FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
仮面ライダー電王 第16話「幸福の星、降伏の犯人」
 超・個人的に非常に重要だった今回。で、感想としては、「極端に大きな問題も感じなかったが、大きなカタルシスも無し」という、ナンとも微妙な感想で終わりました。面白くないわけではないんだけど、絶賛するような感じにはならなかったなぁ。え?定期レビュー続けるかどうか?あはは、次回以降を見つつおいおい考えます。(^^;;;

 「実はお隣さんでした」というオチには、正直やられた!とは思ったし、それなら数々の不自然さも理解できるなぁというところに最後は落ち着いたんですが、欲を言うなら「不自然に感じないようなハンドリングは無理だったのか」という感想は抱いちゃいますね…。オチで救うつもりがあっても、途中で「ないない、そりゃあ無いだろ」と思わせてしまっては、ナンにもならないと思うのですが…。そういう意味では、「わかるけど、イマイチ」という感想を出るものではありませんでした。
 
~~~

 個人的に気になるのは「まさに外道!」なお子ちゃまキャラ、リュウタロスの扱いではあります。ここまでのタロスがいずれも「憎めない」ヤツらだったのに対して、やっぱリュウタロスはヤバさもお子ちゃま度も別格なんですよねぇ。番組の中のキャラだとわかっていても、本気でシバきたくなるレベルなもんで…。

 ちょうど昨日読み切ったばかりの「仮面ライダー響鬼の事情」にも書いてありましたけど、「敵に関する三位一体説」の3番目「憎しみの対象」が、ヒーローそのもの(つーか1/4?)なのはやっぱ問題なしとは思えないなぁ。小動物には掛け値無しで優しい、というのが「いい人補正」なんだとわかっていても、それを遙かに凌駕する「悪人っぷり」に思えてしまうので。ナンか事情ありげに見えてしょうがないおっちゃんに、ホントに殺す気で銃を向けるキャラ、って、みんなから愛されるキャラになるんでしょうか?

 もちろん、彼にも裏はあるのでしょう(これでナンにも無かったらちゃぶ台ひっくり返しモンです)。リュウタロスの「真実」というヤツがつまびらかになって、それまでの印象が180度変わるような仕込みが、この先にきっと用意されているのだと。そうでも思わなきゃ、あたしゃとても見ていられませんよ。

~~~

 あとは…私にとってはとかく悪い印象が先に立つリュウタロスが突出しすぎていて、残り3人のイマジンがあまり生きてこない、という展開がありそうでちょっと怖いかな。戦隊モノでも必ず「各メンバーをフィーチャーし直す回」というのがありますし、イマジン達に関してもそういう掘り下げが見てみたいですね。昨年の、どっかで見たような仲間割れ展開が主体となってしまったカブトでは、その辺が結構おざなりにされた印象も強いんですが、今年のフォーマットはひと味もふた味も違うわけですし、ここは一つ大いに名誉挽回して頂きたいなぁと。

 「カブト」と書いて思い出しましたけど、自分にとっての昨年の視聴継続の牽引力は、「加賀美」というパンピー代表の存在と、天道総司&樹花の心温まる兄妹のやり取りにあったような気がします。もちろん、その時その時には、目を引くイベントが色々あったはずですが、ベースとしてずっと見ていこう、という意識の底には、そういうモチーフがずっと「鳴っていた」のね。今年の「電王」について、それが何かと問うならば、やはり私にとっては「良太郎とイマジン達の間に流れる何か」がその一つに挙げられる気がするんです。もちろん、お姉ちゃんの過去の秘密とか、まだ正体が明かされないナゾの帽子男とか、そういう部分に期待もあるけれど、それらはまだ自分にとっての「ベース」にはなり切れていません。「泣けるでぇ!」と叫ばなくても、泣ける時は勝手に泣けるものですし、そういう良エピソードを期待しております。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 劇場版AIR、レンタル開始 (2005/12/22)
 氷菓 第二十一話「手作りチョコレート事件」 (2012/09/17)
 映画の日なのに何も見なかった (2019/06/01)
 宅配事故? (2005/05/01)
 それでこそ勇者だ! (2009/10/05)
 4回目のplanetarian (2016/09/17)
 「Kanon Prelude」のジャケ絵~~~~!! (2006/06/17)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/1450-cc08e628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 モモちゃんラヴリー♡  ということを再確認させてくれる回とでも申しましょうか。 いちいちコミカルに動き回ってくれる彼はデンライナー兼、電王におけるムードメーカーであることを理解しているかのよう
2007/05/14(月) 21:56:54 | かみかみ神谷の凸凹にゃんにゃん
特に描くモノが無かった気が…イマジンってさ、意外と殺人業をしないのが多いよなぁ。単に怪我させるだけってヤツが多いというか。去年の緑色宇宙人なんてベラボウに殺戮していたのにね~。ま、電王はファンタジーで
2007/05/14(月) 22:20:05 | 『真・南海大決戦』
姉さんだよ 姉さんだよ、姉さんだよ 姉さんだよ(゜▽゜[]ゝ~~~~~♪この着メロ(着ボイス)ほしぃぃぃぃ( ゚д゚)ホスィ
2007/05/14(月) 23:22:12 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
「仮面ライダー電王(第16話:幸福の星、降伏の犯人(ホシ))」電王はこれからも基本はこういうパターンかな?スラップスティック(=ドタバタ)コメディ風味はこれからも続きそう個人的にはスラップスティックはよほど巧くないと苦手だし、力技も無理矢理な展開も「...
2007/05/15(火) 00:27:19 | 特撮ヒーロー追っかけ隊ブログ
「幸福の星、降伏の犯人」脚本:米村正二監督:石田秀範アクション監督:宮崎剛イマジンだけじゃなく、社長の火口まで襲うリュウ電王。火口が逃げ出して、その場は収まったモノの、モモタロスの怒りまでは収まらず・・・。【今週のアンラッキー】※憑依したリュウタロスを止
2007/05/15(火) 00:58:12 | お萌えば遠くに来たもんだ!
 山葵大蒜おにぎりってなんですか、愛理さん。つーかどう見てもバスクリンおにぎりにしか見えないんですが。わさびの色には見えないぞ?最大限好意的に見て鶯餅のきな粉色。美味そう不味そうじゃなくて、生命の本能として食
2007/05/15(火) 01:21:10 | 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式
仮面ライダー電王の第16話を見ました。第16話 幸福の星、降伏の犯人袴田が勤めていた町工場の火口社長を襲うリュウタロス。良太郎もリュウタロスの暴走を止めることができない。「社長を襲うなんてリュウタロスの奴、どういうつもりよ!?」「それが僕にも…」「ふん、俺は..
2007/05/15(火) 10:42:38 | MAGI☆の日記
イマジンを倒して直、社長を襲うリュウタロス。良太郎の必死の制止にも関わらず撃ちまくる。なんとか社長は逃げてくれたがこれはやばい。当然モモタロスはぶちぎれる。が、すぐに良太郎の体の中に逃げる
2007/05/15(火) 23:08:05 | 特撮の軌跡
管理人さんのつっぱしった記事がほどよくツボです。
2007/05/16(水) 17:00:53 | ルーツ オブ ザ まったり!