FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
@nifty、パソコン通信を来年3月で終了
 何日か前に初出の、ちょっと古いネタではありますが。今日になって、これに関する非常に共感できるコラムを見つけたので。

 小寺信良:「パソコン通信」とは何だったのか
(ITmediaライフスタイルの記事)
 なんと申しますか、懐かしすぎて涙が出ますよ。たとえば、

>商用BBSでは誹謗中傷は禁止されているため、
>フォーラム内で直接ヒドいことを言われることは
>ない。その代わり、よってたかって理路整然と
>長文の説教を食らう。


 とか。多分、自分がそういうお説教を食らったこともあったと思いますし(正直あまり覚えていない)、他の人が食らっている様なら幾度となく目にしましたし。自分がお説教かましたことも一度や二度じゃなかったと思います。

 思えば、「機種依存文字使うな」とか、「80桁以内で必ず改行入れろ」とか、「生ログをそのまま貼り付けるな」とか、「行頭に">"を入れるな」とか、「引用するときに勝手に改行位置を変えるな」とか…。ハンドルネーム設定の有無が任意になったときには、「会議室で質問するなら、まずハンドルネームを設定するのが礼儀」というのもあったな。とにかく色んなお約束事やら不文律やらがありました。これらの全てがニフティ公式の決まりなどでなく、ローカルルールに近いものだったのだから、今になって冷静に考えると驚きです。「ネチケット」という造語が一般の人に知られるようになったのも、ニフティの台頭と時を同じくしている気がします。

 うまく表現できないのですが、アレはバーチャルな世界でありながら、先達が醸成してきたある種の「呼吸」を重んじるという、暗黙の了解をベースに美しく構築された、古き良き村社会の変種であったのかな、と思います。もちろんそれがいいことばかりではないですし、「村八分」みたいなことだってありましたから、今主流の「原則自己責任の世界」とどっちがいいかは一概に言えません。ただ、悪いことばかりでもなかった、とも思うんですよ。今となっては前時代の技術になってしまった、モデムと電話回線とテキストベースの世界。その一見不自由な仕組みを拠り所に集まった仲間たちとコミュニティには、確かに大きな魅力があったと思うのです。

 奇しくも、2週間ほど前にニフティ入会10周年の報が届きました。その直後にこんなニュースが流れたことに、偶然とは言えない何かを感じてしまったり。久々にバックアップディスクからNifterm一式を掘り出してみて、巡回かけてみようかな、とか思っている今の自分が、何となく妙に思える今日この頃です。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 その「あと一時間」は確実なのか? (2015/12/07)
 大喜利的なアレ (2017/09/07)
 お客様=神様・考 (2015/12/14)
 討論と話し合い (2006/01/26)
 暴力をチラつかせて表現を潰すな (2019/08/03)
 ラーメン屋に入ったのにハンバーガー食わされた的な? (2019/09/15)
 DAIHATSUのTANTOがすごく嫌いになる事案が発生 (2013/11/27)
コメント
この記事へのコメント
懐かしい限り
 紹介のコラム、自分も読みました。懐かしさとか寂しさとかそんな気持ちを感じました。
 始めてパソコン買って、知人の助けを借りてNiftyにアクセスできるようになって、そして始めて発言してレスをもらってめちゃめちゃ感動したのを覚えています。トラックバックをもらえることの比じゃないくらい(笑)。
 94年のことでした。
 会議室のあ独特の雰囲気と連帯感みたいなものはもう味わえないと思います。
2005/02/23(水) 02:12:38 | URL | KISS.LA #XAUl15Aw[ 編集]
先輩!
KISS.LAさんの方が1年先輩なんですね。m(_ _)mフカブカー ←ちょっと懐かしい表現(笑)

はじめての発言とレス、ドキドキしましたねー、ホントに。まだ巡回環境が用意できてなくて、生アクセス中にやったもんで、書いた発言を確定するRETURNキーを押下するのにすんごく時間がかかりました(笑)。

RTとかも、時々すごく懐かしくなります。でも、あの時と同じ感覚は、多分もう味わえないでしょうね。今はある面で便利にはなったと思いますが、あの世界に時々で良いから帰ってみたくもなりますね。
2005/02/23(水) 21:57:32 | URL | てりぃ #MbZWXbZ6[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/183-0b4c0c8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック