FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
Ba-Zoo-Ka / 新堂敦士
 いくつも記事を書きかけで、でもどれも行き詰まってしまってるので、ちょっと息抜きに。

 新堂敦士についてはDDRの休止期間中に、せめて関連作品をと思って漁ったPop'n Music絡みで聞き始めたのが最初かな。関西人らしいサービス精神旺盛なところと、形振り構わない勢いが何となく好きで、Pop'nを離れても人知れずこっそりと聞いていたんですが、何でも盗作疑惑みたいのが持ち上がったそうで、一回休眠しちゃったんですよね、彼。その疑惑の真相については結局語られず終いらしいんだけど、その辺をナンにも知らないオレ如きが云々するつもりは全然ありません。ただ、あのすっ飛んだ曲が今後聴けないのはちょっと寂しいな、という思いがあったぐらいで。

 で、昨年9月に発売された本作は、その復帰後第一弾のアルバム、というわけです。

 Ba-Zoo-Ka/新堂敦士
 「うるさいのやガチャガチャしたのが好みでない人」には、このCDはお勧めしません。「緻密な音楽が好きな人」「知性的な音楽が好きな人」にも。なんつーんでしょうか、「自分もバカになれるのがいい」とか、「とりあえず勢いがあれば」とか、そういう人向けだと思うんですよ。いや、決して悪い意味じゃなくて。

 全盛期のハロプロ関連楽曲においてつんく♂が見せたプロデュース力にも通じるんだけど、どっかで聞いたような耳当たりの良いフレーズを、自分なりのカラーに染めて再構成して、勢いのあるパッケージにコンパイルしてきちんとアウトプットする能力、というのが、彼にはあると思うんですよね。有無を言わさぬ迫力と言いますか、聞いてるこっちも「もーなんかめんどーくさいことはいーじゃん、いやっほーぅ!」で済ましてしまいたくなるような、他では得難い魅力もあると思うんですよ。それが、自分の心理状況とピッタリはまる瞬間があるから、彼の曲は意外にも耳に良く馴染みます。

 なんぼ私でも、クラシックが聴きたい心境の時に、新堂敦士を合わせて聴こうとは思いません。でも、新堂敦士を必要とする瞬間も、間違いなくあります。人間てそういうもんでしょ。ホンイツ狙いだけじゃなくて、たまにはピンフ狙ってみたり白のみで上がってみたり、稀に国士目指してみたり。だからバランスが取れて、次のホンイツがまた狙えるようになるのだし。

 そんなわけで、彼の復帰第一作が相変わらずの「バカ全開サウンド」(誉め言葉よ?)に満ちていたので、心底嬉しかったのですよ。やっぱ新堂はこうじゃなくっちゃ!
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 南風&TSRサントラげっちゅ! (2005/08/18)
 リマスター版オーエス オーエスをゲット (2016/10/06)
 アラバマソング (2007/04/09)
 AIR ドラマCD発売? (2005/05/28)
 北海道大学合唱団の第66回定期演奏会を聴いてきた。 (2018/01/20)
 CDを71枚売却してきた。 (2010/05/19)
 プレイズ・YMO / セニョールココナッツ (2006/12/12)
コメント
この記事へのコメント
確かに
かなり同感です!
2007/01/06(土) 11:27:46 | URL | ゆじ #-[ 編集]
さあ、いきなり新堂を聞こう!
>ゆじさん

コメントをどうもありがとうございます。あまりに簡潔なコメントを頂いて、どうお答えして良いかちょっと思案に暮れているところです。(^^;

どのように読者の方々の目に映っているかわかりませんが、てりぃには結構「意固地」なところがありまして、特に思春期前後の多感な時期には、自分の性に合わないものは頑として受け入れようとしなかったことがあります。その頃に出会っていたなら、新堂の曲は聞く前に多分「俺の嫌いなモン」というグループに放り込まれて、完全に封印されていたことでしょう。いやはや、私も丸くなったものです(ぇー。

拒絶するのはいつでもできるなぁと思い、とりあえずは一度食ってみる、という姿勢がものによっては取れるようになったのはいつのことだったでしょうか。おかげさまで、まだ決して多趣味とは言えないものの、自分としてはだいぶ間口が広がったような気はしております。この先、生ある中でどれだけの「いいもの」に触れられるかなぁと、先を楽しみに生きていきたいと思います。
2007/01/07(日) 19:27:54 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/1266-3c2402cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック