FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
空を見上げる少女の瞳に映る世界・2巻
 今頃。って言わないで。orz 1巻鑑賞から、ほぼ2ヶ月半ぶりかぁ…。

 第2話「逃げること」と第3話「立ち向かうこと」を収録。第1話「知ること」と合わせて、いわゆる「MUNTO1」のリメイクに当たるわけですが…。

 すんごくわかりやすくなってて、しかもいきなり色々と山場で、いい意味でどうしようかと思いました。OVA版1本目のクライマックスが来てるわけなので、盛り上がるのは当然、というハナシもあるわけですが…追加シーンと劇伴の恩恵に加え、構成をキレイに整理してあるものだから、OVA版を遙かに凌駕する「大山」になっていた気がします。

 OVA版MUNTO1、そして今回のTV版MUNTOの3話までに込められたピークって、「本来なら越えられるはずのないものを越える」という辺りにあるんだと思うのですよね。で、その「越えられるはずのない」という事情は、越えるべき本人の中に原因があったりするわけですな。
 
 そのことにまず気付き、「自分で自分の壁を越えよう」「そのために手を携えて行こう」という姿をユメミに見せてくれるのがカズヤとスズメなのですが…OVA版では、そこに至る展開が野暮ったくもなってしまっていて、ちょっと残念な部分が多かったんですな。いや、これは尺的にも構造的にも仕方がないんです。1時間そこそこのフォーマットで、天上人の世界のことやら事情やらを語りながら下界のモチーフも全部語ろうとすると、自然そうなると思います。

 それがTV版ではかなり改善されていて、特に2~3話を下界エピソード主体にしたことが大きかったですね。魔導国方面に関しては、ホントに必要最低限に抑えられていて、おかげでカズヤの抱えてる問題にすごくフォーカスしやすくなっているんですね。それは、つまり、「ユメミが行動を起こそうとした動機」のわかりやすさにも繋がるので、終盤に向けて大きく寄与していると思うんです。

 第2話においてカズヤが自分の事情を語るところで、「スズメに会った後ももう一度挫折しかけた」というエピソードを加えたのも、実にいい改変でした。OVA版ではカズヤとスズメ、ちょっと意味不明な行動をしているように見えちゃうんですよね、どうしても。「結婚」という行為をすることが「二人で川を越えること」だと、どうしても結びつきにくい。下手すりゃ電波ですよ、あれじゃ。だけど、TV版では「結局自分は弱い」「スズメという存在に出会ってさえ、弱かった、また落ちていくとこだった」「このままじゃダメだ、変わらなきゃ!」「自分の中の壁に向き合うんだ!」という辺りまでが、割とスムーズに導き出しやすくなっているんですよね。

 カズヤが堕ちかけた時に入っていこうとした川は、はっきりと「自分の弱さの象徴」という位置付けになっていると思います。従って、「二人でその川を越える」=「二人の力で弱さを克服する」という意味合いが出てくるわけで。

 その姿を見たユメミが、自分の中の弱さゆえに動こうとしなかった現実に気付き、出来ることをしよう、「越えられないはずの壁を越えよう」という行動に至るわけです。

 その、越えられないはずの壁、ですが。

 OVA版の何割増しかしら、というぐらいに強大になってましたな!や、ちゃんと見比べたわけじゃないんだけど、でもシーン自体長くなってると思うし。結構加筆追加されてますよね、ここ。OVA版でも手に汗握る良いシーンだと感じてましたが、更にレベルアップした感じです。

 そこをくぐり抜けての、ED曲。いいですなー、私やっぱ、ED曲がある構成の方が好きなんだと思います。そこでね、後日談とか噛みしめつつ、余韻に浸るのがいいんですよ。



 ちょっとライトですが、世の中的にはもう旬も過ぎていると思いますので、このぐらいで。さてこの後は…MUNTO2の領域に入っていくわけですね。ちょっとおさらいしておかないと、結構忘れてそうで怖いんですが…。また2ヶ月半後とかにならないように、もうちょっとサクサク見て行かなくちゃ…。orz
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 リトバス 第7話「さて、わたしは誰でしょう?」 (2012/11/19)
 我が家でも見れる「かんなぎ」 (2008/08/20)
 溜まる動画 (2018/07/27)
 その点に関しては、監督は全く悪くないと思った一文 (2009/01/14)
 ハルヒのBlu-ray、一ヶ月ほど延期だそうな。 (2010/07/23)
 Free!第12話を見終わって。 (2013/10/01)
 京アニさんの新作がー。 (2013/04/27)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/2891-5db84a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック