FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
Yahoo!オークションの仕様変更
 まーどーでもいいっちゃーどーでもいーことだし、普通の人にとっては見やすくなるだけで、むしろ良いことなのだとは思うのですが。

 Yahoo!オークションのマイ・オークション~ユーザーページみたいなとこ~の仕様が、今日の午後未明、いきなし変更されててビビりました。てゆーか、いきなし変更すんなコラと言いたい! 我が家ではですね、Excelでマクロ組んで、自分のウォッチリストを自動で読んで情報を集計したりしているわけですよ。それがいきなし壮絶なエラーを吐いて止まった時の気持ちがYahoo!の中の人にわかるか!もうね、パニクりましたよ。250件もあるリストのチェックなんて手動でできるか!オレの今日の夜の時間を返せ!
 ま、これはまだ良い方ですよ。世の中には、有償無償を問わず、ヤフオクを便利にするためのツールを公開されてる方も大勢いらっしゃるのです。それらの方々のご苦労はいかばかりかと。信じられないくらい大勢のユーザーからガンガン苦情メールとか来るわけですよ?仕事が立て込んでて超残業確定だろうと、恋人との仲が修羅ってて一刻を争うケアが必要な時だろうと、神アニメの感動に身を震わせて滝漏れ寸前の時だろうと一切お構いなしに

 「急に動かなくなりました。どうにかしてください」

みたいな厨房感満載のメールが怒濤のように押し寄せるわけですよ!それも自分には全く落ち度など無いにもかかわらず!ちゃぶ台も豪快に宙を舞おうというモノです。やってられるか!もうこんなソフト開発などやめてやるぁ!と叫ぶ彼の人を誰が責められましょう。

 もちろん、Yahoo!に、仕様変更を事前告知する義務があるのかってゆーと、そんなもんありはしませんわ。しかし、そのことでYahoo!を便利に使うためのソフトが衰退するかも知れず、その衰退によってユーザーの何割かがYahoo!離れを起こすかも、ということを考えると、全くお構いなしというのはどうなんだろうな、と。

 もう過去のことになりつつありますが、現@niftyがニフティサーブと呼ばれ、プロバイダ業務よりもパソコン通信業務の方がまだ主体であった時代。その頃のパソ通はいわゆるテキストベースであり、リアルタイムにコマンドを打ち込んでフィードバックを得る、非常に原始的なインターフェイスを持っておりました。しかし、それをGUIベースで操作可能にしたり、自動巡回機能により一括で情報をため込んで回線を切った後自在にログを読む、そういう仕組みを提供するツールが有志の手で制作・配布されており、ユーザーの多くはその恩恵に浴しながら快適な通信環境を構築していたのです。そのことがニフティを一層大きなコミュニティに押し上げていた、という側面は決して無視できず、ニフティサイドも重要な仕様変更の際にはこれらツール制作者への事前告知を決して怠りませんでした。管理者とユーザー、という二元だけでなく、その中間に位置するボランティア的な位置づけの有志の存在が非常に重要な立場を締めていた、非常に興味深い実例だと思います。

 そのマネをしろとは言わん!だが!「そんな義務ねぇもん」に徹することが、結果的に自分の損失に繋がっていることに思いをはせても良いのではないか!?「魚心あれば水心あり」という言葉を噛みしめてみろと。「神は自ら助く者をこそ助く」という言葉の重みを味わってみろと。「情けは人のためならず」は『情けは人のためにならないからかけちゃいけない』という意味じゃなくて『人への情けは巡り巡って自分にも報いるもの』という意味だということを今一度考えてみろと!

 グローバル・スタンダードなんてクソ食らえ!ドライな関係だけで人間社会が構築できると思ったら大きな間違いだ!ビジネスライクなクールな関係を全否定はしないけど、ハートウォームなホットな関係なしに人の世に未来はない!…って、元は何の話でしたっけ。ヤフオクの話でしたっけか~。明らかに暴走気味(汗)。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 笑う余裕 (2013/10/21)
 報道ってーのは (2005/04/27)
 セクハラ考・2 (2018/04/19)
 愛されることを要求すんなよなー。 (2012/05/04)
 押しも押されもせぬ推し (2019/11/14)
 「勘違いした現場主義」というモノ。 (2015/11/11)
 パクリは悲しいね (2006/10/02)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/223-34dbc9e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック