FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
Acoustic YMO / The TOY BOX
 いわゆる「YMOカバーもの」の一つなのですが、凡百の、或いはAlfa商法やら何やらで出てきたものとは一線を画すアルバムと思いました。YMO関連商品でこんなにエキサイトしたのは、再生YMO以来かもしれません。
 本作品の特徴は、表面上は2つ。一つはタイトルにもあるとおり、アコースティック楽器でのカバーものであるということ。そしてもう一つは、YMOファーストアルバムのフルカバーであること。アコースティック楽器によるカバーは、今までにも高橋幸宏監修で弦楽四重奏による作品「East Meets East」がありました(残念ながら私は未聴)し、YMO自身も活動初期に写楽祭で中国女のアコギバージョンをやったり(こちらはYMO GO HOMEで聞きました)、坂本龍一が1996の中で東風を生演奏したりしてます。が、それらと本作が決定的に違うのは、「アコースティックな音で、どこまで原点の雰囲気に近づけるか」を追求しているところです。

 1曲目のサーカスのテーマを聞き始めた時は、チープ感のぬぐえない電子音の模倣にくすりと笑い、まあこんなものだろうなーという斜に構えた気持ちがありました。が、ファイヤークラッカーにつながる頃には、「下半身モヤモヤ」「みぞおちワクワク」「頭クラクラ」の世界にどっぷりとはまってしまったのです。いくらなんでも、ここまでやってくれるとは、想像だにしておりませんでしたよ。音の数自体は、原典に比べるとかなり少ないのですが、そんなことが問題にならないくらい、実に上手く作ったものだと思います。

 そもそも、HI-TECH/NO CRIMEにあったような「分解・再構築」ものを除けば、コンピュータゲーム~サーカスのテーマとか、同インベーダのテーマとか、Bridge Over Troubled Musicとかアクロバットとかを一曲でもカバーしよう、などという話は聞いたこともありません。それが、このアルバムはそれらも含めてまるごとカバーされている。そのことだけでも、ファーストでYMOの道に入ってしまった私などは、もういてもたってもいられないことなのです。なのに、本作はそれに留まらず、最大限の原典への肉薄を試みたカバーとなっている。しかも、ほとんどが生の楽器で、です。その掘り下げの姿勢に、深く感銘を受けました。現状出回っているものの中で最もアツく、最も愛情にあふれたカバーとして、初期からのYMOファンに強くお勧めしたいものであります。

 どこを聞いても聞き所満載の感がある本作ですが、あえて突出した聞き所を挙げるとすれば、Simoon、Cosmic Surfin'、Mad Pierrotの3曲を。いずれ劣らぬ名カバーです。SimoonとMad Pierrotには、細野晴臣の新録Vocalが入っているというのも、ファンには見逃せない点ですが、そのVocalに引けをとらないサウンドそのものに私は拍手を送りたいです。

 中国女のVocalを女性がやってたり(フランス語のつぶやきも同じ人がやってます)、Mad Pierrotの歌詞が日本語だったり(ライナーには記載されておらず、エフェクトがかかっているので、聞き取りには苦労しそうです)、その辺の「ちょっと気持ちのイイ違和感」も楽しめる点だと思います。とにかく、オールドファンには手放しでオススメ。マジでオススメ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 ちっぽけな勇気/ファンキーモンキーベイビーズ (2008/10/19)
 お風呂スピーカーが欲しい。 (2016/03/03)
 心細いな / ヘレン笹野 (2013/03/13)
 テクノ30周年 (2008/11/30)
 DanceDanceRevolution A Original Soundtrack!! (2019/03/20)
 CCCDなんてダレが考えたんだ (2005/04/07)
 THE BEATNIKS 19812001 (2015/11/11)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/149-3400913d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック