FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
仮面ライダーディケイド 第9話「ブレイドブレード」
 …まぁ、レベル的には「レビュー一話分おやすみ」ぐらいの勢いで。orz

 先週も書きました通り、私はオリジナルのブレイドに関しては全くの未見です。それゆえ、という至らなさがあるところはご勘弁願いたいのですが…それにしても、ちょっと「何故?!」が多すぎましたかねぇ。

 例えば。龍騎ワールドにまで顔を出したパラドキサアンデッドですが…結局その意図するところについて、何ら言及がなかったのは至極残念としか言いようがないです。もうちょっと、何かの絡みがあると思っていたのですが…それとも、封印されたわけじゃないからまた別なワールドにも出てくるとか、そういう話なんでしょうか?

 他にも、あの轟鬼は、何で出て来たんだろうとか。いや、好きですよ、轟鬼は。だけど、「出りゃいい」ってもんでもないだろうと。ナニしに来たんだ、アイツ。ついに脇役ライダーも声がオリジナルでなくなっちゃった、というショックもあるけれど、「さしたる用もなかりせば」と言わんばかりにあっという間の退場をした方がショックでした。何か意味を下さいよ、「騙されてましたッス」とかで全然オッケーですから…。
 
 カズマが直面していた問題~彼の「戦う理由」は何なのか~について、例によって士が答えを導いてくれてるのは、いいと思いました。ただ、その前に何度も「士本人は私利私欲で動いただけなんだけど、ユウスケがそれなりの意味づけをしてくれるので、ここぞとばかりにそれに乗っている」というギャグ的展開を見せられているせいで、今一つ素直に見られなかったと言うね…。特に、ラストにかけて素直に笑うカズマが、まるで「騙されている」みたいに見えちゃうのは、やっぱりちょっとマイナスだったかなぁ。

 ジョーカーという存在と関わりを持つカリスとかね、恐らくは原作ファンにはよくわかる美味しいモチーフなんだろうと思いますが…個人的には、そこそこの評価に留まってしまった感じが強くて、やや残念。まあ、こういう回もありますわ。ねぇ。

 555編、アギト編と、自分の知らないライダーの話が続くらしいのでちょっと辛いですが…その後に響鬼・カブト・電王(順不同つーか不明)が残っているのが励みですね。軽いレビューが続くかもですが、視聴は続けていきますよん。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 仮面ライダーカブト・05 (2006/03/04)
 クレタ人のパラドックス~TSR Scene03補完 (2005/08/02)
 フルメタル・パニック!IV 第9話「堕ちた魔女」 (2018/06/29)
 涼宮ハルヒの退屈 改めて (2009/05/21)
 Kanon 第22話「追想の交響楽~symphony~」 (2007/03/02)
 旧劇場版EVAの時のUCC缶 (2012/11/17)
 ウルトラマンメビウス 最終三部作 I 「皇帝の降臨」 (2007/03/17)

テーマ:仮面ライダーディケイド - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/2687-fd8bc12c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダーディケイド』、第9話「ブレイドブレード」の感想です。 そんなにコストダウンするなら、キバーラなんて出さなきゃええのに(笑)。
2009/03/26(木) 12:55:11 | まぜこぜてみよ~う。by青いパン