FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
仮面ライダーカブト・25
 怪しげな鉄仮面キター!

 リーマン天道キター!

 あまりにあまりな銀行強盗キター!

 ムリのありすぎる加賀美の変装キター!

 久々のドレイクキター!

 てゆーか樹花タソが!樹花タソがぁぁぁぁぁぁっ!!!
 あっという間の23分でしたが。要素が多すぎて、どこにフォーカスすればいいものやら。でも、多い割に、上記のような程度でも十分なところが多いかなー。

~~~

 24話辺りからですかね、本筋に入ったかのようにマスクドライダー計画の暗部に迫る展開が中心になりました。それに伴い、ストーリーが複雑化して同時並行的にいくつものモチーフが語られるようになって。でも、その一個一個が、何だか妙に薄くなってきているような気がします。何だか見終わった後、私にとっては物足りなさが残るんですな。

 例えば、前回はひよりが思いあまって渋谷廃墟に真実を求めに行く、それを天道と加賀美が助ける、という展開だったわけですが、今回は冒頭でその続きがちょこっと描かれた後、天道は「警察上層部を通じてゼクトの暗部に迫る」という方向に行ってしまいますし、加賀美は加賀美で岬さんと一緒にゼクト本部へ侵入する計画を企てたりしています。肝心のひよりは置いてけぼり。途中で天道に「ボクは全然前に進めていない」とこぼしておりますが、前回までそれをフォローしていたはずの二人はあまりそこに関わってなくて…ナンだか妙に収まりが悪いのです。

 ひよりが思い悩んで無茶な行動に出る、というストーリーは、現状では単に「二人のライダーがゼクトの暗部に繋がる何かを見つける」ための導入として使用されたようにしか見えないんですよ。隕石の欠片を両親らしき二人が持っていた件はどうなった?この辺の伏線は、そして行き場を失ったひよりの気持ちは、どこかでちゃんと決着するのだろうか?そんな不安がちょっと拡大中です。

 単発のストーリーでは、カブトでも大変良質なものがいくつもあったと思います。その辺が、ここ数週鳴りを潜めている感じに思えるのがちょっと残念かな。ストーリーの加速(クロックアップ)も使い方によって非常に燃えるのは間違いないですが、早ければいいというモンでもないと思いますのでね。謎の解明は解明で大事ですが、やはりここぞ!という時のいいシーン作りを期待して参りたいものです。

 さ、次、次。つーか、樹花タソを早く救ってくれぃ。
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。
■関連記事~
 暴動。 (2009/07/14)
 AIR 第六話 ほし -star- (2005/02/12)
 仮面ライダー響鬼 二十八之巻 「絶えぬ悪意」 (2005/08/22)
 ドルアーガの塔 SOU 第八話「二人はかつて」 (2009/02/28)
 氷菓 第十五話「十文字事件」 (2012/08/04)
 テレビ買うた。 (2015/07/17)
 キルラキル 第6話「気分次第で責めないで」 (2013/11/10)

テーマ:特撮 - ジャンル:サブカル

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
※コメントについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
※トラックバックについてのポリシーはこちらです。初めての方はご一読下さい。
https://terry.blog.fc2.com/tb.php/1091-d7334f2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック