FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
電脳コイル 第21話「黒いオートマトン」
 ダイチが久々に登場したことで、ダイチに象徴されるようなあの喧騒の日々が今週は描かれるのかな?と一瞬でも思った私がバカでした。新しい校舎に間に合わなかったことで、彼はストーリー上も「遅れてくる存在」に位置付けられてしまい…先週までと同等の、いや、下手をするとそれ以上に辛い展開にっ!!

 メガマス社と繋がっているであろう猫目は、第一小の子どもたちと繋がっているボスの言うとおり、本当にイサコを切り捨てたのか?そもそも猫目と第一小の子どもたちは繋がっているのかいないのか?

 実際にはいなかったというイサコの兄は、ヤサコの「4423」とは別人物だったのか?じゃあ「4423」も存在しないのか?ヤサコも何かの「実験」に巻き込まれているのか?

 今見ているシーンの、一体どこまでが本当で、どこからがフェイクなのか?

 そんな数々の疑問を全て吹き飛ばすかのように、黒いオートマトン・2.0が、わずかな希望をも打ち砕くためイサコに迫る!てそこで引きかよ?!(;´Д`)
 
 ある程度明らかになったと思っていた「イサコの真実」が、そして磐石かと思っていた「イサコの力強さ」が、次々に剥ぎ取られていく回となりました。彼女が真実だと思っていたものに真実は無く、彼女が前に進む動機としていたものは一切が虚構だと知らされて…。冒頭で「ボクのこと忘れないでね」という言葉とともに兄から受け取った人形が、無残に壊されてしまったことに象徴されるように、「兄」という存在は煙のように掻き消えてしまって…。

 こんなことを言うのはおかしいかもしれないけれど、イサコを追い詰める展開が、もうとにかく徹底していて、よく出来すぎていて、メチャメチャに辛いです。同級生たちの集団いじめだけでもこちらには辛かったのに、色々な意味で彼女の拠り所だった「兄」という存在を、切々と説き伏せるように、確実に彼女の心の中から消していこうというこの運び…どーすりゃいいのさこの私。

 明らかにイサコの話なのに、サブタイが「黒いオートマトン」であるのは何故か。その「黒さ」が物理的な意味のみならず、「謀略」「闇」をも表しているからではないでしょうか。そう、イサコは遥か以前から仕掛けられ、どこまでも底なしに深い「ワナ」にかけられているのです。その最後の仕上げが、「黒いオートマトン」による、深刻な痛みを伴う、フォーマット=存在のリセット。万事休すなのか、イサコ。


~~~


 そんな辛い話の中で、ヤサコの存在が救いでした。集団いじめの場において、流れに飲まれてしまう子どもたちはむしろリアルな描写でしょう。元より仲が悪かったのだから構うことはない、と言うフミエだって、物語としては悪役っぽく見えてはしまいますが言っていることは正論です。

 じゃあ、そういう向き合い方でもいいのか、仕方がないことなのか。

 その問いに答えるように、ヤサコはおずおずとではあるけれど、イサコと向き合おうとすることを止めません。まだその思いはイサコには届いていないけれど、ヤサコがイサコのことを心配しているシーンがあるだけで、見ているこちらがどれほど救われるか…。まだ道はある、先はあるんだよイサコ、って、応援してあげられるじゃないですか。どこまでも心を掻き乱すラストシーンの後、いつものEDでもこう言っているのですから…「道は続いてる、繋がっている」と。

 対極の人間、いや、裏表の関係…それとも、名前が同じ読みであるように、実は同等の存在なんじゃないか?自らを捨てることが出来ず、自分の人形を取りに戻ってしまうイサコ、オートマトンの攻撃に晒されるのを見過ごすことが出来ず、自分の危険をさておいてもモジョを助けに行ってしまうイサコ、その姿には、ヤサコと同じ「弱さ」や「優しさ」が見え隠れします。そんなイサコをヤサコが救うのか、それとも…。管理外ドメイン=心の聖域の象徴にまで侵入してくるオートマトンの攻撃を誰が防ぐのか、今まで以上に次回が楽しみです。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!! (2008/10/01)
 日常の第8話 (2011/05/25)
 甘城ブリリアントパーク第11話まで (2014/12/21)
 京アニ作品の「薦めやすさ」を考えてみた。 (2013/01/27)
 キルラキル第一話見た。 (2013/10/06)
 旧劇場版前後のエヴァ特集の雑誌 (2012/11/17)
 ユーフォ2もずっと佳境で。 (2016/11/29)

テーマ:電脳コイル - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/1719-3a7aeb7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ダイチ久しぶりですねぇ~w 何時以来だろうか・・・親父に扱かれて以来か? いない間にストーリーはどんどん進み、大変なトラブルもありと インパクトの多い出来事が多かったので、すっかり忘れられた存在になる所でしたw でも何か安心しますね。 しばらく思い展...
2007/10/21(日) 06:10:33 | よう来なさった!
★★★★★★★★★☆(9) ぎゃああああ!! 誰だよ、先週で一段落着いたとか言ってた奴はー!?(お前だよ) なんなんだこの急展開は!面白すぎるじゃないか! Bパートで明かされる衝撃の展開。いやあ凄まじい
2007/10/21(日) 08:01:36 | サボテンロボット
電脳コイル「黒いオートマトン」です。 しかし、どうも電脳コイルの面白さと、視聴率って比例しないものなんですね。DVDの売り上げはどうなんだろう。小説は売れている雰囲気ですが。 内容的には、もう本年度NO.1間違いないと思うんだけれど。 ということで、...
2007/10/21(日) 09:30:26 | 藍麦のああなんだかなぁ
新学期 & 緊迫の新展開。 ヤサコたちの小学校は統合されてビルに移転。 タケルとも再会するが…。 ミチコを呼んだのはイサコと怪情報を流され孤立…。 イサコを追い込む謎の声――。 猫目の背後にいたのは電脳メガ
2007/10/21(日) 15:10:51 | SERA@らくblog
あのピンクのミゼットはてっきり猫目のだと思ってたけどどうも違うよう。イサコに説明とかする必要はないよなぁ。裏切ったならオバチャンにだってずっと騙し続けてるし。猫目はメガマス社側の人間のように見える。まぁ激し
2007/10/21(日) 19:28:21 | 蒼碧白闇
「黒いオートマトン」 今週は女王イサコ様の転落人生のお話でしたね~ サッチーすら
2007/10/22(月) 09:11:49 | Brilliant Corners
「イサコのバックには誰か黒幕がいるのは確かね」ちょwwwwオバちゃん!それ猫目!猫目wwwww!(笑)先週もなかなかのもんでしたが、今週も視聴者の度肝を抜く超展開が繰り広げられました。前回までが「ハラケン編」という感じだったので、今回からは遂に「イサコ編」とい...
2007/10/22(月) 09:48:50 | ユルユル行こう
イサコが感じている不具合、変な感覚が イマーゴに拠るものなのか? 2学期になりいきなり小学校建て替えのため 第一、第三小学校が合同の仮設小学校へ編成 そこで駅裏の少年の回で現れたタケルくん再登場 そしてヤ
2007/10/23(火) 00:03:38 | Powerd BYエコール・ド・サンファル
また物凄い展開になって来ました。 兄が記憶の改竄の産物と知らされ愕然とするイサコですが、兄に貰った人形は確かにその手にあり。 謎の声の言う事も一概に鵜呑みに出来ないでしょうが、そんなショッキングな宣告を受けた上に、実質上完全に孤立してしまったイサコに、..
2007/10/23(火) 05:22:19 | バラックあにめ日記
新学期が始まり、新しい駅ビルに移転した大黒私立第三小学校は第一小と合併していた。その頃、ヤサコはタケルとの再会に喜ぶものの一向に目覚めないハラケンが気になっていた。一方、イサコはなぜか第一小の生徒たちから執拗な嫌がらせを受けていた。イサコ、ぴ~んち!!...
2007/10/23(火) 18:41:40 | Sweetパラダイス
今回はあらすじを追いながら感想。日記はいつもメモ帳に書いてからupしますが、セリフと内容を書きだしたのに、upする前に寝ぼけて違う文章を上書きしてしまいました。今回もぎっしり詰まっていたのに…(某少年誌アニメと比較すると同じ30分(正味25分)とは思えません!...
2007/10/24(水) 01:16:29 | からまつそう
第21話「黒いオートマトン」新学期からヤサコたちの通う学校は第一小学校と合併し、新しく出来た駅ビルに移転。そこでヤサコは以前自分を助けてくれた少年・タケルと再会する・・・。「お前は実験に使われていたんだ!天沢勇子!!」デンスケは古い空間にいたためバグが...
2007/10/24(水) 05:59:15 | 日々“是”精進!
怖いよ〔電脳コイル〕。女王様だったイサコにこんな日が来るなんて…。〔電脳コイル〕21話〔黒いオートマトン〕。もう数話で終了だと云うのに、今更な新展開・超展開。凄いの一言。本当に終るのかな、全部。物語は、ノスタルジック溢れる子供の世界から、サイバーな電脳ワ...
2007/10/26(金) 19:09:41 | くろぬこillust自由帳【KuroNukoMatryoshka】