FC2ブログ
Old Dancer's BLOG
ここはてりぃが、趣味の共通する方々との得がたいつながりのために、自分の趣味に関係する諸々のことを、壊れながら書きつづるブログです。
   来訪者数: since 2004/12/2...  現在人が見てます
りすくまねじめんと
 今日のお仕事で昨日よりも更に一層ひどい目に遭って「這う這うの体(ほうほうのてい)」で帰ってきた管理人のてりぃです。ま、それはさておき。

 リスクマネジメント、という考え方つーか方法論つーかがありまして。日本は個人レベルからあらゆる集団に至るまで、なべてこれが苦手と言われています。

 森羅万象において、想定通りに物事が進まないという事態は普通に目にするわけですが、できればそのことによる被害を抑えたいわけです。なので、まずは「起こりうる問題を評価」し、それに対して「被害を少なくする何らかの対応」を行う。これが概ね、リスクマネジメントの基本的な考え方になるようです。

 じゃあ、日本の人々は何故リスクマネジメントが不得手なのだろう、と考えてみると、これは恐らく「起こりうる問題の評価」がダメダメだからなのですね。不都合な現実を見ない。起こるかもしれない問題を直視しない。そういう危険があるという進言に対してすら「やる前から弱気なことを言ってどうする」などと逆ギレする。重要な意思決定を行う立場の者が「仮定の問題には答えられない」などと言って取り合わない。エトセトラ、エトセトラ…。まあ、こんな態度では、「被害を少なくする何らかの対応」へ話を進めることが全くできないのは当然のことでしょう。
[りすくまねじめんと]の続きを読む
楽しんで頂けましたらWEB拍手をお願いします。