FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
電王25話ぁ~
 キライじゃないです。こういうの。劇場版とのタイアップ、という生々しいアレが見えているのは、確かにアレではあるんですが、ほんの数メートルの距離を双方気づかぬままにすれ違っているデネブとか、楽しすぎますモン。時間モノならではのこのスリルは、やっぱ堪らんものがありますねぇ…。

 こういうところは、タイムパラドックスの問題に直結しがちな部分でもあって、だから時かけでも避けられているのかなーとか、電王でもなかなか出て来ないんだろーなーとか思うわけですが、どうせフィクションやるならこのぐらいは楽しくないと!という気持ちも一方で確かにあって。む、これはどっちのデネブだ?みたいなちょっとした謎解きライクな引っ張り方が、楽しゅうて楽しゅうてもうやめられまへんわ。うひょー。
 劇場版のプロモーション的に使われるお話になるんだろう、とは思っていたわけですが、前2回のジークエピソードが劇場版に繋がって行くであろう前哨戦的な物語であったのに対し、こちらは劇場版と平行して進んでいく物語になっていたのが、地味ですがよく工夫されていて、いい感じです。これで「テレビと劇場版両方を見た人にしかわからないギミック」とか仕込まれていた日にゃあ、もう悶絶モノですじょ?

 …まあ、それは、裏を返せば「テレビだけ見ている人には理解しきれない部分が残ってしまう」ということでもあるわけナンですけどね。orz てりぃは劇場の足を運ぶ予定は今のところ無いので、ちょっと違った意味でハラハラしてたりもします。コラボレーションが上手く行けば行くほど、DVD発売まで自分にはお預けになるのだろうというね。

~~~

 バック・トゥ・ザ・フューチャー三部作の中でも、「同一人物が同じ時間の同じ場面の中に出てくる」という仕掛けが存在するのは、「part2」だけです。で、最も享楽的というか、ドタバタなイメージに満ちているのも、やはり「part2」ですね。元々「Double Back」という一つのお話だったものが、尺の関係で「part2」「part3」の二つに分けて公開されたらしいのですが、その切り方がまた神がかっているというか。まあ、詳細は省きますが、「part2」にも「part3」にもそれのみに存在する味わいがあって(もちろんpart1にも)、しかも三部作としてまとまりのある作りになっていて。シリーズ物の見本のような作品、と私は思っています。

 …壮絶に話が逸れましたが。

 その「part2」で一番楽しかったのが、やはり「平行して進む二つの物語」だったように思います。特に、1955年の「part1」でのシーンにかぶって繰り広げられるあれこれは圧巻の一言。part2のマーティがpart1のマーティが開けたドアにぶつかって失神するとことか、文句なしに楽しいし面白い。これは時間モノでしか得られない醍醐味なわけですよ。

 今回の電王がそこまでのものだったのか?と言えば、まあそういうわけではないように思うのですが、電王を見ながら私の頭にはバック・トゥ・ザ・フューチャーの名シーンが浮かんでいたことは事実です。来週は「テレビ版としての物語がどこに収束するのか」という点以外にも、「劇場版とのコラボを、そして平行するストーリーをどこに帰着させてくれるのか」という点に大いに期待して見て参りたいと思います。



 最後に余談ですが、あの侑斗、どんどん可愛くなってませんか?にっ!と笑って良太郎にスプレーを吹きかけるシーンと言い、デネブが乗り移って「善意の人」として振る舞っちゃうところと言い、天井へ星飾りを付ける時の嬉しそうな表情と言い…。デレ期突入なのか?新たな萌えの地平に向けて邁進するつもりなのか?(多分違う)
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 仮面ライダーカブト・18 (2006/06/18)
 さぁ、本日夜から、です。 (2013/10/05)
 キバ10話レビューに代えて ~ 動画定期レビュー休眠宣言 (2008/04/05)
 Clannad After Story 第12回「突然の出来事」 (2009/01/23)
 アンジェリーク第2期決定!って早ッ! (2006/09/13)
 残り「2」つ。 (2010/02/27)
 動画見でとっくす (2018/11/27)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/1562-e6feb072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
秊 「苦くないコーヒー研究しなきゃね」 「…ムダだと思うよ」 非常に珍しい良太郎の毒づき。 姉のコーヒーの味をメチャクチャにして、まあそれだけなら許せるのでしょうが、それが自分も慕っていた姉の婚約者なのかも知れない男の行為であったから、彼にここ
2007/07/23(月) 12:47:15 | バラックあにめ日記
テレビ欄に思いっきり「劇場版連動編」って書いてあった。まさに連動してたな・・・深夜に良太郎の部屋にくる侑斗とデネブ。怪獣がすばしっこいって・・・最初はデネブがネズミを怪獣とでも呼んでいるのかと
2007/07/23(月) 23:03:23 | 特撮の軌跡
今日のTV欄は 仮面ライダー電王  「映画連動編」 なるほど連動なのね。 しかし
2007/07/23(月) 23:08:39 | 好きなもの
デンライナーのシーンは別段ストーリーとは関係ないから、もうどんどん好き放題なっとりますね。特に最近は。小さくなったり紳士になったり何でもありですか。いや、嫌いじゃないですけど。キンタロスのインチキ標準
2007/07/24(火) 00:13:58 | 『真・南海大決戦』
仮面ライダー電王 第25話「クライマックスWジャンプ」 脚本:小林靖子監督:舞原賢三アクション監督:宮崎剛[画像](STORY)ある朝、目覚めた良太郎(佐藤健)は首をかしげる。 深夜、突然部屋に現れた侑斗とデネブに連れ出され、恐竜時代へと連れて行かれたよう
2007/07/24(火) 07:58:36 | ふぁくとりいD
 前回と同様に今回も劇場版の宣伝回。 ジュラ紀に跳んだときは何事かと思いましたが、タイムリープ物では毎度おなじみの同一時間軸に同一人物が多数という状況下。一度は必ずやるとは思っていましたが劇場版との組み
2007/07/25(水) 00:12:46 | かみかみ神谷の凸凹にゃんにゃん
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダー電王』、第25話 「クライマックスWジャンプ」の感想ですっ!イマジンをワサビ入りコーヒーでコントロールすれば、“時の運行”を守るのは容易かも知れないよーな(笑)。
2007/07/25(水) 11:13:37 | まぜこぜてみよ~う。by青いパン
クライマックスに手が足りないその一言で映画とTV、二つの世界をまとめてしまったことに俺が泣いた!また追記します。追記しました。恐竜時代映画とリンク。今回の話が映画とコラボしてることをしらな
2007/07/25(水) 11:29:57 | 駄文とか駄文とか駄文とか
クライマックスって、いつのことだろう?
2007/07/25(水) 22:58:25 | ルーツ オブ ザ まったり!
ぶっちゃけた話、同じ日の放送で電王、ゲキレン共にイマイチ乗れない内容だったのは今回が初めてかもなぁ。ゲキレンの方は追々書くとして、電王の方は通常のストーリー進行に無理やり劇場版のPR(プロローグ?)を差し挟んだ内容にしか見えなかった。劇場版のPRは専用のミ
2007/07/26(木) 09:10:53 | Document W.D
人気ブログランキングの順位は?『いらっしゃいませ!ミルクディパーへようこそ♪』ハナちゃん、かわいい~(〃▽〃)♪ナオミちゃんの衣装だと、集客率アップするな。。。(´▽`*)
2007/07/27(金) 23:46:11 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!