FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
日経キャラクターズ!2005.05 no.07
 結局買っちゃったよB2Zさん!日経キャラクターズ!の5月号!字が多いからこないだのみたいに家族の前で広げらんないとか、あっちゅー間に見終わるとかはないんだけども、お目当ての記事はほんの6ページのみ!これで580円を揚々とレジに払う、その自分の男らしさに惚れた!いやむしろ漢らしさと言うべきか!誰だ、「漢」の字に「バカ」ってルビ振ってんのは!
 …いや、実際ですね、必ずしもアニメを手広く見ているわけじゃない自分からすると、随分コストパフォーマンスの低い買い物ではありました。まあ、ざっと斜め読みしただけでも、ツッコミどころがちらほらあって楽しめましたけど。例えば、AIRの後番組として予定されているメイドものの「これが私のご主人様」については

>制作スタジオはGAINAXとSHAFTという点でも、
>安定した仕事が期待できる。

ってここは思いっきり笑うところだよね?困るなあ、そうならそうでちゃんと(笑)って付けといてくれなきゃ。いや、マジな話で、褒めなきゃいけないのはわかるけどさ、寄りにも寄って「安定した仕事」はないだろ。どうせ書くなら「色んな意味でスリリングな展開が楽しめる」とかさ(爆笑)。まあその昔自他に認めるガイナ信者だった私ですら、最近はホントに期待しなくなっちゃいましたね。醜美とか、4週ぐらいでホントに見限ったし。マジでマジで。

 まあそんな中、「徹底解剖」とか「完全攻略」と銘打たれた6ページのAIR特集ですが…これは、ゲーム版もアニメ版も未見の人への解説ページですな。orz 各話の概要解説や、人間関係相関図なども付いてはいますが、これだけでAIRお初の方に魅力が伝わるとは到底思えません。解釈も通り一遍ですしね。ウスい。ウスいよママン。まあ、しょうがあんめえと。初心者にきっかけを掴んでもらうための記事、と思って読むしかなさそうです。

 ただぁし!そんなトホホ感を吹っ飛ばすインタビューが2本収録。このコラム2つだけで、私は十分におつりが来ましたですよ!

 一人はTBSテレビ映像事業部の部次長、中山佳久氏。「この作品には熱狂的なファンが多いので、(中略)絶対に恥ずかしいものは作れないという気持ちが強かったですね。」さすが!よくわかってらっしゃる!また、「原作のKEYさんからも、『AIR』を理解している人に作ってもらいたいと聞いていたので云々」という言葉も…。泣けるじゃないか、色んな意味で。いや、もういいんだけどさ。

 もう一人は、神・京都アニメーション様の代表取締役であらせられる(<やりすぎ)、八田英明氏。印象に残った部分をかいつまんで書きますと、TVアニメは予算が限られるのは事実だが、それに縛られてばかりではいい作品はできない、原画マンが『こう動かしたい』といって出してきた絵を(予算の都合で)中割りがないような動かない映像にしたくない、と。 男じゃないか!漢じゃないか!580円ぐらいで男を語ろうとした私が恥ずかしい!DVDも喜んで買わせて頂こうというものですよ!

 次世代のクリエーターがうまく育たず、しかも現場は過密スケジュールの連続で悲惨な環境だと言われ、これからの有り様が真剣に懸念されるアニメーションの世界。そんな中で、一筋の光明を見せてくれる、そんな心温まるお話でございました。

楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 彼氏彼女の事情 20巻 (2005/03/09)
 Kiss × sisの15巻を読みましたが。 (2015/11/11)
 島本Gガン3巻読了。 (2011/03/11)
 「風都探偵」が期待を裏切らない面白さで怖い (2018/04/17)
 planetarian特典小説、一般発売へ (2008/10/01)
 田中圭一のうつヌケを読んだ。 (2017/01/24)
 貞本エヴァ完結 (2014/11/24)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/246-5b7f5ec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック