FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
ノエイン見終わった。
 我ながら、随分長いこと放置していたものですが…。ようやく、最終話(第24話)まで見終わりました。

 これについての感想を書くのは…なかなか難しいですね。素直なところを言えば、前半部ほどのワクワク感は無かった、かな。ストーリーの終結のさせ方としては、妥当なところであるとは思いましたが…興奮の度合いを保ったまま、こういう方向性の作品をまとめるのが如何に難しいかを目の当たりにした心地です。「今までに出会ったことの無い映像体験」「意欲的なテーマに真正面からぶつかったアニメの新境地」というノエインへの第一印象を、自分の中で最後まで持続させることはちょっと厳しい感じでした。もちろん、通常のレベルを超えて楽しんだ作品であることは間違いないですし、見てよかったという感想も同時に抱いておりますよ。
 第一話のそれに比べると明らかに密度の落ちている作画は別としまして、唯一残念だったのが、「ラスト2話辺りにおいて、ハルカの『意思』という部分の描写がやや希薄に感じられたところ」なのですが…他にご覧になった皆さんはどうでしょうか。

 このアニメの一つの魅力として、「自らも制御しきれないほどの力を時空に対して発揮する少女が、時折自らの意思に基づく超常的な力を発動させ、何かを救ったりする」というところがあったのです。しかし、ラスト2話ほどでは、ハルカはユウが救い出す立場になっており、彼女の意思が介在して大団円に向かう、という風にはなっていなかったと思うんですね。これはもちろん、ストーリーの初めで「むしろハルカから守られている存在」に近かったユウが、自分の意思でハルカを守る存在にまで成長した、という表現であり、そこがむしろカタルシスの頂点となるべき部分なわけですが…見終わった時の感じでは、やっぱ正直に言って、何か物足りなかったんですな。パーツは揃っている感じがありますので、あとはディテイルなんでしょうけれど…やっぱり、こういうのをまとめるのは難しいんだよなぁ、という感想に舞い戻ってくるわけです。

 予想していなかったところでは、アトリの過去や、思わぬ人間っぽさを見られたところがツボでした。つかね、あの、本来の時空に戻ろうとするハルカの家を出る時のアトリの笑顔は、ちょっと反則級でしたよ。前半ではまるで世界の全てを呪っているかのようなキャラだったのに、こんな裏があったなんて、ね。最後はこの時空の未来を守って散った、という感じの描写になっていましたが…それで幸せだったのかな、彼は。そうなのだと、信じたいところです。

 舞台になった函館は、実は私の生まれ故郷なんですよ。そういう意味でも十分に楽しめましたし(また空気を感じに行きたくなってしまいました)、ジュブナイル的にも理系的表現を含むアニメとしても、良い時を過ごさせてもらったと思っています。ハルカを含む全ての子どもたちの未来が、どうか明るいものでありますように。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 体力も気力ももたなくてねぇ… (2019/09/16)
 ダリフラ 第2話 「繋がるということ」 (2018/01/21)
 仮面ライダー響鬼 八之巻 「叫ぶ風」 (2005/03/20)
 壊れてナンボ、なのかしらね? (2010/09/02)
 ハルヒ新作「笹の葉ラプソディ」はYouTubeで見れます。 (2009/05/28)
 涼宮ハルヒの憂鬱 II 改めて (2009/04/14)
 ダリフラ 第13話「まものと王子様」 (2018/04/13)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/1717-0298310d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック