FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
仮面ライダー電王 第3話「アウトロー・モモタロー」
 こういう、韻を踏んだサブタイって素敵ですよねぇ。来週はきっと「テラワロス・モモタロス」辺りが来るんじゃないかと思っtナニぃ!全然違うだとぉ?!一体それはどういう了見だ!(どうもこうもあるか!バカ!)

 さて、今週はストーリー的にはあまりに自然な流れだったためか、私もあまりにすんなりと見てしまって、既に翌週待ちの状態です。良太郎が感じたモモタロスに対する不快感が、次週どこに決着するのかが見所ですね。

 今回はその辺に絡む、私がぼうっと考えたことをつらつらと書いて参ります。
 
~~~

 仮面ライダーの基本フォーマットの一つに、「悪の技術を用いて改造されたヒーロー」という側面があります。つまり、ヒーローが純然たる正義の出自ではない、というテーゼが含まれるんですね。この部分はシリーズを重ねるたびに少しずつ異なる用い方をされ、色々な加工を施されながらもストーリーに深みを与えてきた訳です。前作カブトにおいてもライダーシステムは、最後には敵対勢力を含む事が明らかとなったネイティブとの共同開発でしたし、その前の響鬼においては若干弱くはあるものの「古来悪の権化とされてきた鬼」がヒーローという時点で、既に表層的には正義・悪の逆転が起こっています。劇場版響鬼では、その部分を一層はっきりと表に出そうとした気配も感じられますね。

 そして、今回の電王についても、その部分はしっかりと息づいているわけですな。それが、作中では今のところ「悪」として描かれているイマジンこそが、ライダー・電王を強くあらしめているという点。良太郎は「特異点」としてライダーになれる資格を持ちながらも、自分の力量だけでは「勝てるヒーロー」に達しないんです。そこで最初はワルであるモモタロスの力を借りて勝ったわけですが…それでいいのか?という部分に、今週は早くも踏み込んでいるのですな。

 しかしこのモモタロス、確かに暴れん坊ではありますし、聞けば他のイマジンともども歴史を改変しようと飛んできたことに間違いはないのですが、どこか憎めないところがチラホラ見えたり、先週はデンライナーに轢かれそうになる少女を見て良太郎と同時に「危ない!」と叫ぶような「良心」を垣間見せていたりと、決めつけをしかねる雰囲気がバリバリに漂っています。

 果たして、モモタロスは、ワルなのか?

 憎むべき、人類の敵なのか?

 この辺に、来週でなくとも今後斬り込んでいってもらえると、個人的にはとても嬉しいかなぁ。結局、善悪というのは実に曖昧なものであって、立場が変わればそれは容易に逆転しうる、ということを我々大人はよく知っているわけですよ。そして、「これこそが正義だ!」と声高に叫び、一方向に流れることの恐ろしさも…。そういうことをよく理解した上で「それでも自分の正義はこれだろう」という地点に到達するのと、単に盲目的に自分の正義を信奉するのでは、天と地ほども差があると思うのです。ただの「勧善懲悪」モノはとても爽快で気持ちいいけど、そのまま取り入れてしまうことはとても危うい。割り切れないものを描く物語は、最中は辛いかも知れないけれど、後々に残る財産となる。そんな気がするんです。

~~~

 その辺にもう一花添えてくれそうな設定が、「デンライナーがオーナーのものである」という点です。普通、こういう時間の改ざんを防ぐ物語に付きものなのが、「時間管理局」みたいな公的機関の存在なんですが、そうするとボスは「局長」だったり、デンライナーに乗るリーダーはその部下の車掌さんだったりするわけですよ。でも、本作でははっきりと「オーナー=持ち主」と言いました。これは、デンライナーが私有物である、つまりは一私企業(or一個人)によって運営されているものである、ということを示しています。

 何故一私企業(or一個人)がこんなことをしているのか。オーナーが慈善家である、という説明も成り立ちますが、もう一つありそうなのが、「オーナー自身も誰かとの契約によって、この仕事を請け負っている」という可能性です。そうなると、これはもう正義とか悪とかいう問題を脇に置いて考えねばならなくなります。仮にこれを正義だと定義するとしても、それは契約に基づいて行われる誰かのための正義である、という話にしかなりません。

 だから、本作の主人公としてヒーローの姿を体現しようという良太郎は、お仕着せでない自分の正義を探し求めることになるのでしょう。彼の動機は、ハナに言われたから、オーナーと契約したから、という点にはありません。話を聞いて、「やらなくちゃいけないことはわかったような気がする」と言った彼自身の判断。そこに、彼の正義が漠然とながらもあるはずです。それが形をなしていくまで、どんな軌跡を彼は辿るのか。なかなか興味深いではありませんか。

 その観点でも、彼が次週、モモタロスという存在にどのような考えで向き合うのか、非常に注目ですね。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 AIR Blu-Ray Disc 新Boxのパッケージが?! (2008/10/06)
 フリクリ (2007/11/06)
 獅子丸さんに先を越されてしまった…。orz (2012/01/23)
 今現在の「京アニ絡み情報」のプチまとめと雑感 (2009/02/06)
 おるだん! #0501-4 集結! (2009/05/01)
 仮面ライダー電王 第6話「サギ師の品格」 (2007/03/07)
 上映時刻確定。 (2010/02/03)

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

コメント
この記事へのコメント
本気モード?
 二話まではある程度の距離を置いているように思えたんですが、今回の記事を見ると、てりぃさん本腰を入れ始めました?(*´Д`)
 
 話は変わりますが、結局良太郎君の正義ってなんなんでしょうね。
 イマジンが逢っている契約者の面々を見ると何らかの過去を抱える人間が多い中で、良太郎君だけが何もないとは思えませんし・・・。
 契約者のイメージがイマジンの造詣に反映するなら、モモタロスの造詣もまた桃太郎の歪曲したイメージ。彼の考える正義がどこか人とは違う何かを匂わせるモノだとは思うんですが、この辺も物語でやってくれると嬉しいなと、無駄に長いコメントを久しぶりにてりぃさんとこで書いてみる(・∀・)
2007/02/13(火) 00:00:40 | URL | かみかみ #wyPnW/yE[ 編集]
最初からクライm
>かみやん

>本気モード?

いやいや(汗)、先週とそれほど「内部」的な感触は変わっていないのですが、そう見えた?(汗)

もちろん、こういうトーンでの書き方が何となく最近の得意分野になっている気はするので、そういう意味ではクオリティ高めに見えても不思議はないんですけども。ある意味、自分のフィールドに戻って好きなことやってるだけなんで、「手抜き」と言えなくもないです(汗汗)。

>良太郎君の正義ってなんなんでしょうね。

ダメよ、あせっちゃ(秋子さんモード)。

イコール彼の「正義」かどうかは議論の余地がありますが、彼の「優しさ」に基づく行動はヒロイズムの一環として捉えておられる方が多いようですね。それが抱える矛盾、限界、その上でなお守らねばならないものなど、今後一年のシリーズを通じて語られてくるような予感がします。いや、予感じゃなくて、個人的希望、かな?

>無駄に長いコメントを久しぶりに
>てりぃさんとこで書いてみる(・∀・)

ここんとこは、ハルヒ or Kanonをきっかけに来訪された皆さんがたくさん書いて下さるので、嬉しい悲鳴を上げる日々なのですが、懐かしい方々との嬉し楽しい日々もふっと思い出すことがありますなー。コメント返信自体がこんな遅れまくりの有り様なんで、まあ見果てぬ夢なんですが。気持ちだけはエヴリボデーエヴリデーウェルカムでございますですよ。
2007/02/13(火) 22:21:35 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/1309-76795ce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 導入部そうそう、取立て屋と借金男に巻き込まれるなんて、それなんてヒーロー?(笑 「打ち身と筋肉痛で苦しむライダーって言うのも何気に新しいなぁ」などと笑ってみておりましたよ、ええ。 昔から・・・というか
2007/02/12(月) 23:52:31 | かみかみ神谷の凸凹にゃんにゃん
仮面ライダー電王 第3話アウトロー・モモタロー@桃太郎暴走毎回、テレビ欄と公式サイトとの名称が違う気がする。モモタロス!名前も決まってオメデトウ~vな回ではあるが初っ端からどつかれるとは思わなかった
2007/02/12(月) 23:56:55 | 仮面ライダー電王でんの
「アウトロー・モモタロー」脚本:小林靖子監督:長石多可男アクション監督:宮崎剛過去に於いて、巨大化バットイマジンを倒した電王ソードフォームだったが、「俺の体はボロボロだ!」状態の良太郎。今日も今日とて、見知らぬ男に自転車ごと階段から突き落とされて・・・。
2007/02/13(火) 00:38:39 | お萌えば遠くに来たもんだ!
◆TBさせて頂きます◆今回観て、相変わらずモモタロスはバカだけど面白いし、必要以上のドツキをするハナも楽しいんですが、「電王」の弱点も見えてきたかなぁと。 まず、モモタロスはイマジンで、戦う相手もイマジンで。 戦う理由が見当たらないんですよね。 今のトコロ、
2007/02/13(火) 01:25:34 | 『真・南海大決戦』
赤い人のバトンタッチかっこよかった。まあそれはそれとして、今週の電王は、良太郎とモモタロスの最初の衝突……の前フリ。以下格納↓↓↓
2007/02/13(火) 01:31:48 | まさか勝てるとでも?(私が)
 メビウスは冒頭に悪の四天王が登場。ヤプールにデスレム、グローザム、そしてメフィラス。この中ではヤプールが一番下なのか?新顔はともかくメフィラスよりも上かなとか思ってただけにちょいショック。まぁ、無条件で初代宇宙人は格上って事なんでしょうが、だったらウ..
2007/02/13(火) 02:18:42 | 【非公式】世界日本ハムの間抜けblog@非公式
トラックバックさせていただきました。今回で3話目、ようやく2人目の敵が出てくる回で
2007/02/13(火) 05:25:38 | 仮面ライダー電王 秋山莉奈 観察ブログ
☆TBさせていただきます☆▼プロローグ▼PART1▼PART2▼次回予告
2007/02/13(火) 05:29:05 | 仮面ライダー電王youtube動画収集ブログ
仮面ライダー電王の第3話を見ました。第3話 アウトロー・モモタロー「ちょっと!!」知恵の輪をやっているモモタロスを叩くハナ。「何すんだ!?いきなり」「あんたが無茶な戦い方するから良太郎の体、ボロボロになってるよ!!」「ふ、この俺がダメージ受けるような戦いするか..
2007/02/13(火) 07:35:27 | MAGI☆の日記
こんちゃっす! いや~、「電王」の役者さんて思っている以上に演技上手いですね! 今回は、特に「良太郎くん」の演技がひかってました!!
2007/02/13(火) 09:34:28 | ルーツ オブ ザ まったり!
今回の主軸である山越はどう見てもライオン丸にしか見えない今日この頃。まぁそんなにライオン丸G見てた訳じゃないですけど時期的に近いと言うかこの間までやってたし。オーナーは最初に入るナレーションもやって
2007/02/13(火) 22:14:01 | ぎあ魂なblog(たぶん別館)
◎やっぱモモタロス萌え♪ しょっぱなからモモタロスのはたかれっぷりに萌えました(
2007/02/13(火) 22:29:46 | 好きなもの
前後編の前編ですね。今回のメインはモモタロス命名と、モモタロスの性格紹介。及び、
2007/02/14(水) 03:03:14 | 海の底まで何マイル?
今週の電王今回がモモタロスの命名式となりましたが、 いや~、モモタロスいいねぇ{/up/}(もちろん)ハナにボコられたりするとこも笑えるんだけど、知恵の輪はずせなくて「キーッ」ってなったり、良太郎に悪いと思ったのか洋服代の9350円を山越に請求したりするのって
2007/02/14(水) 08:39:49 | だいすけでした(^^)v
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダー電王』、第3話 「アウトロー・モモタロー」の感想です♪こうしてこの頃から借金取りに追われ、獅子丸は落ちぶれていくのでした(←話混ざっとるまざっとるっ、笑)。デンライナーは2011年にでも行くつもりでしょうかね?ダウ...
2007/02/14(水) 10:52:17 | まぜこぜてみよ~う。by青いパン
『あたしの獅子丸ちゃんをイヂメないでよ!』ハリセンボンはでてません・・・
2007/02/15(木) 00:26:02 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
獅子丸ちゃん、こっちでも借金地獄ですか…(´Д`;) 今回は食い足りないなぁ、と思ったらどうやら2話構成なんですね、このシリーズ。 色々と伏線らしきものが張られており、それは次週にお楽しみ、という感じですか。 予告を見るとかなり熱い展開のようで、なんか今
2007/02/15(木) 18:08:37 | バラックあにめ日記
第3話 「アウトロー・モモタロー」モモタロスの激しい動きに身体がついていけず、筋肉痛になってしまう良太郎。ハナ、またモモタロスをぶっ叩く。確か、憑依って身体を動かなくなる恐れがあるという噂が…。自転車
2007/02/17(土) 19:09:02 | デバイス!マキシマム ブログ