FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
あ×○る捏造隊
 報道を巡る一連の事件に絶望して「所詮全部絵空事」「もう何も信じられない」と嘯くのは極端に見えるかも知れないが、「とりあえず疑ってかかる」ところを出発点とすることはやはり大事な気がする。人の作るものである以上、多少なりともバイアスがかかることは避けられないし、ましてやそれが「人気商売」であるならなおのことだ。「捏造」というショッキングな言葉に該当せずとも、多かれ少なかれ「編集」という過程を経てお茶の間に流れるものが、現実そのままではないことくらいは理解しておかねばならないと思う。事実は小説よりも奇なり、などとは言うけれど、ありのままの現実には無駄も多く、最初から最後までクライマックスというわけにはいかないのだ。報道するに適した何十分かの短い時間に凝縮する時点で、現実そのものとは異なるニュアンスが少なからず混じってしまうことは避けられないことなのだ。

 しかしながら、世の中を見るにつけ、「被害者」然とした声のあまりの多さには、やや辟易とする気持ちである。事起こる前には無批判に信じて思いのままに行動し、事起こって後は手のひらを返すが如く「裏切られた」と絶叫する。「騙した方」が悪いのは自明であるが、「騙された側」の変わり身の早さにも、おいおいさすがにそりゃあないんじゃないの、と思わざるを得ない。
 私が思うに、これらの人々は実に明快な原則に則った行動パターンを示している。それは、「報道」というものに関わる二つの快感原則である。

 例え根拠に乏しくともわかりやすく、例え非論理的であっても直感的には受け入れやすいような、そんな結論を「無批判に信じること」は大変気持ちよいのだ。小難しく権威づけられた「定説」を覆すような「起死回生の一手」なども受けがよい。これらは、「そうあってほしい」という大衆の期待に応えることが第一であり、「事実であるか」「それが事実であることが慎重に検証されているか」は全く受け方に影響しない。かみ砕いて言えば、「長生きの秘訣はとにもかくにも『早寝早起き腹八分』である」ということを理路整然と説かれるよりも、「×○文明の失われた秘宝、長寿の妙薬発見」というセンセーショナルなタイトルの方が圧倒的に大衆に受け入れられる、ということである。「事実以上に願望が優先される」こと、これが第一の快感原則である。

 他方、「明らかな悪」に対して絶対的な立場から鉄槌を下すマスコミと大衆、という構図が現実の報道では驚くほど多く見られる。その主人公が「明らかな悪」に至る経緯は様々であるが、その多くには「このことを責められたら言い返せない」という逆印籠(水戸黄門のアレの逆を想像して欲しい)が付随しているようだ。その逆印籠が出現する以前の経緯や、出現するに至った過程などはほとんど斟酌されない。とにかく「こいつは逆印籠を持っている」、それだけで徹底的に叩かれ、やり玉に挙げられる。そして、それを批判するマスコミや大衆には、その逆印籠に関する「責任」は全く帰属しないかのような、そういう報道が行われる。つまり、大衆は「絶対的な善の立場」から「明らかな悪」を叩く位置にいられるのである。言わずもがな、これはまた大変気持ちがよい。「『勧善懲悪』を、自ら善の立場に身を置いて体験できる」こと、これが第二の快感原則となる。

 その二点を頭の片隅に置きながら、今回日本中を席巻しつつある「捏造問題」に対して異なる方向からの光を当ててみてはどうだろうか。その光の向かう先は、捏造した側ではなく、そこに対峙する自分自身だ。人によっては、あまりに上記の「快感原則」に当てはまりすぎて、具合が悪くなりはしないだろうか。ある時は相手を無批判に信じ込み、ある時は自分を批判することなく相手を一方的に責める…。目先の気持ちよさに囚われて刹那的に行動したそれらが、果たして「生きること」を向上することに繋がるだろうか?

 ものを食べる時には、よく噛んでから呑み込みなさい…誰もが一度や二度は耳にした経験のある、当たり前の事柄である。情報を自分の中に取り入れるに際しても、同様の慎重さが求められるのではないか?一見ウマイ話もヒドイ話も、そしてあまり味の無さそうな話であっても、いずれもよく頭の中で咀嚼して、自分に必要な栄養分を選択的に取り込むべきなのだ。とりあえず旨味の感じられそうなものばかりをロクに噛みもせず丸飲みにしていては、己の精神も育たないし、今後もそういう食べ物しか提供されなくなるだろう。行き着く先は「頭脳のメタボリック症候群」である。

 仮に「マスコミの報道に偏りがある」ことが自明なのだとしても、その偏りを助長してきたのは間違いなく大衆の方である。偏りを見抜いて「NO!」を言い続けていれば、今のような状況には陥っていないはずなのだから。いつもの報道のように、絶対的な立場から糾弾しておしまい、にはできない。まずは、自らにも存在する「非」というものを認識しようではないか。然る後に、束の間の快感に流されることなく、整然と「良い」「悪い」を検証できる判断力を日々磨くこと。その地道さこそが、真に「心地よい世界」に繋がるはずだと、私は思っている…。



 なお、ここでは偉そうなことを言ってはいるが、私自身も踊らされて一時期「にがり」療法を続けていた前科を持つし、今でも某スピリチュアル番組を横目でチラチラと眺めているクチだ。だから、私自身も責めを負うべき人間であり、そのことを自覚して改めたいとも思っている。とりあえず「全部を鵜呑みにしてはいけない」ことを今まで以上に意識するようにはなったし、「真に有益な情報はどれか」「快感原則に訴えようとしているのはどこか」という視点は折に触れて思い出すように努めている。面白いことに、ある部分が真っ赤なウソであったとしてもそれに付随する情報が実に有益なこともあるし、全部がウソだったとしてもそれを丸々裏返すことで得難い真実が見えることもあるのだ。バカとハサミは使いよう、と昔の人は言った。全くその通りである。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 リスクテイカーと腰抜けと (2005/09/14)
 星の数。人の数。 (2014/08/23)
 有料記事・優良記事? (2009/01/21)
 戦わなければ生き残れない? (2005/12/13)
 人を憎まず、とは言いますが… (2008/10/27)
 お客様=神様・考 (2015/12/14)
 雨は夜更け過ぎてもやっぱり雨のまま (2007/12/24)
コメント
この記事へのコメント
というか・・・
こことか
ttp://homepage1.nifty.com/sagi/aruaru.html

こことか
ttp://www6.ocn.ne.jp/~syuneido/

上記のサイトのように、ネット上ではずっと以前からあるある大辞典の問題を指摘していたので、今回の騒動の大きさにこそ驚いています(^^;
マスコミがネタに飛びつきすぎて、騒ぎを大きくしまくっている面もあったりするような気もする今日この頃。数日前に報道していた大きなニュースも、あっという間に流されていきますからね……。
今回の騒動は、テレビは絶対正義!では無いということの良い例になったのでは?それでも信じ込む人はいるでしょうけども…。

まぁ病は気からと申しますし、過剰摂取等さえしなければ、思い込みである程度は体に良くなるんじゃないかな、とか思ったりしますた。納豆が体に良い事は変わりないですし。私は納豆食べられない人間ですけど(ぉ
2007/02/08(木) 00:44:52 | URL | はぐれ #US7Is6OM[ 編集]
スーパーで
定期的に納豆買ってる人間にとっては悲しい時期でしたよ。

ある日、急に売り場から納豆が無くなって「TVで紹介された云々…」ですから。
それがある日急にまったく納豆が売れなくなってて。
報道前より売れなくなってます。
まるで納豆の味も栄養素を全て否定されたかのような仕打ち。

消費者のあまりに自分勝手な動きになんだかため息が漏れますな。

悪いのはマスコミだけど、現状を招いたのには視聴者側も責任がある、その通りだと思います。
2007/02/08(木) 16:49:43 | URL | すー #-[ 編集]
納豆、スープです。
>はぐれん

ま、気をつけていても騙される時はあります(オイラみたいにorz)。もちろん、全然「肝心な情報を取ろうとしていない」ように見える人も多いのですけどね。

日本人て妙なところがあって、権威を引きずり下ろすのが大好きなのと同じぐらい、長い物に巻かれて安住することを好むんですよね。パトレイバー原作でリチャード・ウォンが「卑しい民族だ」とか言ってたことを思い出しますよ。

「病は気から」という側面は、ある程度までは確かにあるようです。万能薬だと言われてそのつもりになって飲んだビタミン剤が効く、みたいな話はホントにあって、だから新薬の試験をする時には「偽物の新薬」を飲ませる人のデータも取って検証するのだそうですよ。

>すーさん

それは大変ご愁傷様でした。流される人たちの影で迷惑を被る人、というのは確かにありますもんね。

流されないようにしよう、というのは実は大変なことですけれども、そう思って行動する人が一人でも増えるに越したことはないと思います。すーさんのような体験をされた方は、その貴重な礎になりうるのではないでしょうか。ともども、地道に積み上げていこうじゃないですか。
2007/02/08(木) 20:59:45 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/1304-fc0c7e0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック