FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
仮面ライダー電王 第12話「走れタロス!」
 …う~ん。



 …………………うううう~~~~~~ん。



 ………………………………ゴメン、今回のエピソード、どうにもこうにもオレぁダメだわ。どこにも感情移入できなかった。ナンでだろうね?
 

 要素分解してみても、あんまり原因がわからないんですよね。違和感はそこかしこにあるのに、決定的に「コレだ」というものが見当たらない始末…。何回か見れば印象が変わるかとも思ったけれども、そういうわけでもないし…。

 前回の話で不満のコアは「カリスマジュニアモデル」という設定に代表される部分にあるのでは、と睨んでいましたが、その設定は今回、ちゃんと必要なものとして昇華されていましたし、今回もその点に不満がある、というわけではないようなんです…。

 あえて言えば、「一連のモチーフが、自分の中では綺麗に流れてくれなかった」ということに尽きるんですが…でも、綺麗に流れてなくても、それを吹っ飛ばしてあまりあるアツさに魂震わす作品とかもありますし、ねぇ。

 ま、あまりくよくよ考えてみても仕方がないんだろう、と、割り切ることにしました。こういう回もあるさ、きっと。楽しめた方もいるんだろうし、自分には合わなかった、ということで終わりましょう。

 つーわけで、全然レビューになってませんが、今回はこの辺で。「走らないてりぃ」でゴメンナサイね。じゃ。ノシ

~~~~

※追記(13:57)
 自分の中の「モヤモヤ」のコアをちょっとだけ発見。前回と今回、登場人物のかなりの部分が「上手にコミュニケーションできてない」んですよ。キンタロスはナニ考えてるかなかなか見せないで寝てばっかりいるし、ハナは単純にイマジンへの思いだけぶつけてくるし、その間で上手にバランスを取っていたはずの良太郎は影が薄すぎて決め手に欠ける…。脇役に徹したモモやウラは表だって筋に絡んでこないし、このエピソードで中心をなす親子たちに至っては、あまりにも「頑な」すぎて、どうにもこうにも…。

 不器用であっても、それぞれにコミュニケーションを取ろうという思いが見えていればまだ違った印象だったのかも知れませんが、結果的に私が感じたのは「どいつもこいつも自分勝手やなぁ…」というイライラだけでした。

 それが、最後の解決編で、すっ…と親子の間に思いが通じるところは一つの見所なのだろうけれど、私の場合にはそれまでを引きずりすぎていて、せっかくのいいシーンを素直に見られなかったんですな。これはもう、個人的な好みの部分なので、どうにも動かしようがないです。

 うん、正体がわかって、ちょっとだけスッキリした。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 三谷幸喜のオリエント急行殺人事件を見た。 (2015/01/13)
 グレンラガン 第7話… (2007/05/14)
 響鬼関連商品をまとめてみる (2005/05/19)
 リトバス 第7話「さて、わたしは誰でしょう?」 (2012/11/19)
 まあ待て、まだ慌てるような時間じゃ (2008/07/16)
 ARIA第4話見た感想 (2005/11/10)
 映画 けいおん! #3 (2012/03/19)
コメント
この記事へのコメント
てりぃさん、こんばんは。
11話と12話は脚本家の方が違ってたせいの違和感??だったのですが、コミニュケーション視点はありませんでした。
確かにそれぞれが思い込みで動きすぎてましたね。
無理矢理な力技であり、キンタロスがお父さんを信じる理由が納得できなくて。
それ以上に「いいのか?」と思ったのが、時の運行を「変えた」ことです。今までの良太郎は大きな影響のない範囲で「少しだけ」関わってたのが、キンタロスの暴走で、タイムパラドックスが起こってしまいました。
オーナーは何故かそれを理由にキンタロスを許しましたが、私は「変わってしまった」がゆえに、これは許されない行為では?と逆に思ってしまいました。
「変えない」ことが命題だと思い、だからこそ、てりぃさんが以前書いていたように、良太郎によって(タロスたちではなく)変えざるを得ない状況になったとき、どうなるか?が見たかったのですが・・。
「変える」ことを容認してしまって大丈夫でしょうか?と、心配してます(^^;
2007/04/17(火) 22:46:59 | URL | アクア #oely/y8c[ 編集]
苦手なんですよね…
>アクアさん

どうにも苦手なんですよ、思いっきりコミュニケーション能力が欠如しているような登場人物…。前からそうでしたが、今でもやっぱりビビッドに反応してしまうようです。

逆に、タイムパラドックスの処理の仕方については、確かに引っかかる部分は多分にあるんですが、それのみを以て「ガマンならん」とまでは思わないようです。例えば、間もなくDVDが発売される「時をかける少女」なども、SF的な考証を言ってしまえばかなりアナだらけです。でも、自分的には絶賛してやまない、名作中の名作だと思っております。

結局、「そうすることで描きたいもの」というのが自分にも感じられて、それが琴線に触れさえすれば「私にとっては他のことはどうでもよくなる」ということなのだと思います。残念ながら、電王12話では、コミュニケーション欠如の様を通じて「描きたいもの」というものが私に見えてこず、共感もできなかった、ということに尽きるのだと思うのです。

…ま、今回の描写は無かったものとして、次回からまた新鮮な気持ちで見ていこうと思いますよ。
2007/04/19(木) 01:38:43 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/1403-4e1793ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
★TBさせていただきます★『仮面ライダー電王』、第12話 「走れタロス!」の感想ですっ。キンタロスのベストに、“Kin”のロゴがシンメトリーで あしらわれていることに気づきました(笑)。
2007/04/15(日) 12:40:02 | まぜこぜてみよ~う。by青いパン
カスミ完結編。何といいますか、それぞれのキャラの暴走が過ぎるような・・・。
2007/04/15(日) 13:42:31 | さすがブログだ、なんともないぜ!
ってキンタロスしか走ってないやーん。みんな走ってくれるのかと思ってたよ。ウラに走るイメージはないけど。良太郎のイマジンチョイスがなってないなぁ。それぞれの性格をそこそこ見極めてるんだと思ってたけど。
2007/04/15(日) 13:58:12 | 仮面ライダー電王でんの
仮面ライダー電王 第12話「走れタロス!」。やっと時間ものらしいタイムパラドックスで落とした一本。 以下読みたい方だけどうぞ。 もはやただの雑言なので(苦笑)
2007/04/15(日) 14:40:31 | きゃんずぶろぐ
第12話 走れタロス! カスミをイマジンに襲わせていた契約者は 彼女の父・謙作?! イマジ
2007/04/15(日) 14:53:32 | ヤジャの奇妙な独り言
なぜか必殺技を出さなかったキンタロス。キンタロスはお父のイマジン契約の理由を確かめたかった。でも早く倒せよ。そんなのどうでもいいだろうが。良太郎とハナは直接父の元へ行く。だが父は知らないの一点
2007/04/15(日) 20:31:06 | 特撮の軌跡
「走れタロス!」脚本:米村正二監督:坂本太郎アクション監督:宮崎剛アイビーイマジンへのトドメを止めてしまったキン電王。父親が娘のためにならない願いを持つわけがない、と。良太郎とハナはかすみの父を訪ね、真相を探ろうとするが・・・。ウラタロス、影ウス!尾崎の
2007/04/16(月) 00:42:44 | お萌えば遠くに来たもんだ!
『走れタロス』って(笑)電王の各回のタイトルはダジャレ系なのね・・・。毎回考えるのが大変そうだよ。妄想感想いきます。
2007/04/16(月) 06:18:16 | オイラの妄想感想日記
「仮面ライダー電王(第13話:走れタロス)」前回感じた違和感をぬぐえるかどうかが、気になった後半。前回と今回は脚本家さんが10話までとは違うということで、多少の違いはあるだろうし、ストーリーも今までのテーマを崩すようなことはしてない・・・のだけれども、....
2007/04/16(月) 20:40:41 | 特撮ヒーロー追っかけ隊ブログ
♪空に蒼い流星 時の狭間を すべるようだね~♪ 今回のサブタイ「走れタロス」でこれを想像しちゃった人はどれ程居るだろうか?だれかMAD作らないかなぁ。俺ですか?無理無理無理無理(井上雅央の形相で)。
2007/04/16(月) 21:58:46 | 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式
今日のテレビ欄は、まんまだった。もともと5文字だからな(^。^;) 今までもわり
2007/04/16(月) 23:05:29 | 好きなもの
ずっとキンタロスのターン!!キンタロスの出番の多さに泣いた・゚・(ノ∀`)・゚・
2007/04/17(火) 00:35:36 | アバトーンの理想郷
 こういっちゃあアレなんでしょうけれども・・・・電王一話から『面白い面白い』言いまくっていた管理人も、今回ばかりは失速気味のシナリオに(‘・ω・`)とせざるを得ないです。 先週の時点でてりぃさんのところのレビ
2007/04/18(水) 00:02:46 | かみかみ神谷の凸凹にゃんにゃん
◆TBさせて頂きます◆カスミ草の花言葉は「清らかな心」。その花の名を貰った小林カスミは売れっ子ジュニアモデル。 しかし、少女は清らかな心を何処か忘れてしまったかのような…父に勘当され、カスミはジュニアモデル界で一人頑張ってきた。 華やかな表向きとは裏腹に、時
2007/04/18(水) 20:45:13 | 『真・南海大決戦』
蓮 何とも大味です。 一番不満だったのは、今回良太郎がいなくても全然話が通っちゃうじゃん、という点。 モモタロスは4話で、ウラタロスは6話、それぞれのエピソードで良太郎に惚れ込み、命を共にする決意をしたのですが、今回はキンタロスが勝手に爆走
2007/04/18(水) 23:59:45 | バラックあにめ日記
『親父さんが娘に良くないことを契約するはずがない!それを証明したる!!』走る走るぅ、俺たち流れる汗もそのままに。いつかたどり着いたら君にうちあけられるだろ~♪
2007/04/19(木) 22:19:42 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
ゆったりまったり遅れ気味で記事書いてます!
2007/04/20(金) 12:25:26 | ルーツ オブ ザ まったり!
今日の電王。ラストのかすみと父さんのシーンはちょっとウルっときたね。やっぱり、どうも親子話は涙腺が緩みやすいらしい…でもねー、なんか全体的にはどうもテンション上がらなかった気がする。先週の前編と合わせても、キンの暴走・破壊活動に愛嬌が感じられなくって…モ
2007/04/20(金) 19:18:13 | だいすけでした(^^)v