FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
グレンラガン 第15~16話っ
 第16話が「総集片」だとわかった瞬間に、「レビュー遅れてもいっか…」と日和ってしまった私です。orz

 で、先に「総集片」の方ですが。実写での「手書き文字」を絡めて、超駆け足でのおさらいでやんしたね。通常ペースでさえ「飛び飛び」でエピソード間の色々は各自自力補完必須だったグレンラガンですから、総集編にしたらもー何が何やら(笑)。でもそれを、主にカミナ&ヨーコ、ニア&シモンという軸にまとめて再構成したのは、なかなか良かったように思います。登場シーンや合体シーンなどは、実際の時系列を入れ替えたりして流れ&燃えを保った形にしてあって、なかなか頑張ったなぁと。

 ま、これ単体でもう一回見直したいか?と聞かれるとちょっと微妙ですけどね。でも、まあ、他作品でも「見直したくなるほどの総集編」というのもあまり記憶にない以上、こんなところかなぁと。…それにしても、相変わらず「シモンの復活 with トップ立ち」を見る度に無条件で涙腺が緩むのはナンとかして欲しいモンです(^^;;;。
 そんでもって第15話ですが。


 ワシが螺旋塾塾長、ロジェ島ノム八である!!


 …とまあ、これに尽きますなー(笑)。「所詮ガンメンなぞこんなものか」とか言いながら、のっしのっしとラセンガンを歩いていくその勇姿!小型とは言え歴としたガンメンを素手でドツキまくる熱きコブシ!鍛えすぎだろ、常識的に考えて…あ、そうか、永遠の命を宿して、もうとっくに「人間やめ」てるんだっけ(笑)。

 でも、そんなトンデモな展開も、全てをぶっ飛ばす勢いでの「第2部最終回」には燃えまくりました。いやもうメカ関係動きまくるし熱いカットてんこ盛りだし。センスいいよなぁ、色んなところで。地上からはてっぺんが見えないほどの圧倒的な巨大さで大グレン団を圧倒するガンメン・テッペリンの描写~グレンラガンがはるばる地上から飛んでいって確認する辺りの描写力が素晴らしい!~とか、それが威圧感を保ったまま実際に動いてグレンラガンを手玉に取るとことか、もうシビレまくりですよ。さすがGAINAX、同じような巨大ロボでも泣けちゃうくらい動かなかったデュカ某とはモノが違う。

 「ちょい」どころでない「ワルそのもの」な顔付きのロージェノムの、座ってるだけでダークオーラばりばりな感じもグッド。でも、彼が悪なのかどうか、というのは、確かに実際のところは微妙なんですよね。シモンと同じ「螺旋力」を使って、グレンラガンと同じタイプのガンメン・ラセンガンに乗るロージェノム。実は、シモンとは「どちらが表かわからない裏表の関係」なんじゃないか?とか想像させますよね。

 ここで気になるのが、「ロージェノム」という名前の由来。ウチの記事のコメント欄R-30さんの記事とコメント欄でちょこちょことお話ししてきた通り、グレンラガンに登場する様々な固有名詞には何かしらの元ネタが潜んでいます。上に挙げたR-30さんのとこに書かれていない辺りでも、ジーハ村(端、世界の辺境の意?)とかリットナー村(隣村)とか。王都テッペリンも「てっぺん」から来ていることは容易に想像できますしね。で、「ロージェノム」ですが…螺旋がDNAを表すことと合わせて考えると、「ジェノム」は「GENOME(ゲノム)」、つまり「ある生物をその生物足らしめるのに必須な遺伝情報」(ウィキペディアより)ではないかと推測されます。では「ロー」の方は?

 思いつくのは「LAW」、つまり遺伝情報をいじって世界を律する「法」たろうとしているという解釈と、「LOW」、つまり下を意味する言葉がゲノムと合わさって「生物の在り方を貶める存在」を含意する名前になっているという解釈の両方があり得ます。第15話を見ての感想は、「これ、どっちも当たってるんじゃないか?」ということですね。人類の守護者であるというロージェノム自身の言葉に従えば「LAW」でしょうし、でも生を脅かされているという人間側の意識からすれば「LOW」でしょうし。

 そしてもう一つ。「LOW」が表す「下」は、シモンの名前が「下(シモ)」に由来することと呼応しているんじゃないでしょうか?天上を目指すが如くそびえる王都テッペリンを築いたものの、自分自身は「下」を名に持つロージェノム。方や、天を突き破るドリルを持つと言われるが、やはり「下」を名に持つシモン。色々な点で符号がありすぎます。

 だとすると、7年経って、恐らくは何らかの腐敗・怠惰と無縁ではいられない人間の中で、シモンが直面する問題は…かつてロージェノムが直面し、絶望したであろう人間の性(さが)と無縁ではないでしょう。ロージェノムが言っていた、かつて戦った男と言うのも恐らくはロージェノム本人なのでしょうから、シモンが同じ困難に直面した時に何を思い、どう行動するのか、そこが最大の焦点になる予感…。予告の読みも予想通りにシモンへと引き継がれた第3部、残り8話も目が離せません。



 そうそう、ロージェノムが末期に語った「百万匹のサルがこの地に満ちた時、月は地獄の使者となりて螺旋の星を滅ぼす…」という話を聞いて、OPムービーラストのカットの意味合いが180度変わる、という仕掛けに悶えました。第1部ではシモンの自信に繋がるコアドリルとともに「開けた世界・希望」を表すように輝いていた月。第2部ではシモンの宿命を表すかのような腕の赤いバンダナ(血の色…?)の描写と共に、邪悪の象徴・テッペリンに覆い隠されそうになっていた月。その月が、実は希望を表すものではなかった?!これぁたまらんでしょ。次も楽しみであります。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 お風呂で録画鑑賞。 (2014/03/25)
 響け!ユーフォニアム 第一回「ようこそハイスクール」 (2015/04/12)
 8回目にしてボロ泣き。 (2014/05/10)
 ヤマト2202第六章みおわた (2018/11/23)
 ヤマト2199第六章ロングPVが、もう辛抱タマラナスな件 (2013/06/06)
 宇宙戦艦ヤマト2199記事リンク集 (2013/06/04)
 らき☆すた 第10話「願望」 (2007/06/12)
コメント
この記事へのコメント
近くに居る「ニア」とか、横に居る「ヨーコ」とか?
2007/07/15(日) 11:42:54 | URL | ごす #ilk/GieM[ 編集]
名前のスペルについては公式サイトのキャラ紹介に載っておりますよ。
「ロー」は「Lord」だそうで。
2007/07/15(日) 13:16:08 | URL | ito #-[ 編集]
あうあう
>ごすさん

>近くに居る「ニア」とか、横に居る「ヨーコ」とか?

ですです。ロシウが後ろとかココ爺がこことか。敵四天王の辺りはR-30さんのとこの記事にキレイにまとまってますよん。


>itoさん

>公式サイトのキャラ紹介に載っておりますよ。

あうっ!やっちまいましたか…「Lord」は、最初考えて、最初に候補から外したんですよね…。ダメじゃん>自分。

じゃあ公式にはそれで決まり、ですねぇ。プラスアルファの意味があるとするなら、という感じでお読み頂ければ幸いです。
2007/07/15(日) 18:37:29 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
予告のナレーションはシモンじゃなくてロシウ、ですよ~。
ううっ、地味な彼にも7年経って、やっとこんな大役が(涙。
2007/07/15(日) 22:42:10 | URL | 通りがかりのもの #-[ 編集]
あうあうあうあう;;
>通りがかりのものさん

>予告のナレーションはシモンじゃなくてロシウ、ですよ~。

ひえええ…またまたやっちゃってるじゃないですか…。いやいや、ご指摘感謝です。orz

…鬱出汁脳。orz
2007/07/15(日) 22:45:52 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/1551-e172e046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック