FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
仮面ライダーキバ 第2話「組曲♪親子のバイオリン」
 ………。


 なんじゃこりゃ!←いい意味で


 途中からのストーリー運びには、知らず引き込まれてしまいましたよ!もちろん、大好きなバッハの「シャコンヌ」がメインに据えられていたとか、個人的に「みどりさん補正」がバリバリに入っていた(笑)という事情もあるにせよ…それだけじゃないんですよね。素直に、「面白かった!」と言える出来でした。特に、過去編と現在編がこんな風に絡んでくるようなのは、私みたいなタイプにはもーたまんないわけで!


 こういうのも書けるんですね、井上さん!←ものすごく失礼
 
 全然無関係に進行しているかに思われた、現在の話と過去の話。それが、「ゆりの攻撃によって、バイオリンに穿たれた穴」を見た瞬間に、パシッとアタマの中で繋がるこのギミックが、もう辛抱たまりまへん。ああ!てことは、渡への修理依頼者ってみどりsひとみ=オクトパスファンガイアってことなの?!こういう「いい意味での意外性」って、ホントに美味しいスパイスで。嬉しいなぁ。

 オクトパスファンガイアは「魔女セイレーン」モチーフ、すなわち「美しい音で被害者を引きつけ、餌食にする」タイプのようですから、その「音」を出すことが出来なくなって22年間、雌伏しながら機会をうかがっていたということなんでしょうね。その間、エナジーを補給しなくても良かったのか、という点はやや不明なところですが、それ以外はスッキリ繋がって、自分的には満足。

 あとね、あの「共鳴」が!「共鳴」が!「共鳴」が!「共鳴」が!「共m(あーもーうっさい!)

 呑気にバイオリン弾いてる場合じゃないだろ!とか思っていた渡の真意が、みどりsひとみの弾いているバイオリンが共鳴した瞬間に理解されて、これまた自分的にはタマラナス、でした。ひとみの「誘惑音波」が渡のバイオリンに共鳴したのと同じことを、今度は逆にやろうと。「渡の演奏にひとみのバイオリンを共鳴させる」ことで、ひとみのバイオリンを鳴らして、「誘惑音波」を妨害してやろうと、そういう話なんですよね、これ。いやーわかりにくい!わかりにくいけどこういうの大好き!(笑)

 軟弱なだけかと思っていた音也が戦いに身を投じるその動機とかも、これまたなかなか。今のところ、自分としては非常にバランスの取れた状態で、視聴へのモチベーションは維持できています。一年間は長いから、途中は色々あるかも知れんけど、事前に危惧したよりもずっとフツーに楽しんでいけそうです。いよいよザンキsガルルも出て来そうですしね!


※J.S.Bach「シャコンヌ」について
 バッハ作品番号(BWV)1004、「パルティータ第2番ニ短調」の終曲。「無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータ」と呼ばれる6つの組曲の中で、最も有名な曲。シャコンヌは一種の変奏曲であり、この曲も同じパターンの和声進行の上に数多くの変奏を乗せていく形式が厳格に守られているが、そのバリエーションの多様さ、そこに込められた数多くの高度な技巧、バイオリン一つで奏でられたものとは思えないほどのドラマチックな展開などから、「この一曲だけでもバッハが大作曲家であったことがわかる」(Wikipediaより)と評されるぐらい、この作品への評価は高い。

 また「パルティータ」は「組曲」とも訳される古い様式の一つであり、今エピソードのサブタイトルと「共鳴」する形で採用されたのかも、と考えると、なかなか趣深いものがある。


 …あ。今回だけね?「キバットリビア」じゃあるまいし、毎週はこんなに書かないからね?(汗)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 Clannad After Story 第18回「大地の果て」 (2009/03/06)
 消失の進捗・その1 (2010/02/09)
 WHITE ALBUM2 第3話 (2013/10/27)
 劇場版AIR感想~ぶちゃむくれバージョン (2005/02/09)
 キルラキル 第5話「銃爪(ヒキガネ)」 (2013/11/03)
 TV版CLANNAD制作開始! (2007/03/16)
 けいおんレビューの進捗その8 (2012/03/04)

テーマ:仮面ライダーキバ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/1877-1de981e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダーキバ』、第2話「組曲・親子のバイオリン」の感想ですっ。 “魚の骨の煮汁は、後でスタッフが美味しくいただきました。”ってスーパーが出るのを 期待しながら視聴してもした(笑)。
2008/02/03(日) 13:39:04 | まぜこぜてみよ~う。by青いパン
わーいわーい。みどりさんだー。 ヴァイオリン奏者なファンアガイア、なかなかいい感
2008/02/03(日) 16:25:26 | 好きなもの
「仮面ライダーキバ(第2話:組曲・親子のバイオリン)」   平成ライダーな雰囲気に戻った「仮面ライダーキバ」第2話。 「電王」がないのをいまだ寂しいと思いつつ、 キバはキバで面白くなって欲しい。 過去と現在も1話よりわかりやすくなったかな。 登場する...
2008/02/03(日) 21:34:55 | 特撮ヒーロー追っかけ隊ブログ
今回は第2話「組曲・親子のバイオリン」。 ストーリーは仮面ライダーキバ 第2話「組曲・親子のバイオリン」で! チェックメイト…。 最後にキャッスルドランの中が見られましたね! 斬鬼さん、チェスをしていました。 えー、キバはカッコイイですね。 それに、紅渡...
2008/02/03(日) 21:56:12 | OPUS MAGNUM
初っ端から間違ってる感じ。もういいから、ジャンヌの肖像画はッ!!!あそこの部分は杉のアドリブなのかなーなんて邪推してみます。まあ来週になれば分かりますよ。今回も目まぐるしく現在と過去が切り替わります。雰囲気的には、過去に倒せなかった分を現在で倒す流れな...
2008/02/04(月) 11:09:06 | S2+
かなり自分勝手なブログらしくなってきた…。 アレの為の伏線だと思って下さい…。 とはいえ、キバットさんは面白いかもしれないです。 ...
2008/02/04(月) 23:57:55 | 『真・南海大決戦』
キバを目撃した恵の攻撃を手で防ぎそのままいっちゃった。キバをデジカメで撮影する恵。変なものを作っている渡。渡の父さんはバイオリン作りの名人だった。悪魔と契約してたりして?マスターと嶋は体脂肪対決をしていた。手打ちうどん店の看板を調べる渡。バイオリンの材...
2008/02/05(火) 10:56:22 | Sweetパラダイス
キバットいくZE!    |   .| /l_,,-\'\'ナ\"l .ハ .il.|     \'| .}  .ハ  ,        .|    |   .| .|\'\"!.! !___,リ,_ i ハ|  ...
2008/02/05(火) 19:36:56 | ルーツ オブ ザ まったり!
「組曲♪親子のバイオリン」 脚本:井上敏樹 監督:田崎竜太 アクション監督:竹田道弘 渡の元に、バイオリンの修復依頼が。中心に大きく穴が開いたそのバイオリンには、どんな秘密が・・・。 【今週の息子】 ※看板泥棒未遂。 【今週の親父】 ※「夜のレッスンの方が...
2008/02/06(水) 10:17:36 | お萌えば遠くに来たもんだ!
2話目にして「この世アレルギー」忘れ去られたァ!(゚Д゚;)前回あれほどこのアレルギーによる変人っぷりを見せていたのに今回普通に街を出歩いています。流石は井上クオリティ!そこにシビれるあこがれるぅ~!!(爆)しかし今回!最大にして究極の見所は過去編の喫茶...
2008/02/07(木) 01:07:05 | ユルユル行こう
2回目で、早くも適当に製作しているということが露呈しただけの酷い物語でしたね。(御大、やっぱり適当に遊んでいるだけですねぇ...) まずは、22年前の宮澤ひとみと現在の宮澤ひとみ。22年という歳月が流れているのに、全く年を取った感じがない。化け物(ファンガイア...
2008/02/08(金) 12:19:29 | MEICHIKUえんため・ぶろぐ