FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
仮面ライダー電王 第43話「サムシング・ミッシング」
 先週のあの引きが「子供だまし的なフェイク」であったのには、かーなーりートホホ的な意味合いでズッコケましたが(^^;、つーか、確か誰か当ててたよ?あのケースの中身はスプーンじゃないのかって。これは少年漫画誌でもよくあるような、「次週を見ずにはいられなくなるような、引きつけるため”だけ”の引き」というヤツでしょうが、もう散々売れまくってるこの番組に、今さらそんなもん要らないんじゃないか、と。いや、まあ、別にいいんですけどね(オーナー調に)。

 それを別にすれば、内容的には今回も満足の出来でした。

 「何か、失われ(てい)るもの」というサブタイトル。それは、タロスたちが良太郎の時間から消える可能性に加えて、カイが感じている妙な違和感~何か思い違いでもしているかのような~とも繋がっています。本当に失われてしまうのか、失われているものがあるとしたらナンなのか。あっ…こっちの方はフェイクじゃないよね?ねったら?
 
 タロスたちの力を借りて時の運行を守れば、イマジンの未来とは繋がらなくなり、そもそもタロスたちはやってこれなくなる…これはタイムパラドックスではありますが、作品的の方向的には「もーそんなのどーでもいい」とか思ってしまう状況になっているのがスゴイですね。揺らぎのある未来、人の記憶こそが時間、記憶にある時間は自己修復機能が働く、などの、時間モノとしてはかなり特異なモチーフが、タロスたちに関するパラドックスについても「うん、それもありかも」と思わせてくれるんですな。時間という難しいテーマを扱うに当たって、前半では違和感を感じさせるようなムリなエピソードを極力控え、終盤になるここまでこのパラドックスを引っ張ってきたのが大正解、ということなんでしょう。この辺の構成力にはホント、頭が下がります。

 シリーズ構成的な視点はともかくとしても、スポットのストーリーとしても実によくこちらをひきつけてくれますね。今回良太郎は、「自分の戦う動機」と「自分の願い」とにまたがる大いなる矛盾を突き付けられてしまうわけですが…。桜井侑斗が分岐点の鍵でなければ、ゼロノス(に変身するという侑斗の行動)に矛盾が無くなる、という、オーナーの言葉とは裏腹に、今度は電王の方が変身に矛盾を抱えてしまうという辺りがまた素晴らしい。週ごとに描くテーマや中心的人物が変わっても、一貫性を感じさせてくれるこの流しぶり。たまりませんね、毎度のことだけど。

 良太郎は精神的にはかーなーりー強い、稀に見るタイプのライダーですが、それは決して「彼に迷いがない」ということではありません。彼は、いつだって、困難な選択を迫られた時には大いに迷っています。でもその結果がいつも、精神的な強さの見える、ヒーローとしての結論に達するが故に強い強いと言われているわけですが…今回の、「タロスたちと一緒に戦うわけにはいかない」と言った彼の気持ちは、「答え」なんでしょうかね?私には、まだ良太郎が「迷いの過程」にいるようにしか見えません。いや、もちろん、「まだ前半回だからー」というのもありますが(苦笑)、迷いのない結論に達した人間が、あそこまで戦いの中で躊躇しますか、ねぇ?

 良太郎自身が「まだタロスたちに願いを言っていない」というモチーフまでを、こんなところに決めゼリフとして使ってくるのには痺れました。また、ストーリー上はこれまで「固定の事実」としていた桜井さんの失踪を、一瞬にして「疑義のある記憶」にしてしまったのにも脱帽です。これらの序盤モチーフの色々、ぜーんぶ当初から予定されてた仕込みなんだろうナァ…。ひょっとしたら、契約締結前のイマジンが砂状態である、ということまで、今回の「砂のように掻き消えてしまいそうなモモタロスたちのイメージ」を引き出すための仕込みなんじゃないか…なんて、考えさせてしまうほどニクイ技です。

 年内はあと3回、でしょうか?もう後があまり無い中で、別れをそこそこ前から予感していたタロスたちと、今回はじめてその事実に突き当たった良太郎の関係はどこに辿り着くのか。引き続き目が離せません。次週も楽しみ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 ルパVSパトへの感謝を (2019/02/12)
 リトバス Rf 第13話「リトルバスターズ」 (2013/12/31)
 TNGパト第五章を見た。 (2014/10/26)
 Clannad After Story 第12回「突然の出来事」 (2009/01/23)
 今日は一日お出かけの予定。 (2014/07/21)
 動画見の振り返り2019 (2019/12/31)
 新年早々に映画鑑賞なぞ (2017/01/01)

テーマ:仮面ライダー電王 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/1794-63454870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★TBさせていただきます★『仮面ライダー電王』、第43話 「サムシング・ミッシング」の感想ですっ! “神のスプーン フルセット”に「しょーもねぇ」言っちゃったよ、モモタロス(笑)。
2007/12/03(月) 09:35:32 | まぜこぜてみよ~う。by青いパン
今週のTV欄は 仮面ライダー電王 「何かが変!?」 いつも変だけど? 顔がそっく
2007/12/03(月) 20:48:43 | 好きなもの
まぁ、よくある事です。去年とか去年とか去年とか… 「something missing」失われた何か…。 桜井さんが失踪した事、愛理さんが桜井さんを忘れている事、もっと言えば桜井さんなる人物...
2007/12/03(月) 20:52:20 | 『真・南海大決戦』
トランクの中身 ねっやっぱたいした意味なかったでしょ。っていうかあれでどうやってチョモランマを・・・。 侑斗が分岐点ってのは疑問。 一応キーっぽいメッセージも駅長は残してくれました 時間を簡単に変えられ
2007/12/04(火) 05:14:54 | 駄文とか駄文とか駄文とか
多分初めて迎えた電王最大の危機。 モモタロス達は彼らなりに既に覚悟を決めていた様ですが、良太郎にとっては青天の霹靂。動揺して当然です。 しかし、お前はそんなに心の弱い奴だったのか」と怒るモモタロスに対して、「ちょっと違うけど…」と返す良太郎の言葉が気に..
2007/12/04(火) 07:08:24 | バラックあにめ日記
ええやん!ええやん!すごいやん!今回はキンタロスバージョンでした駅長の開けたケースの中身は金のスプーン・・・・・・。ずっこけるタロスたち。『ゼロノスのへ変身は桜井侑斗の存在を消すおそれがありますからねえ』桜井さんが姿を消した直後に何かあった?土管の中に...
2007/12/04(火) 13:24:27 | Sweetパラダイス
ええやん、ええやん、すごいやん! のキンちゃんバージョンは予想通り。 駅長のジュラルミンケースの金のスプーン も予想通り。 でも・・・、 良太郎のタロウズ消滅について知らなかった、理解してなかったのは 予想外でした。
2007/12/04(火) 20:53:40 | nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!
俺!参上! このセリフもあと何回聞けることになるのやらですね。
2007/12/04(火) 23:37:38 | ルーツ オブ ザ まったり!
ちくしょう! さっきまで記事書いてたのに消えやがった! もう一回書き直すか・・・ せっかく持ってきた光の箱もただのスプーンケース。 脱力する一同だけど、一応侑斗が分岐点の鍵かどうかは疑問であるという
2007/12/05(水) 22:58:46 | 特撮の軌跡
やっと電王に…正直今もそんなに時間がない… コメントの返信が2週以上遅れております、本当にゴメンなさぁああああい!! と、ここでもうすぐ締め切られる特撮流行語大賞予選の途中経過。 http://vote1.fc2.com/poll.php?mode=result&uid=2261629&no=1 電王がTO
2007/12/07(金) 01:46:51 | 特撮警備隊3バるカんベース~自転車泥棒~
「仮面ライダー電王(第43話:サムシング・ミッシング)」   様々な謎の片鱗が見えた今回。 駅長の言葉 「桜井侑斗は分岐点のカギと思えない」 オーナーの指摘 「桜井さん失踪時の良太郎くんの記憶は正しいのか」 カイは桜井侑斗が分岐点のカギだと信じていた...
2007/12/08(土) 22:43:35 | 特撮ヒーロー追っかけ隊ブログ