FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
ドルアーガの塔 SOU 第八話「二人はかつて」
 サブタイトルがシブすぎて、自分の中ではある意味すっかり「本編を食っちゃってる」感じがしてます。色々刺さり込んでいく事は出来るんですが、「実際の本編を置き去りに」しかねない予感もするので、そこそこにしておきましょう。

 前情報的には「ニーバとジルの再会」ってことがわかってましたから、その「二人」の関係について言及されるのだろう、という点は想像の範囲内でした。ですが…その他にも「かつては違う関係だった二人」が絡められていて、そうかなるほど、二人としか言ってないもんナァ、と納得。

 例えば…かつては師弟の関係だったというグレミカとニーバ、しかし今や二人は敵同士、というのがグッと来ますねぇ。また、「補助魔法で攻撃を防いでしまうアクラ」を倒したのは、戦術的にはそれで正しいわけなんですが…どうしても、「それってニーバの中にある嫉妬に似た感情がそうさせてないか?」という疑念を捨て切れません。回想シーンにおいて、ジルの顔を見たかったと言って死す父のことを、この男は卑怯者だと言い放った幼いニーバがね、ダブるんですよ。ニーバを突き動かしているのは、嫉妬なんじゃないのかな、と。ジルに対してとか、アクラに対してとか、その他、たくさんの、人、人、人、に対する…。
 
 それをずっと積み重ねて、「運命を弄ぶ神の気まぐれに怒っている」というのは、全くわからないわけではありません。わからないわけではありませんが…それは、別にニーバに限った話ではないはずなんですよね。誰だって、与えられた条件は、それほど大きくは違わないんです。「完全に平等」ではないのだけれど、気まぐれという点では、ほぼ一緒。どんなに資質に恵まれた人だって容易に道を踏み外すし、どんなに虐げられた人だって死ぬまでチャンスがゼロとは限らない。ホント、運命は賽の目、ですよ。

 作中の架空世界に限らず、僕らの生きるこの現実世界だって、随分な気まぐれに支配されています(神の存在の是非はさておいても、「運命」自体は気まぐれですよね?)。そこで、自分に与えられたチャンスを生かそうとせず、人を、世界を、運命を呪う道というのは…近年多い、凄惨な通り魔事件とかが頭をよぎりませんか?ニーバがとろうとしている道は、そういう道なんだと思うのですね。

 それが、正道のはずは、ない、わけで。

 ちょっとずつ降り積もった、嫉妬と怒りの欠片たちが。大きな影を、そこに生みます。……ある意味、今のギルガメス、ですよね、それって。ニーバは、まるで、自分を倒しにいくようなものなんじゃないかと。

~~~

 「二人はかつて」。例えば、「師弟だった」「同志だった」「友だちだった」「仲の良い兄弟だった」、等々…考えられるパターンはいくつかありますが、それらは全て、「過去形」で語られます。そして、これらには全て、「だが、今は違う」という含みがあるんですね。そして、「かつては良くない関係だったが、今は良好に」という風に捉えられそうな関係は…あまり多くは見つけられそうもありません。そうですね、ただの知り合いだったジルとファティナが、ひょっとしたら恋仲になっていくのかも…というぐらいでしょうか。それすら、未だジルの中にはカーヤへの思いがある、ということを、二人とも明確にわかってしまっているんですけれど。逆に、「かつては良い関係だったのに、今や…」という、切ない響きの方がずっと多くかぎ取れてしまいます。

 スーマールの再興、という野望を持つグレミカが、必ずしも正しいとは言えません。そのために、多くの血を流そうという道が、誉むべきものとまでは言えないでしょう。だけど、それでも、ニーバと「同じ道を過ごした」その時間が、今よりは良きものであったろう事は想像できます。もう、元には戻らないんだろうか?既に敵意を剥き出しにしている二人を見ると、無理な相談としか見えないのが、どうにも辛いですね。

 「ジルの事が好き」。どうしようもないお人好し。だけど、こんな荒んだ思いが吹きすさぶ中では、その甘ったるい考えが何より貴重に思えます。現実はこんなに辛いんだから、物語の中でくらいハッピーエンドが見たいじゃないか、と言ったのはどなたでしたか…。これからますます緊張を高めていきそうなこの物語の、せめて最後の幸せを願わずにはいられません。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 行く気にならないアレ (2019/03/15)
 変わらないもの (2007/04/22)
 CLANNAD 第4回「仲間をさがそう」 (2007/11/16)
 仮面ライダーカブト・03 (2006/02/13)
 ライブアライブ…あっ…う゛ぁ… (2006/12/26)
 オーズ 第23話「キレイと卵と眠る欲望」 (2011/02/27)
 あと何回だ、らき☆すた (2007/09/03)

テーマ:ドルアーガの塔 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
解っていると思いますが『奇跡は起きないから奇跡って言うんですよ』の人ですね、物語ぐらいはハッピーエンドでと言ったのは。
2009/03/01(日) 12:24:14 | URL | 結城レイ #-[ 編集]
あふっ?!
>結城レイさん

べっ!別に忘れてたとかじゃないんだからねっ?!(汗)

いやごめんなさい、そうですよねしおりんですよね。名雪さんの事しかアタマになかったみたいで(ナニー

実際は、「現実はこんなに辛いんだから、」という、別なところから引用したと思われるくだりの方に引きずられてしまい、途中からKanonネタになってるのに気付かず混乱してた、というのが正解です。いやはや、どうしようもないっすねー、自分…。orz
2009/03/05(木) 22:35:21 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/2647-f18e4595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 マッピーといえば真っ先に思い浮かぶのは迷路脱出ロボット。決して元FM東京アナウンサーの某女史では御座いません。  確か学研の科...
2009/03/05(木) 11:05:12 | 世界日本ハムの哀れblog@非公式