FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
仮面ライダーカブト・36
 先週書いた記事中の、「ネイティヴとは何か」の予想の簡単なまとめ~。

1.ネイティヴは昔からいる従来種。
2.今のワーム=外来種とは敵対してる。
3.ひよりもネイティヴ。

 ちょwwwここまで全部合ってwwwいいのかこんなんでwww
 よぉし、パパ調子に乗って、更に予想しちゃうぞー。

4.来週またもや新種登場「ネガティヴ」。
5.それがもたらす暗さの中、絶体絶命に陥る天道。
6.そこに現れる空気の読めない新種「ポジティヴ」。

 いや、ねーよ(笑)。

~~~

 シリーズ前半戦で「全てお見通し」的な立場に立っていた天道が、どんどん「普通の人」としての弱さを見せ始めていますな。バトルにおける強さも、手に入れた最強の「ハイパーゼクター」が霞んで見えるほど弱体化していますし、何よりも心が弱いです。こんなに弱いやつだったかねぇ、天道って、と思わせるには十分な感じです。

 このことを「キャラの揺らぎ」として捉えることも可能ですが、個人的には「そういう仕掛けだった」と思っています。と言うのも、天道が弱さを見せ始めた時期が、明確になっているからです。それはひよりが正体を明かした翌週、天道自身が自分の身の上を語った時です。つまり「彼の真の名字は『天道』ではなく『日下部』である」ということが明らかになってからなんですよ。

 『日下部』という名前を字の持つ意味に沿って解釈してみると、「日の下で暮らす種族」という意味になります。つまり、彼は太陽そのものではない、ということになるのですね。「太陽の下で生きながら、総てを司る者」、これが真の日下部総司です。

 超越した存在ではない「一個の人間」であり、その上でなお総てを司ろうとすれば、そこには必ず色々な無理、あがきなどが生じてきます。恐らくは、そのひずみを見せているのがここ数週の天道なのではないでしょうか?

 では、この作品中で「真の太陽」という存在はいるのか、いるとすれば誰なのか?白倉プロデューサの関わった作品の傾向を考えると、それは存在しない、という方向が「本命」と思えます。「対抗」になるのは、ひよりこそが天道唯一の肉親であると最初から見抜いており、Wホッパーのこともただ一人全部知っていた底知れぬオヤジ「加賀美陸」でしょうか?でも、そうだとしたら嫌だなー、こんな「暗闇から語る姿」が似合いすぎる太陽は(笑)。むしろ、「皆既日食」~つまり太陽の恵みを全て隠す存在~の方が合ってますよ、オヤジさん。

 そして、「大穴」はもちろん、真の「天道姓」を持つ唯一の登場人物、我らが樹花タソに決まってるじゃないですか!(爆) いやいや、正味な話、最後の最後に主たる登場人物が全て壊れていく中で、神々しいばかりの存在感を以て皆を救いに現れる樹花、なんていう展開が来たら、この作品を神認定しますよ、あたしゃ。(^^;;;

 姓と言えば、「当初は天道と関わる普通の人」であり「途中から良きライバルとなる資格者」となった「加賀美新」。彼の姓は実は「鏡(ミラー)」とかけてあるんじゃないだろうか、最近そんな気がしております。何を映す鏡なのかと言えば、それは視聴者自身。無力な存在として最初は地面をのたうち、でも太陽に近付こうとあがき続け、とうとうその力を手にする、なんていうのは、少年マンガの王道的なストーリーです。そこに、視聴者の姿が投影されているんではないかなと、そう思ったわけですな。ただ、「新」つーのが、途中から現れる「ニューヒーロー」の意味だったのか、それともこの先に来る別な展開を踏まえてのものなのか、その辺がまだ判断保留です。「赤い靴」たる暴走スイッチの件も気になるしね。

 一個の謎が明らかになるとまた別な謎が!っていうのはあざとくはあるけれど、多分何らかの終着点を意識しながら紡がれている感じはあるので、とりあえず最後までついていこうと思います。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 AIR 1 (DVD初回版)予約しますた (2005/01/15)
 オーズ 第38話「事情と別れと涙のバース」 (2011/06/14)
 みんな大好きBTTF。 (2015/10/21)
 仮面ライダーカブト・15 (2006/05/13)
 電王 31話「愛・ニード・侑」 (2007/09/02)
 氷菓、全22話ですかね? (2012/04/16)
 仮面ライダーカブト・45 (2006/12/24)

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

コメント
この記事へのコメント
樹花さんオチ希望
樹花たんは新種「アクティブ」だと思いますので、そのオチは素敵だと思います。

でも加賀美と天道(日下部)の名前説は素直に面白いです。
2006/10/08(日) 21:13:22 | URL | 翠 #-[ 編集]
しまったその手が
>樹花たんは新種「アクティブ」だと思いますので、

うああああああああああ、気付かなかったああああああああああ(ry

加賀美と天道(日下部)の名前の話、楽しんで頂けて嬉しいです。やりすぎると「邪推」になってしまう類のものなので、結構おっかなびっくり書いてたりするんですが(笑)、こうやって考えていくのは楽しいものです。

残り14回前後、あっという間ですねぇ。これからも楽しく見ていこうと思ってます。
2006/10/08(日) 23:35:18 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
新種「ネガティヴ」
てりぃさんのおっしゃっている新種「ネガティヴ」ですがもう既に番組に出ているような。ほら、地獄の兄弟の兄貴の方が・・・
2006/10/09(月) 00:50:18 | URL | R-30 #-[ 編集]
しまったその手が
手抜きじゃない、手抜きじゃないよー>タイトル

いやね、実際ね、記事上げた直後に「あ。ネガティヴってWホッパーのことでええやん」って思ったんですよ!!時、既に遅し。覆水、盆に返らず。提出したテストはもう戻らない。

また持病の「電池切れ」を起こしてきたんで、これで寝ますわ。泣きながら(ぇー
2006/10/09(月) 01:01:01 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
記事を読み、想像が膨らみました
ヒーローに多様な要素が求められた為か、それに応える様に仮面ライダーもアギト以降、3人のライダーの観点を軸に物語も進められてきました。
響鬼も今期も「3人だけ」と言い切れないのかもしれませんが、敢えてソウ考えてみた。
「3人目はサソード?」
最近の彼は、果てしなく突き抜けている。それに至ったのは、掛け替えのない友人と庶民を知った後で、その俺様っプリはいまだ健在ですが、彼の回りの空気に暖かさが生まれた感じがする。
加賀美だけでなく神代も成長してるんですね。今後は彼にも期待です。

(名前の由来がアマテラスと三種の神器からでは?と思い付き綴ってみました)
2006/10/13(金) 01:43:09 | URL | えころ #-[ 編集]
お、スイッチ入った?
三種の神器を絡ませるという発想は実に面白いですね。神代はどうにも「退場」を前提に描写されているキャラ、という意識が強いせいか、楽しいシーンにも悲哀を持って見てしまうんですが…名前にも一段の意味が込められているのだとすれば、何かの救いが用意されているのでしょうか?

最後にどこまで物語を畳んでもらえるのか、現状では何とも言えないのですが、一週一週を大事に見ていきたいですな。
2006/10/14(土) 04:48:32 | URL | てりぃ #O8jQI81I[ 編集]
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/1130-6d5ba6af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
仮面ライダーカブトでは、天道と加賀美のやりとりと対比を、中心としてあくまで自分流でレビューっていこうと思います。
2006/10/08(日) 12:12:05 | ルーツ オブ ザ まったり!
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダーカブト』、「第36話」の感想ですっ!・・影山、チミは何て切り替えの早い男なんだ(笑)。
2006/10/08(日) 21:58:52 | まぜこぜてみよ~う。by青いパン
ついに地獄兄弟出陣の日!!あの影山さんがどう変わってしまうのか、ワクワクがとまらなかったストーリー自体は普通だったんだけどね(笑以下感想(キャプ付)
2006/10/08(日) 23:25:12 | 韋駄天の気ままなサイト
今週のカブト面白くなってきたのかややこしくなってきたのか{/ase/}加賀美パパの明かす新事実。「カブトとガタックは、持ち主の意思に関係なくすべてのワームを倒すまで戦い続ける暴走スイッチのような物が仕込まれている。」{/ee_1/}いや~、そう来ましたか…てっきりハイ
2006/10/09(月) 17:33:54 | だいすけでした(^^)v
今回は久しぶりのキャラが登場。ということで、新キャラが続々登場したが、完全に人員整理はされていなかったんですね。で、BGMは今後のキーワードとなる「皆既日食」から、PINK FLOYDの「狂気日食」(原題:Eclipse)が収録されている歴史的名盤「狂気」(原題:DARK SIDE OF
2006/10/11(水) 15:35:09 | MEICHIKUえんため・ぶろぐ
◆TBさせて頂きます◆暴走と言えば世代的にコレっきゃないですね、はい。 ドンピシャ世代ですからねぇ。新劇場版もなんだかんだ言って観ちゃうんだろうなぁ。 前よりは難しくないって総監督も言ってるし。 今週は加賀美パパが何か真相を話してくれるのかしら、と期待してま
2006/10/11(水) 21:39:14 | 『真・南海大決戦』
『君は、”赤い靴”の物語を知っているかね?』赤い靴、吐いてた~女の子~♪
2006/10/11(水) 23:38:06 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
今日の見所は何といっても戦闘シーンだ!!あまりに美しすぎて胸が詰まる・・・あと、「手」をめぐるそれぞれの人物描写。脚本:米村正二監督:石田秀範
2006/10/12(木) 10:47:49 | 劇作etude
第36話影山さんは…パンチホッパーに変身する…。ホッパーブラザーズが誕生…!?天道家…蓮華がサルで働く事になるが…頑張ってくださいと樹花から激励。米をとぐが爪が割れたとか…。立川を助けた加賀美は坊
2006/10/12(木) 11:49:31 | デバイス!マキシマム ブログ
 今,日本代表 対 Indiaを見ながら書いています。勝ってはいるものの,何とも・・・。この試合の感想は明日以降にしたいと思います。
2006/10/12(木) 22:07:49 | よろずな独り言