FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
Farewell Songの意味とは(序)
 ども。あの最終話から一夜明けまして、皆さんは放心状態から脱しましたか?私は放心状態に陥る間もなく、バタバタと走り回っとります。

 今日は昼前に出立し、合唱のステージに乗ってきます。三善晃という、海外からも評価の高い作曲家による作品「地球へのバラード」が本日のメインディッシュ。元から大変好きな曲でしたが、この度は色々と現実と符合する点が多く、感慨深いステージになる予感がしています。蛇足ですが、「夏」に問いかける曲があったり、「鳥は空を名付けない。鳥は空を飛ぶだけだ」などの詩が印象深い「鳥」という曲があったり、「子供たちも知っている。彼らの歌が(明かりを)消すことを」というフレーズの登場する「夕暮」という曲があったり…なんか、AIRとの符号まで感じるのは明らかに行き過ぎなんですけどね。いかんいかん。パンパンパン!(ほっぺを叩く音)

 終曲「地球へのピクニック」は圧巻です。機会があるなら、是非聞いてもらいたいような曲の一つですね。この曲を、再び最高の舞台で演奏する機会に恵まれたことに感謝しつつ、頑張って参ります…。

 さて本題。ったって、あまり大したことを語るわけではないんですが、最終話も無事終わりましたので、AIRについて、また謎かけめいたことを少し書いておこうかと思います。
 「Farewell Song」はAIRのEDとして使われています。OPは、言わずと知れた「鳥の詩」。こちらの詩が、AIRの物語全般と深く関わっているのでは、というお話は 「鳥の詩」の解釈・序という記事でご紹介しました。では、「Farewell Song」には、何か込められた意味はないのでしょうか?

 BS-i版の最終話、少年の最後のセリフを思い出してください。「さようなら」。そして、フェイドインするEDのタイトルもまた「Farewell Song」=「さようならの歌」です。これは、何か関係がありそう、という風に勘ぐってみた方が良さそうではないですか。

 少年が言った「さようなら」が、誰に対してのものであるのか、という問題が、「Farewell Song」を解釈する上では非常に重要な意味を持つと思います。いや、そりゃあ「観鈴と往人」に言っているには違いないんですが、「彼らには過酷な日々を」の「彼ら」がこの二人だけを指す意味でよいのか、という辺りまで踏み込まないと、その先にはなかなか進めません。そもそも、少年が、観鈴と往人が過酷な運命をたどる、ということを何故知っているのか。それとは違う自分たちの開けた未来を予感して「そして、僕らには始まりを」と続けたのは何故か。ここに、物語の一部として重要な意味を与えるかどうかで、考える方向は全く変わってくると思います。

 私自身は、ラストの少年・少女は単なる傍観者ではなく、非常に重要な登場人物である、という立場に立っております。「ゴールシーン」は確かに非常に大きな山場であり、往人や観鈴が望んだ悲願の「ゴール」であることは確かです。私もあのシーンでは何度泣かされたかわかりません。しかし、AIRという物語にとっては、あそこが終着、終わりではないとも思うのですよ。まだ語られていない部分がある。それは、その後に続く「後日談」にしては長いシーンに、読み解くヒントを散りばめる形で、提示されているはずです。

 考え続けましょう。幸せな記憶を空に返すために。そして、私たち自身にも祝福と共にある始まりを与えるために。いや、「また『序』かよっ!」て言わないでー。これでも時間のない中で一生懸命に書いたんだからー。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 お正月気分が抜けたところでロマサガRSの話 (2019/01/15)
 ダライアス12年ぶりの新作?! (2009/09/26)
 読めぬ!読めぬのだ!(ぶわっ) (2008/06/07)
 指の独り言 (2008/12/17)
 自堕落なひととき (2014/01/29)
 引き続き絶不調のロマサガリユニバースのことなど。 (2018/12/24)
 …すとーむこーざー? (2009/09/22)
コメント
この記事へのコメント
確かに。そうですねぇ~
確かに、その通りですね。

私の解釈としては、あの二人は、ゲーム版のOPやクレジットに出てきた謎のシルエットの二人組みと睨んでいるのですが、これは当たり前ですかね?
つまり、観鈴と往人の後継人というか、後を次ぐ者と言うか、その言葉は悪いのですが、「転生した」姿?なのでしょうか。
「鳥の詩」で言うところの「僕たち」が「Faerwell song」で千年前からの呪縛に「別れ」を告げている詩なのではないでしょうか?

推考なしに咄嗟撃ちしている状態ですので、突っ込みをどんどん入れてくださいませ。
ではでは
2005/03/27(日) 17:15:08 | URL | きつねのるーと #qhVXTLRM[ 編集]
ツッコミは~
今ここに書いちゃうと、将来の記事のネタがなくなりますのでご勘弁いただいてー。つーか、既に、あえて書くこともなくなってきているような気もいたします~。私自身も「これでFA」と言えるようなコンクリートな自説を持ってるわけではないもんですからね~。

またそのうちに機会がありましたら別な記事で、ということで。申し訳ないっす。
2005/03/27(日) 20:47:31 | URL | てりぃ #-[ 編集]
でも
summer編中心の番外編が放映されるとのことで、また眠れない夏が続きそうですねw
2005/03/29(火) 09:04:47 | URL | houdy #pYrWfDco[ 編集]
ども
houdyさん、コメントありがとうございます。ホントに皆さん、情報がお早い。

細かいお話はまたいずれにさせていただきますが(別記事につけましたコメントをご覧いただければと思います)、「夏」放映というのがスケジュールとの絡みとは言え、イキだなぁと思いましたね。まだまだネタは続きそうです。引き続きよろしくお願いしますね。
2005/03/29(火) 12:52:48 | URL | てりぃ #-[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/241-e4f90d5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック