ。今話についてのレビュー、しなくちゃ…。


 ………えーっと。…………???
 

~~~


 正直なところ。

 何となく、煙に巻かれた感じですなぁ…。

 「ディケイドが生まれたから世界の融合が始まった」というのは、メタとして~ディケイドという番組そのものがライダー世界の融合を目指して作られていますからね~は大変面白いのですが…物語的には「今さらそれはない」と言うか。だったら、最初っから旅なんかさせなきゃ良かったんじゃないか、というね、率直な疑問に真正面から答えてくれる「解」は、とりあえず今話の中には見当たりませんでしたね。

 「一人の笑顔さえ守ることができない者が、世界を笑顔にはできない」というユウスケの言葉はなかなかグッとくるものでしたし、士の決め台詞にしても、微妙に劇場版のGACKTの名言と連関が持たされている「ちょっと小粋な台詞回し」になっていましたし、そういう意味では「決めの部分に優良なパーツは見て取れる」という感じはしました。ですが、残念なことに「その良さを表現できるだけの尺が、圧倒的に足りない」とも感じてしまいましたね。例えば、アスムとワタルの行動が、すんごく刹那的にひょいひょいと変わっているように見えて、どうにもこうにも、とか。乱入してきたオリジナルブレイド=剣崎一真の正体も今一つピンと来ていないのだろうに、なんでそいつの言うことにみんなブンブン振り回されているんだろうとか。

 オリジナルライダーの二人=剣崎一真と紅渡の登場した意味、彼らのオリジナル世界と各リ・イマジネーション世界との関係、彼らの意図や目的についても、今一つ見えてきません。単に「ファン・サービス」というのであればちょっと人数的にも足らん感じだし、物語的には更に苦しい感じ。う~~ん、辛いなぁ、これは。

 ただ、「優良なパーツ」がゼロ、ということでも無かったので、その部分部分は良かったと思います。先に挙げた以外にも、例えば…何で花嫁にこだわるのよアポロちゃんは、とか思っていたのですが、それが「一話冒頭のあの夢の情景」に繋がっていたのには「おお!」と思いましたし。ディエンドが士に「自分のカード」を渡しての、あのシュートもそれなりに燃えましたね。彼らなりの「ダブルライダーキック」ですもんね。それが、海東っぽいヒネた方法論=率直な「共闘」ではなく、カードで操ってもらっての「同期」に過ぎないところとか、そのためにコンプリートフォームの特性をうまく使ってくるところなんかは、なかなか。ま、そういうスジ好みなところを、お子さんたちがちゃんと楽しめているかとなると話は別なのでしょうが、ね。



 今話単体としてはそんな感じですが…ディケイド全般としては結局、明らかに「物語は終わっていない」ので、総括も何もしようがありません。比較的よくわかったことと言えば、「劇場版オールライダーとは、完全にパラレルってことでいいのね?」ってことぐらいかな。いや、それさえもちょっと微妙なんだけど…でも、もう、絡ませようがないよなぁ。

 「劇場版オールライダー」の扱いとしては、あのストーリー終盤での光栄次郎じいちゃんのセリフが全てなんだろう、と今にして改めて合点が行った感じです。「もう大ショッカーはこりごりだよ」でしたか…あれ、妙なセリフだなと思ってはいたんですが、結局あれは、少なくともじいちゃんは、あの世界においてのみのロールプレイをしていただけ、ってことなんですよね。「劇場版の世界」という、独立した世界でのみ、光栄次郎は死神博士である、と。別な世界を巡る時、光栄次郎は死神博士でも大ショッカーの幹部でも何でもなく、ただの「光夏海のおじいちゃん」なのだと。ならば、士=大ショッカーの大首領、というのも、同様の扱いであって。そう言えば、各世界を巡る時、士の衣装は「その世界での役割」に強制着替えをさせられていましたよね。あれ自体が、世界を旅する者たちの「ロールプレイ」的な側面を暗示していたのだと考えると、なるほどと思う一面も云々。

 …という具合に解釈する以外、どうにもならんような気がします。

 とりあえず。都合を付けて、その12月の完結編までは、何とか追いかけようかな。このままでは何とも収まりがつかないし、次にも進めませんや。個人的に、「こんな商法は下の下だ」という気持ちもあるけれど、お祭りとして映画を見に行くこと自体は嫌いじゃないしね。

 …通常なら、シリーズ通して頑張ってこられたキャスト・スタッフの皆さまにお礼申し上げて締めるところなんですが…終わってないしなぁ(苦笑)。ん、とりあえず今までの制作について、本当にどうもお疲れ様でした。いいものをもらえた話も複数あって、そのことには本気で感謝しております。完結編もどうぞ頑張って下さい。というところで。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 らき☆すた Blu-ray BOXの予約はじまた。 (2011/01/08)
 かたじけねぇ。 (2014/04/26)
 うそっ!京アニ版KANON実現?! (2006/03/26)
 いつの間にか消失サントラ (2010/01/02)
 仮面ライダー響鬼 四十之巻「迫るオロチ」 (2005/11/20)
 6度目のけいおん! (2011/12/23)
 せめて、当たり特典を (2010/06/26)

テーマ:仮面ライダーディケイド - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
一体全体
彼らはライダーをどこに持っていきたいんでしょうか・・・

今はただ、映画が制作者の独り善がりにならないよう、祈るばかりです。
2009/08/30(日) 15:28:38 | URL | 今日は投票日 #-[ 編集]
冬の映画は「完結編」なんですか?
旅はまだまだ続くと言っているので、冬で完結させる気は更々ないと思います。

ディケイド&W
さらばディケイド
超ディケイド



2009/08/31(月) 18:37:06 | URL | 未定 #77dsbwws[ 編集]
多分、
なんらかの理由で、真とは別の偽の世界が、全ての世界に対して出来てしまい、
色々不都合なので、
真の世界のライダー達が「ディケイドを遣わせて偽の世界を壊して回らせた」んだと思います。
が、ディケイドは記憶喪失に陥り、あろうことか、壊すはずの世界のライダー達を壊すどころか仲間にしてしまった。
それじゃあ困るって事で、やむなく真の世界のライダー達がでばってきた......。
のではないかなと、思いました。

つまりは、
「正規の作品と二次創作は共存できるのか?」
「正規の作品は二次創作を許容できるか?」
という強烈な暗喩というか、ディケイドという作品自体がアンチテーゼみたいなものだと認識しました。


といっても、尺が圧倒的に足りないのは、事実ですけどね......(汗)
このテーマなら、普通に一年ちゃんとやれたはずだと思うんですけどね......
2009/09/01(火) 07:36:20 | URL | てんもん #-[ 編集]

実は私も似たようなことを考えていました。
大体80%ぐらい同じです。

残りの20%は・・・
オリジナルの2人の「問答無用」ぶりは、多くの方がおっしゃるようにTVのオリジナルの性格ではないようです。もしかすると、

真の世界(オリジナル)
    = リ・イマジネーション界+オリジナルもどき

かもしれないと、ふと思いました。例えば、カズマ+黒服の一真 = TVシリーズの一真
のように。オーラスで、カズマと黒一真が融合して、本来の一真に戻る・・・みたいなイメージが湧くのですが・・・ ありえないでしょうか?(じゃ、電王はどうする?RXは?と言われると困るんですけど。)
2009/09/02(水) 01:45:53 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/2948-8adff7c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★TBさせていただきます★『仮面ライダーディケイド』、最終話(第31話)「世界の破壊者」の感想です! アポロガイストって「迷惑なヤツ」になること前提で生きてるのね(笑)。
2009/08/30(日) 14:56:32 | まぜこぜてみよ~う。by青いパン
最終話ではなく、あくまで第31話・・・ その色を濃くした通常仕様のOPでした。 まぁ、その時に「嫌な悪寒」は感じてましたが・・・(汗 (しかし、『オールライダー対大ショッカー』も最終回じゃなくなったよな~。 あれは「シャドームーンの世
2009/08/30(日) 15:36:53 | nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
 仮面ライダーディケイド最終話見ました。  終わった後に思い出したのはギアス1期最終話だった。これも続きがある前提での終わりであって、最終話という形は取っているもののいきなり切られた感は半端なかった。というか普通に次回予告を待っていたら新番予告で驚い
2009/09/02(水) 17:53:39 | blue bleu
なんか、アポロガイストと、ディケイドとキバとカイトウが協力してたたかってた。アポロガイストは、ナツミカンを奪って逃げる。そこに、カズマが消えたのは士のせいだという。「アポロガイストは加速させたに過ぎない。」「世界が融合をはじめたのはディケイドが誕生した...
2009/10/19(月) 15:51:57 | ぺろぺろキャンディー